ワンレングスアイアン、JCM-01BOLの最終プロトの完成です。

 

image
 
グリップの重量公差を逆に利用して、シャフトの重量公差分を解消し、全番手完全に同重量にしたので、おそらく世界一精度の高いワンレングスアイアンとなっていることでしょう。

グリップが乾くのを待って重量と振動数などを計測して最終的なスペックが確定しますが、現時点でもクラブMOIに±0.5kg-cm2程度の誤差しか無いので振り心地は全盛期の中嶋常幸プロでも違いがわからないと思われます。

明後日にはこのセットは千葉へと旅立ちます。



ブライソン・デシャンポーの活躍により注目されるワンレングスアイアンですが、デシャンポーのスペックそのままではクラブMOIが2800kg-cm2もあるため、振り心地としては全番手がドライバーの振り心地という、体力のある欧米人向けのセッティングとなっており日本人には重すぎます。

BoseIronFactoryではデシャンポーが活躍する前から密かに開発を続けていたため、こちらのモデルは、ヘッド重量は270gで長さは37インチ。シャフトはNS-PRO1050とし、クラブMOIは2600kg-cm2といたしました。
日本人に優しいワンレングスアイアンの完成です。

なお、こちらのアイアンは8本セットの通常ロフトのプロトタイプでマッスルバックのモデルです。
より一層シンプルなゴルフができるキャビティモデルはまた明日以降に詳細な情報をアップします。




クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在5月12日以降の作業ご予約日程が空いております。