真紀ちゃん・・・♪( ´▽`)

イタリアシシリー島生まれのファルコンには、そんな淡いおMOIでなんてあるはずもなく、あるのはただただ抗争にまみれた銃撃戦の日々・・・(嘘)。

と、いうことで砂撒きです。
弟子屈カントリーではこうした砂撒き用の専用車を使ってグリーンに砂を入れます。

もちろんそのままではなく、その昔銭湯にあったようなヤシ(?だとおMOIます)で出来たマットでこすり入れます。

現状弟子屈カントリーでは刈高は3.8mmなのですが、8月までに3.2mm程度まで刈高を低くして、弟子屈カントリーならではの速いグリーンにしていく予定です(^^
 



そんな弟子屈カントリーでテストを繰り返して作られているパターがこちら。
2016-02-14-16-44-19
IMG5リスペクトの、BIFパター。

2016-02-14-16-48-27


ここから下はメッキ前の状態です(^^
2016-02-14-16-46-04
image

image


軟鉄鍛造ネック一体成型の柔らかな打感。

IMG5の美しさはそのままに、
現代の速いグリーンにも対応する、350gオーバーのヘッド重量。

オーナーおひとりおひとりのフィッティングを行ってから手作業で研磨していきますので、様々な顔にすることが可能ですし、もちろんロフト・ライなどは適正値にしていきます。

メッキも銅下を含む殆どの種類のメッキに対応していますので、世界で1本だけのオリジナルパターが完成します。


完全オーダーメイドですので発注から2~3ヶ月のお時間を頂きますが、実際にグリーンの上でのフィッティングも可能です。

価格は仕様によって変わってきますので、ご興味のある方はseabose@me.comまでお問い合わせください。