ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

カテゴリ: 北の国から

日本国中がコロナウイルスで嫌な話題が満載ではありますが、明日3月15日から3月20日までの期間、関東出張を致します。

中止となったゴルフフェアに合わせて組んでいた予定ですが、中止となってもゴルフフェア以外でやるべき事がたくさんありますので、日程は短くしたものの、出張自体は行うことといたしました。

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、20日まで作業は出来ませんので、ご了承くださいますようお願い致します。

IMG_5057

かわえぇのぉ♪( ´▽`)

ってBoseIronFactoryの取締役営業部長と取締役広報部長のヤマトとタケルに叱られそうですが(*´ω`*)

このにゃんこは横須賀の自宅でYoMe3が飼っているマカリーくんです。
年末年始にYoMe3が来た時に連れてきた時のものです。

にゃんでいきなりマカリーくんが登場したかと言いますと、ゴルフフェアは中止になったけれどもその他にも仕事があるので、上京は予定通り。
その際にマカリーくんに会えるなぁと╰(*´︶`*)╯♡

ヤマトさんとタケルさんは弟子屈でお留守番ですが、取締役だけにちゃんと役務をこなしてくれる事と思います^ ^

という事で、上京した際に私を見つけても石を投げたり、罵声を浴びせることの無いようにお願いします(^^;;

いつもでしたら屈斜路湖も全面結氷して、水深の深い摩周湖もほとんど凍りついている時期ですが、今年はマイナス20度になる日も少なく、雪も例年の1/2程度です。

弟子屈に引っ越してきてからを考えても一番雪も寒さも少ないですね(^^;;

これも温暖化の影響なのかもしれませんが、温暖化だけでなく他の影響もあるのかもしれません。


新型コロナウイルスも一向に落ち着く気配がありませんが、ゴルフフェアは現段階では行うとのことです。
ウイルスを危惧してかなり入場者は減るのではないかと思われますから、一部の出展社などはかなり心配しているでしょう。

私は3月19日の初日にちょこっと顔を出す予定でおりますが、私を見つけたからといって石を投げたり、罵声を浴びせたりするのは止めてくださいね(^^;;


(もしゴルフフェアが中止になっても飛行機のチケットはもう取っているので上京はします。町やゴルフ場で見かけても決して石を投げないように!!(笑))
続きを読む

転売ヤー

早速転売ヤーが現れました。
しかも発売日より前から出品していて、価格も定価の倍という形です。

今回は発売日以前に1本も販売しておりませんので、この出品はゴルフ関係者に無償にて配ったものの横流し品であることは間違いありません。

実際にこの転売ヤーが出品した日時を考えると、ある会合で配られたものであることが分かります。

その会合にはゴルフ業界の関係者、しかも誰でも知っている超有名プロも出席した会合なので横流しした人も当然ゴルフ業界の中でもかなり名の知れた人という事になります。

まぁ、ご本人はメルカリでなら匿名配送ですし足も付かないと思って小遣い稼ぎのためにやっているんでしょうが、タダで貰ったものを横流しして小遣い稼ぎするなんて、あえてクズだと言い切りましょう。


このボールピッカーには、私の知っているだけでも数十人のゴルフに対する純粋な思いが入っています。
そのボールピッカーをこうして横流しすることは、そうしたたくさんの思いを踏みにじる行為であると考えます。

調べればすぐに犯人は分かりますが、ルールとマナーを重んじるスポーツであるゴルフですので、あえて本人が出品を取り下げればこの件に関してのこれ以上の詮索は止めておきます。

もしそのまま売り続けることがあれば・・・ね(笑)

皆様、大変お待たせいたしました!!

金型版ボールピッカー、いよいよ2月14日より販売開始です。



JCMO扱い製品のみ、特製コードリールが付いて3Dプリント版よりもお安い1,000円(税抜)での発売です。
色に関しては、まずは白と黒の2色展開となります。
今後販売を続けていくので、写真の透明赤やその他の色に関しても順次作ってまいります。

IMG_5224





IMG_2636
 
販売に関してはJCMO認定店でもお取り扱い可能ですので、実物を手にとって見たい方にはJCMO認定店にお問い合わせください。

また、お近くにJCMO認定店が無いお客様におかれましてはゴルフ用品卸のライトさんにOEM供給を致しますので、近々にもライトさんの取扱店に並びます。
但し、ライトさんの製品にはっコードリールは付きませんので、その旨ご了承ください。
(ライトさん扱いの製品に関しましては商品名もボールピッカーでは無いと思われますので、分かりましたらまたお知らせ致します)


いろいろと準備はしましたが、今の所大したことは無く停電も何もないままに過ごしております。

雪は重く湿った雪で、気温も現時点で2オーバー。

雪からみぞれや雨に変わったりしていましたが、なんとまぁ現時点では止んでいます。


台風前のお子ちゃまのように正直楽しみにしていたにもかかわらず・・・という感じです。


(これから荒れるかもしれませんけどね)

今季は例年に比べると寒くもなく、雪も少なかったのですが、今夜半から明後日までの雪(吹雪)予報です。

灯油は数日前に満タンになっていますし、人間用もにゃんず用の食料も十二分にある。

停電になったとしても大型バッテリー2個に充電してあって1500wのインバーターもあるので、ファンヒーターも使える。

バッテリーが無くなったとしても電池式の灯油ストーブはあるし、ガスもまだたっぷり。


除雪機の整備はバッチリで、除雪機用のガソリンも十分。


とりあえず数年に一度の大雪になるようですが、多分生きているとは思います。

停電になって電気が来ないと仕事にはなりませんし、仕事ができたとしても発送業務には支障をきたすかもしれませんが、あの製品だけは既に雪の影響のない所には届いて居ますので、少しばかり安心しております。


おそらくこんな感じになると思われます。

MOIマッチングの作業などには若干の遅れも出るかとは思いますが、まずは安全第一で過ごしたいと思います(ここに来た人なら分かるけれどまじで洒落にならない)ので、何卒宜しくお願い致します。

IMG_2633

先程税関から連絡があり、量産版のボールピッカーが税関に到着したとのことです。


パッケージデザインもほぼ完了し後は入稿するだけ、BoseIronFactoryとして初めてとなるJANコードの取得も完了しています。

デザインデータ_22860125-2
こちらはJCMO発売分のパッケージデザインとなります。


2月はじめの発売を目指して現在最後の追い込み作業をしている所です。

JCMO扱い分に関しての販売はJCMOオフィシャルショップ、BoseIronFactoryWebShop、そしてジオテックゴルフさんからの発売を予定しております。

JCMO扱いのボールピッカーの価格に関しましては、税別1,000円となり、コードリールも付属しております。
製造ロットの関係もあり、当面のカラー展開は白と黒の2種類となります。



なお、OEM版のボールピッカーに関しましてはゴルフ用品総合卸のライトさんから、全国のショップを通じて販売されますが、ライトさんからはまだ価格や商品名、発売時期などの詳細を頂いておりませんので、分かり次第お知らせいたします。
ちなみにライトさんのOEMの分に関してはコードリールは付属いたしませんので、その旨ご了承ください。


2019年も残すところあと1週間となりました。

BoseIronFactoryの年末年始休業に関しましてお知らせいたします。

年末は31日午前中まで通常営業、年始は1月2日から通常通りの営業となります。
お陰様で沢山のご依頼を頂いておりますので、年末年始だからといってそうそう休んでいられませんし、仕事していないと不安になる困った性格ですので・・・(笑)

但し、シャフト・グリップ等の卸しさんの営業や、ヘッドの製造を委託している製造会社さんなどは通常通りの年末年始休暇となると思いますので、若干作業の順番が前後する場合もございますので、ご了承ください。


なお、BoseIronFactoryWebShopやJCMO WebShopなどは年中無休で営業しておりますが、シャフトやグリップの仕入れが必要な場合は通常より遅れますので、ご容赦くださいませ。








IMG_2466


BoseIronFactoryの歴史は2007年、横浜のマンションの一室で始まりました。その後、横浜から横須賀に移転し、今は北海道の東の中心とも言える弟子屈町(てしかが)の広大な牧草地の中に約2,000坪の土地を購入し、工房を構えています。

​横浜や横須賀は都内からのアクセスも割と良く便利で、お客様のご来店もしやすい環境でした。

横浜や横須賀に比べると弟子屈はお店も多くはありませんし、交通の便も不便と言えます。夏は25度以上になる日も少なくエアコンも必要ないくらいですが、冬はマイナス20度以下になることもあり、とても厳しい環境です。

​「何故わざわざそんな弟子屈にBoseIronFactoryを移転したのか?」疑問に思う方も多くいらっしゃると思います。

​それは弟子屈のある道東が日本で最もスコットランドに近い環境だからです。

IMG_0499
6d56e93e



多くの日本人プレイヤーがTHE OPENに挑んできましたが、スコットランドリンクスの風や芝に日本人プレイヤーが阻まれている状況で、優勝がまだ無いどころか上位入賞も少なく、いまでも日本のトッププレイヤーが予選落ちを余儀なくされています。

​私自身、ゴルファーとしてはアマチュアの中でも一番底辺にいるプレイヤーですから、スイング論やプレイに関しては何も言えませんし言いません。しかし、ゴルフクラブに関してはプロフェッショナルでいたいと思っています。

​ほぼ毎年のように「THE OPENのための秘密兵器」と称してTHE OPENのためだけのクラブが作られるといった状況を見て、そんなに甘いものではないと感じていました。

​THE OPENで日本人が通用するには、THE OPENと同様な、もしくはTHE OPENよりも過酷な自然環境の中でゴルフクラブを見つめ、ゴルフクラブと接し、ゴルフクラブを設計し、ゴルフクラブのテストを重ねることこそが、私に出来る唯一のことと考えています。

​冬を除く弟子屈の環境は、単に過ごしやすい気候であるだけでなく、朝と夜の霧、日中の風、そしてホールバイホールで晴れていたり雨が降ったりと一日の中に四季があるスコットランドリンクスと非常に良く似ている環境です。
そしてその環境の中で育つ芝も、単に同種の洋芝であるというだけでなく、スコットランドリンクスに限りなく近い芝質に育ちます。


また、弟子屈は道東の中心とも言えるところにあることから、弟子屈カントリークラブだけでなく、海沿いでいつも強い風が吹いている本物のリンクス、根室ゴルフクラブや釧路カントリーなどへのアクセスも良好です。

THE OPENのための「秘密兵器」と言いつつ、鳥かごの中で試打マシーンが打って開発されたクラブよりも、ここ北海道の道東にある様々なゴルフ場の様々なライで、強風や雨といった様々な環境のもとでテストを繰り返して開発されたクラブこそが、THE OPENなどの過酷な環境で使えるクラブとなるのではないでしょうか?

HAYABUSAを始めとするBoseIronFactoryのクラブは、そうした環境の中でテストを繰り返すことでブラッシュアップされ、作られているのです。


IMG_3481
IMG_3480


​もうひとつ、BoseIronFactoryの目標として、ここ弟子屈にクラブMOIマッチングの聖地を作る。ということがあります。

​クラブMOIマッチング自体は得意クラブに振り心地を合わせていくことで球筋までも得意クラブと同じにしてしまうという最新のチューニング方法ですが、基準となる得意クラブを詳細に計測し得意クラブのクラブMOIに他の番手を整えていくことで、スイングを見なくとも問題なくMOIマッチングが可能です。

アメリカにいるゴルファーのクラブを弟子屈でチューニングすることも可能ですから、クラブを送る環境さえ整っていればMOIマッチングは可能になります。

実はそうした点で弟子屈にいることはメリットにもデメリットにもなりません。

ですが、都内に2,000坪の土地を用意して工房を行うことは事実上不可能ですし、クラブMOIマッチングを広めていくためには私一人のチカラでは不可能ですから、クラブMOIマッチングを一緒に広めていってくれる仲間のクラフトマンが必要になります。

そうしたクラフトマンにクラブMOIマッチングのノウハウや知識を提供するためのセミナーハウスとしても使える工房を作るためには、やはり最低でも2,000坪位は必要であると考えています。

​実際に敷地の中にバンカーやグリーン、洋芝の上から打てる試打スペース、そしてゲストハウスやセミナールームと考えると2,000坪でも狭いのです。

幸いなことに弟子屈にはフラットで広大な土地がたくさんありますから、9ホール位ならすぐに出来る土地がいくつもあり、実際に売りに出ています。将来的にはTitleistのテストフィールド並の広さを誇る土地も確保して日本の全てのゴルファーがここ弟子屈をクラブMOIの聖地として来てくれることが私の最終目標です。

まだまだ先は長いですが、これらは夢では無く目標です。

​夢は叶えるものですが、目標は自らの努力で達成するもの。

自分の努力次第で達成できるかどうかは変わってきますから、たとえ少しづつでもしっかりと進めていきたいと考えています。

↑このページのトップヘ