BoseIronFactoryでは2液アクリル系の強力な接着剤を使ってヘッドとシャフトの接着を行っています。
アクリル系はエポキシ系の接着剤と違ってそれほど熱を加えなくても硬化しますが、それでも70~80度くらいまでの熱を加える事で接着強度が格段に強くなります(^^

ですので、BoseIronFactoryでは夏でもファンヒーターの前に熱硬化用の治具を置いて、温度管理をしながら接着しています。

MOIマッチングではシャフトを抜くことが多いので、そうした接着待ちの間にこうしてブログなどを更新したり、メールのお返事を書いたりしています(^^

そんなこんなで、今日のMOIマッチングの合間、接着待ちの時間を使って、女性用練習アイアンの試作です(^^



BoseIronFactoryの練習用アイアンと言えばロングセラーのDoMアイアンがありますが、DoMアイアンのクラブMOIは2750kg-cm2と女性向けではありません。

DoM

またシャフト自体も柔らかいグニャグニャシャフトを使っているため、余計に振り心地=クラブMOIが重く=ヘッドが効いた状態に感じることから、2500kg-cm2~2550kg-cm2程度のモノが必要だと感じていました(^^;;

ヘッド自体もDoMアイアンがロフト15度でヘッド自体も極小のマッスルバックですから、いくら練習用とはいえゴルフを始めたばかりの女性には当てるだけでも大変な苦労です。

そうしたことを鑑み、BoseIronFactoryのヘッド製作のノウハウを活かした形で大きめでキャビティのヘッド、しかもヘッド重量はMOIを下げるために出来る限り軽いヘッドを使っての試作を行っています。


ヘッドの原型モデルは軽いキャビティであるL.D.I.Project-X。
ただし、8度では女性にとって全く球が上がらないので、21.5度まで寝かせています。

2016-08-21-12-18-02
2016-08-21-12-18-44
こちらは通常の8度のL.D.I.ヘッドです。


試作とは言っても13.5度ものロフトを寝かせるのは普通では無理ですから、Factoryならではの少し特殊な方法を使っていますけれども・・・(^^;; 



このプロトタイプは先日整地をしてくれたお隣の酪農家さんの若奥さんに使ってもらおうかと。
先週の木曜日にお会いした時に、「ファルコンさぁ~ん!!私ゴルフ始めたんですよぉ~!!でもなかなかうまく当たらなくてぇ~(>_<)」と言っていたので(^^;;


このくらいでは先日の整地のお礼ということにはなりませんけれどもね(^^