それほどの金額ではありませんが、今日、他の工房さんではあまり見かけないであろう設備が到着(^^)v

それは何かと申しますと・・・


ドリルシャープナ( ´ ▽ ` )ノ


関西にいる金属加工の師匠(勝手に呼ばせていただいています)からは「ドリルの研磨は金属加工の基本。修行だと思ってしっかりとやりなさい」と言われていたので、今まで切れ味が落ちると自分で研磨していました。

ドリルの先端の研磨のような作業をしたおかげで、パターやウェッジなどの研磨もかなりいい感じに出来るようになってきたので(まだまだ修行ですが)、少し楽をさせていただ・・・、ちゃう、専用のシャープナがどのくらいの実力か見てみようとおMOI、購入しました(^^;;←ホントは楽したいだけ?

2016-07-27-17-56-39

まぁ、そうは言っても先日研磨したドリルがまだバッチリ切れ味が良いので、切れ味が落ちるまでは使いませんけどね(^^;;



BoseIronFactoryではタングステンが圧入されたアイアンなどもドリルで落とすこともあります。
そのため通常の鉄工用ドリルよりも硬くて強い刃のドリル(しかも高価(^^;;)を使っていますので、上手く研げると良いのですが・・・(^^;; ←安いドリルシャープナだから難しいかなぁ・・・