数値に現れない感覚は確かにあります。


その”感覚”は鈍ることがありますし、体調などによっても変わってきます。

また、数字でウソを付くことは出来ますが、数字自体はウソをつきません。

 
クラブMOIマッチングをしていると、そのMOI値に注目が集まりがちですが、MOI値を合わせるだけでは無いことは少し前に書きました。

クラブMOI値が絶対ということでは無く、クラブMOI値を理論の中心として据え、身体や腕のMOI(第一次慣性モーメント=一次MOI)なども考慮して調整することが大切です。

また、クラブの構造や設計によって異なる重心位置や重心距離、シャフトの違いなども数値には現れにくいけれど大切な要素です。

全てのクラブMOIを統一したとしても、第一次慣性モーメント(一次MOI) や重心、シャフトの違いなどを考慮した総合的なMOIの調整がMOIマッチングであるといえます。



クラブMOIの違いによって球筋が変わってくることは何度も書きました。
イラストB
イラストA
 
この点においては理論としては非の打ち所は無い部分まで来ていると考えています。
ですが、クラブMOIだけではない、MOIマッチング全体を考えると、このことはまだゴルフの全体を理論付けるには至りません。

このクラブMOIの理論を中心とし、第一次慣性モーメントや重心・シャフトの違いなどによる感覚の違いや実際の球筋の違いを数値を含めた理論として確立していくことがJCMOとして、ファルコンとしてのライフワークとして行っていきたいとおMOIます。


もちろん、どうしても数値には表しにくい部分もあります(^^;;

それは、美しさや所有感、打感と言った、ほぼ感情が支配する部分。


その点に関しても、
JCM-01Blade
こうしたクラブや、
2016-02-14-16-44-19
こうしたパター。

2015-4WebShop
銅下メッキで驚くほど柔らかい打感と脅威の飛距離を実現した零式Ver.2015

などを開発・設計・製作しているBoseIronFactoryですから、これからも大切にしていきたいとおMOIます。





クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。