ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

カテゴリ: 北の国から

仕事をしていて、なんか寒いなぁと思ったら、工房のストーブが止まっていました(>_<)

電源抜いてから刺しても症状は変わらず・・・。

ヤヴァイ、壊れたか?

と思ってバラせるところはバラし、エアコンプレッサーと固く絞った雑巾を使ってホコリや汚れや基盤の接点をクリーニングしてやったらきちんと動くように・・・。

1時間以上かけて綺麗にしてようやく動くようになりましたが、いやぁ焦りました(^^;;


弟子屈はこの時期マイナス20度にもなりますから、吹雪いていて身動きの取れないときに本当に壊れて動かなくなったら仕事が出来ないだけではなく、凍死する可能性もゼロではありません。

更には吹雪いている時には、停電で電気が来ない時もあり得ますから、いろいろな対策を講じています。

1.電源の確保→キャンピングカーを自分で作ったこともあるくらいですから、キャンピングカーや船舶で使う大きなバッテリー2つとバッテリーの12vを100vに変換する機材を常備。
最大1500wまで使えますから、電子レンジやエスプレッソメーカーも使えます。


2.暖かさの確保→ストーブが壊れたり、停電のときには通常使っているストーブは動きません。その為に2台の電源いらずの石油ストーブと1台の移動できるファンヒーターがあります。


3.工房機材の予備→機材に関しては電源の確保は必要ですが、主だった機材は必ず予備機を用意しています。
クラブMOIスケールはもちろんのこと、シャフト抜き機もロフトライ調整機も、ボール盤もバランス計もグラインダーもです。
予備がないのはヘッドスペック測定器くらいですが、ヘッドスペック測定器はデジタルの部分が無いので、そう簡単には壊れませんから(^^;;
パソコンも以前壊れたときに、復旧させたものを含めると3台ありますので、まずは大丈夫かと。

何か壊れても仕事に大きな支障が出ないようにするのはこうしたところでやっていると必須なのです。


2018-01-12_17-30-40_024
2台体制のクラブMOIスケール。


4.肝心のデータは?→MOIマッチングはかなりの量のデータを扱いますので、ハードディスクに保管しているだけではディスクがクラッシュした時に泣くに泣けません。
ですので、データは全てクラウドに保管しています。
クラウドもアップルのiCloudとマイクロソフトのOneDrive、そして写真や画像データなどはAmazonDriveを使うことでひとつのクラウドが不具合を起こしたとしても他のクラウドからデータを復旧させられるようにしています。


5.グリップやシャフトの仕入れなどは?→グリップやシャフトの仕入れに関しても4つの仕入先があります。4つの仕入先はその配送をヤマト運輸、佐川急便、ゆうパックとそれぞれが使い分けていますので、仕入れ価格だけでなく、時期によって変えることもあります。
ex.年末の時期には年賀状の配達もあってゆうパックは遅れがちなので、急ぎのものはヤマトを使っている卸さんにシフトしたりとか・・・。


6.仕上がってからの配送は?→基本ヤマトの宅急便ですが、九州や沖縄などはゆうパックを使うことも多いです。海外の場合もたまにあるのですが海外の場合はEMSを使います。EMSは早いし大きさではなく重量で送れるので宅配便で沖縄にクラブを送ったりするより東南アジアの場合は安かったりしますので。



そんなこんなで様々な予備を持ってなるべく皆様に早く良いものをお届けできるように頑張っておりますが、一つだけ予備が用意できないものが・・・。


そうです私、ファルコン自身の予備が無いんです(>_<)

こればかりはノウハウや知識、技術や考え方などがあるので、どうしようもありません・・・。

なのでぶっ倒れないようにしながら頑張ってますが、頂いた仕事は基本お断りしていませんし、クオリティを落とさず常に最善の形でお届けできるように頑張っておりますので、お時間がかかったとしてもどうかお許しくださいませm(_ _)m



すみません、ゴルフと関係の無い話で・・・m(_ _)m

ここ弟子屈に引っ越してきて良かったなぁ(^^と思う理由のひとつとして、水が圧倒的に旨い!!というのがあります。

ここ弟子屈は阿寒摩周国立公園(阿寒湖~摩周湖~屈斜路湖~神の子池)があるところ。

摩周湖といえば霧の摩周湖で有名ですが、摩周湖はその湖水の透明度の高さでも有名です(^^

日本有数の透明度を誇る摩周湖。


摩周湖


なぜ透明度が高いかというと、プランクトンもミネラル分も少ないためなんですね。

プランクトンが少ないので摩周湖に生息する魚も多くはなく、かつ、それほど大きくは育ちません。

魚が少なく、かつ、大きくも無いということで、食べるプランクトンも少ないだけでなく魚が排出する糞も少ないということで汚れることも少ないという訳です(^^

ミネラル分が少ない理由は流れ入る川が無いということが大きいです。

川の水は川底の砂や土、岩などを常に洗いながら流れているので、それらのミネラル分が水に溶け出すということでもあります。
(その証拠に長い川だと下流域になるに従い水が濁ってきますよね(^^))


川の水が入ってこないのでミネラル分が少なく、ミネラル分が少ないのでプランクトンも少ないということに。



そうした透明度の高い水が更に砂礫などによって濾過され湧き出してくる水。

珈琲や日本茶、ご飯を炊くのには最良の軟水、日本有数の軟水になって湧き出てくる水。


湧き水を汲むところもありますし、そうした湧き水を水源として水道も供給されているので、良い豆を使って珈琲を淹れれば旨い珈琲が出来るという・・・。



そうなんです(^^;;


弟子屈というと温泉や湖、大自然!!といった観光地というに着目されがちですが、実は旨い水もたっぷりとあるんです(^^


MOIマッチングの聖地を探したら水も旨いという、副産物的なよっしゃよっしゃ~がある弟子屈なのでした(^^)v


ちなみにBoseIronFactoryにおこしのお客様で珈琲好きな方がいらっしゃいましたら、厳選した世界のスペシャルティ・コーヒーを摩周湖の伏流水で淹れた珈琲をごちそうしますので、おっしゃってくださいね(^^)v


MOIマッチングがたくさんの方に浸透して、BoseIronFactoryの仕事を弟子に任せられるようになったら私は第一線から引退して美味い珈琲を出してゴルフや音楽、バイク談義をするようなカフェをやりたいですね~(^^

実は年末に風邪をひいて寝込んでしまったということもあるのですが(ブログは気合と根性と愛と勇気で更新しました)、昨日までお休みを頂いておりました。

弟子屈に引っ越してきてから(と言うかサラリーマン時代から)、盆暮れ正月はほとんど休まずに仕事をしていたのですが(だって紅白とか仕事で行っていた時もあるし)、今年は休むときはきっちり休んで仕事にメリハリをつけようと目標を立てたので、お待たせしている皆様には申し訳ないのですが、しっかりと休んで英気を養うことといたしました。

そんなこんなで本日(4日)より仕事を再開。

8本のリシャフトMOIマッチング作業を終え、その後は年末からのメールでのお問い合わせなどに返信をさせていただいてこの時間です(^^;;

2017-12-28_15-47-06_844

いやぁ、休みって良いですね(笑)

たまにはしっかりと休まないといけないのだなぁと、感じたファルコンなのでした(^^

あけましておめでとうございますm(_ _)m

2018年もあと364日と23時間を残すのみになりました(笑)

本年もBoseIronFactoryとファルコンまつばら、そして何よりMOIマッチングをよろしくお願いいたします!!

image
営業部長は寝正月ですが、許してやってください。


新年は本日元旦から営業を始めますが、通常営業と言うよりは初詣などの合間を見ての適当営業になりますので、もしお越しの際は事前にご連絡いただけますよう・・・お願い致します。


ちなみに今年の目標・・・は、

1.外の試打スペースにバンカーとグリーンを作る!!

2.MOIマッチング(新規組み上げを含む)は2,200本!!←1割増しで許してください。

3.ゴルフ雑誌での連載再開。←出来ることならMOIマッチングの連載で。

4.しっかりと休みを取ってファルコン号で10日くらいのキャンプツーリングをする。

5.シカを轢かない。

6.エゾシカ革製品の業務拡大。

7.ヒッコリーシャフトの新規製作

といったところでしょうか。


中にはすでに難しいもの(4とか)もありますが、目標は高めに設定しておかないといけないので、頑張って全部達成できるようにしたいとおMOIます(^^

移転して1週間。

まだまだ細かい部分の使い勝手に慣れていません(^^;;
image


営業部長のやまとと営業副部長のたけるはもう完全に慣れきってしまい、2m近いところに造り付けた棚をキャットウォークとして使っております(^^;;


快適すぎるのと、自宅が寒いということ、そしてオープン記念の食事会を工房で行ったので、簡単な調理設備まで工房に持ってきてしまいましたから、自宅に戻るのは寝るときだけになっています。
といいますか、工房内にコット(簡易ベッド)と寝袋まであるため、2~3日に1回自宅に戻る以外はほとんどの時間を工房内で過ごしているという状態です。

仕事はそれなりに捗るのですが、やはり自宅のベッドで寝ないと睡眠が浅いので、体調が・・・。



短くともしっかりとした睡眠が取れるよう、きちんと自宅に戻るようにしないといけません・・・(笑)

弟子屈に限らずなのですが、北海道ではエゾシカ猟が盛んに行われています。

ニホンオオカミのように天敵が絶滅してしまったということもありますが、草食のエゾシカが好む牧草などがたくさんある地域ではエゾシカが増えすぎて牧草以外にも様々な食害や、エゾシカと自動車やバイクとの交通事故が多発しているのです。

エゾシカ自体、ジビエとしては非常に重宝されていますし、東京のフレンチなどではエゾシカ肉が高級食材として重宝されていますが、食用として用いられるエゾシカ肉は取られるエゾシカのごく一部です。

交通事故で死んだエゾシカはもとより、散弾で打ったエゾシカは基本食用には使えません。
散弾がどこに入っているか分からないので精肉しても使い物にならないとされていますから。

ライフルで首筋をきれいに撃ち抜かれたエゾシカだけが食用として使われますが、ライフルの免許自体が散弾免許を取得してから10年は経たないと取れないということもあり、ジビエとして使えるエゾシカはごく一部になってしまいます。


また、命を頂くという意味においては、肉だけでなく、皮や角、骨なども使えるものはしっかりと使っていくことが重要です。
しかしながらエゾシカの皮はそのほとんどが廃棄されてしまいます。

しかしながら、鹿革のポテンシャルはそんなものではありません。

きちんと処理してタンニン鞣し(なめし)してやれば、下の写真のような素晴らしいクオリティのアイアンカバーにもなりますし、ポーチやバッグ、靴にもなるんです。

鹿の角だって、工房のドアノブやキーホルダーなどにも使えますし。



2017-12-22_12-33-28_805
2017-12-22_12-32-47_759

2017-12-20_18-35-45_576

これらはまだサンプルで実際に使ってテストしていきますので、製品化していくまでには暫くかかります。
しかし実際にサンプルを見た段階では、そのクオリティの高さに正直驚いています。

エゾシカ猟のシーズンはまた春先まで暫しお休みですので、来年の夏以降にこれらを製品化して販売していきたいと考えています。



将来的にはこうしたエゾシカの肉以外の有効利用を促進し、弟子屈の雇用促進にも繋がれば素晴らしいですし、ハンターさんに対しても還元していこうと考えています。

image
工房には慣れたとは言え、ハンモックチェアの使い方にはまだ慣れていない営業部長&副部長。


地域の皆さんへの新工房のお披露目も完了し、ようやく一段落ついた感じです。

営業部長のやまと、営業副部長のたけるも新工房に慣れて、毎朝3人(?)で出勤しております。




さて、移転で溜まっているMOIマッチングをGMズドンとやりまっする~~~~~(^^)v

新工房に移転してから3日め。

日曜日ということもあり、今日17日は地域のお世話になっている皆さんへの新工房のお披露目会。



image

工房の中は軽いお食事や飲み物もご用意し準備万端なのですが、日頃の行いが悪いのでプチ吹雪になってきました(笑)←笑いごとかっ!!


IMG_6978
image


うむむむむ。

せっかく除雪してお客様の車もスムーズに入ってこれるようにしていたのですが、お客様がいらっしゃる時間までにまたジョセフィーヌしなくちゃいけないかもしれません(泣)
しかも、お呼びしている時間もプチ吹雪の予報。

ってことは、吹雪いている中、ジョセフィーヌしないといけないってこと?????


困ったものです(^^;;



苦節2年半。。。
(実際には前にあった倉庫を立て直してからですので、1年半ですが・・・)


日付変わってますので、ようやく、ようやく、ようやく、本日午前11時、新工房への増床移転オープンとなります。

オープンに向けての準備はほぼほぼ完了し、只今ばくおん!!でヘヴィメタを聴いております(ご近所迷惑にはならない距離なので・・・)


image


image


まぁ、オープンと言っても別にオープン記念セールをやるわけでもありませんし、行列はもちろん、来客もほとんど無いでしょうし(記念セールやっても人は来ない!!←なぜなら人がいない!!)。


そんな状況ではありますが、やはりファルコン個人としては(ここまでの道のりが長かっただけに)感慨深いです。

この工房自体、ファルコンが考えつくことを(予算の範囲内で)可能な限り行ったので、かなりいい感じというか、理想の工房に近いものが出来たとおMOIますし。

基本メールでMOIマッチングは行っておりますので、普段の平日はほとんどお客様はいらっしゃいませんが、1人でも2人でもいらっしゃってくださったら、それだけで涙流して感涙しちゃいますね、きっと(^^;;←気持ちの中でね

とは言いましても、MOIマッチングの聖地への道のりはまだまだまだまだまだ続きます。

おそらくファルコンが死んで10年くらいは経ったところで初めて「そういえばファルコンってジジィがMOI!!MOI!!って叫んでいたようだけど、ようやく普及したね~」という感じになるのでしょう(^^;;


よし、それまで草葉の陰で見てやるぜ!!(嘘)


ということで、引き続き、皆様、このファルコン&BoseIronFactoryをよろしくお願いいたします!!

&お近く(半径150キロくらい)に起こしの際にはぜひお立ち寄りくださいm(_ _)m

はい。
学識がなく、何て言うのかよく分かりませんでしたが、BoseIronFactoryの引っ越しは店舗運営のプロによると増床移転ということらしいです(^^;;

プロの手は全く借りずにほとんど私一人で作った新工房ですので、細かい所の見てくれは悪いです。

でも、その分たっぷりと手間と時間はかけて(かかって)いますので、MOIマッチング作業が終わってから新工房に行って過ごす時間が楽しいです・・・・(^^

気がつくと明け方になっていることもありますが、まぁ15日までは寝不足覚悟ですので・・・(^^;;



そんな弟子屈ですが、今朝から14時位までドカっと雪が振りました(>_<)
IMG_6978


この時期の雪は水っ気が多くて重くて除雪が大変です。

荷物が届く午前中のうちに除雪しておかないとトラックが入ってこれずBoseIronFactoryにとっては死活問題ですから、ジョセフィーヌの今季初出動をかけました(^^;;

風もそこそこあったので、ジョセフィーヌで飛ばした雪が(風向きによっては)もろに身体を直撃し、全身ビチョビチョのヌレヌレ(>_<)

今回の積雪で新工房の入り口に雪が落ちてきて入れなくなるという新たな問題も発覚し、今後の対応をどうしようかと・・・。
(落ちてくる雪を扉の左右に散らす屋根を作るのが一番なのですが、それは来年の雪解けを待ってからでないと出来ません)

IMG_6981

↑このページのトップヘ