クラブMOIの計測では、1mの部分に1gの重量増があった場合に10kg-cm2のMOIが増えます。


実際に私が持っているクラブでご説明しますね。

さて、ここにクラブMOIが2758.8kg-m2のクラブがあります。

そのクラブの1mの部分に、1gのオモリを付けるとクラブMOIは2758.8kg-cm2と10kg-cm2高くなります。

同様に1mの部分に10gのオモリを付けると100kg-cm2上昇して2858.8kg-cm2に、20gのオモリを付けた場合には2958.8kg-cm2と200kg-cm2高くなります。


ですので、クラブMOIスケールの精度を知る簡便な方法として1円玉=1gを1mの部分に貼ればその精度を見分けることが出来ます。


image

BoseIronFactoryでは毎日キチンとキャリブレーションを行い、風やホコリ、気温などによる外的要因を出来る限り排除し、一定の環境下に置くことで、計測時に出る分解能ギリギリまで追い込んだ状態での計測を行います。

このクラブMOIスケールは板バネを採用しており、温度によってバネの強さが微妙に変わりますし、風(エアコンの風のような気流のようなものも含みます)によっても変わってくるからです。



2016-08-13-07-57-44
1円玉を付ける前。

2016-08-13-07-57-04
1円玉をつけた後。なるべく古い1円玉を探したら固定用のテープを付けても0.99gでした(^^;;


MOI計測の精度に関しては1円玉の簡易な精度確認だけでなく、実際に計測器をソニー系列の研究センターに持ち込み分解することで、基盤の精度確認や設計意図まで確認するという作業も行っています。

BoseIronFactoryではその上でメーカー基準を上回るキャリブレーションを計測ごとに行っていますので、ご安心して頂ければとおMOIます(^^)v



 
クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。