ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

カテゴリ: 北の国から

BoseIronFactryの停電は解消されていますが、まだ全道の5割程度しか電気が来ておりません。
 
また、新千歳空港も一部の便しか動いていません。
電気が来てないところでは信号も消えて、物流センターも稼働できていませんし、新千歳もまだ完全復旧していませんので、郵便もヤマトもそのほかの物流まだ動いていません。

とは言っても、お金以外の蓄えはたっぷりあります。

食料も乾物や缶詰、冷凍食品などがあって1〜2か月は買わなくてすむし、ガソリンも遠くに行かなければかなり持つくらいはあります。
ガソリンはいざとなったらバイクや芝刈り機に入れてあるのをかき集めれば良いですし。

灯油も2タンク合わせて700リットルくらいはあるし、ガスはプロパンで自宅と工房の2箇所にあるし、変えたばかりなのでまだまだ大丈夫。

水道は止まってないですし、いざとなったら湧き水があるので問題なしです。

電気だけは貯めておけないのでまた止まったら困りますが、とりあえず物流止まっても暫くは生きてますのでご安心ください。

北海道全体が停電してるようです。

電気が無いと生活のほとんども仕事も出来ません。

メールでのお問い合わせにもパソコン落ちてますし、Wi-Fiも使えませんし、クラウドにあるデータもとれませんからお答え出来ません。

申し訳ありませんが諸々ご了承願います。

皆さまご存知の通り、北海道の厚真町や千歳などを中心に震度6強の大きな地震が起きました。
BoseIronFactoryのある弟子屈は離れているので震度2とたいして揺れませんでしたが、北海道のすべての地域で停電となっております。
いつ停電が復旧するかはまだ分かりませんが、復旧したとしても今日いっぱいは混乱するかと思います。

幸い弟子屈ではこうして携帯からのネットは通じますし、携帯からは電話も出来ます。
停電以外では全く被害はありませんが、停電で計測機も使えませんし、クラウドに保管してある各種データも使えません。
電動工具も使えませんので、全く仕事になりません。

停電で信号も止まってるので物流も動かず、部品も届きませんし、こちらから送ろうとしても受付は不能です。

IMG_1836

天気はいいけど、電気が無いと何も出来ません(^^;;

申し訳ありませんが、電気が復旧するまで臨時休業とさせて頂きます。


よろしくお願いいたします。

弟子屈で獲った野生のエゾシカ革でヘッドカバーやティーホルダーなどを作っています。

野生のエゾシカですので、傷などがある場合もございますが、それも味としてご理解頂ける方のご購入をお待ちしております。

なお、これらの製品の売上げは鞣し代などの経費をトップオフした後、ハンターさん、革職人さんに配分することで、継続的なエゾシカの頭数管理に活かされます。

ご購入はこちらから!!

弟子屈エゾシカプロジェクトはこちらから!!

本当に申し訳ないのですが、メールでの質問や要望はできる限りまとめてお願いいたします。

ひとつひとつに30分から1時間かけてお答えしているので、5つのメールに返信するだけで3時間とかかかるのです。


例えばです。

お客様「MOIマッチングしたいのですが、お幾らかかりますか?」
というお問い合わせでしたら、お客様は1分もかからず問い合わせ出来ます。

それに1分や2分でお答えするとすると、
「○○様、はじめまして。お問い合わせありがとうございます。
MOIマッチングですが、基本工賃として5,500円(税別)、それに送料とグ」

というだけで1分かかります。

納期がどのくらいかかるかとか、今の混み具合はどのくらいかとか、問診票の記入の説明とか、MOIマッチング自体のご説明が必要な場合もあるでしょう。

別にお客様のはじめましてや自己紹介は必要ありませんし、お客様ですから、要件だけもいいでしょう。でも、こちらとしてはそうはいきません。
社会人としてというのもありますし、時間をかけて丁寧に文章を推敲してからお聞き頂くお客様も上記のような要件だけのお客様も同じ工賃を頂くお客様なのです。

そうした意味ではお客様として区別や差別をすることは出来かねますし、こちらから要件だけの内容でお送りすることは出来ません。

メールの返事くらい1分や2分で出来るだろうってお考えになるかもしれませんし、実際にそう言われたこともございますが、キチンとご説明してキチンとご理解頂くためにはどうしてもそのくらいの時間はかかります。

そうしてご理解頂いた上でやって来ているからこそ、今までクレームもほとんど無く、多くのお客様にMOIマッチングしてよかったと言っていただけていると思っています。


IMG_1559

外回り営業したいんにゃけども、ファルコンさんが「雨が上がったばかりで汚れるからダメ!」って。


こっちには営業部長としての責任があるのにゃ。
外回り行かせろ〜〜(╹◡╹)

今日の午後、BoseIronFactoryのグリーンの造成用に大量の土が運ばれてきました( ´ ▽ ` )ノ

まずはその写真を御覧ください。

IMG_1520
ひと山め。

IMG_1522
3山め。


IMG_1523
5山め


IMG_1525 (1)
6山目

各2回、合計12回増トンダンプに満載して貰ったので、合計で85立米(1mの幅1mの高さで85メートル分の量、重さにして約150トン)。
おおよその高さで1.5mくらいはあるかな。



この土なのですが、何が凄いって・・・。
この大量の土が運ばれてきた経緯をご説明しましょう。

今日の13時ちょっと前。

あ、お隣の酪農家さんが山を切り崩して平坦にする工事してるなぁ~。グリーン作ろうと思っているところの土地が少し低いから切り崩した土もらえないかな(^^
よし、工房に戻ったらお隣さんに電話して聞いてみようっと(^^



13時過ぎ
ファルコン:「あ、もしもし。隣のファルコンです~。今Yさん家の先で山切り崩してるじゃないですかぁ?もしよろしければウチのグリーン造成に土を使いたいので頂けないですか?」

お隣の酪農家さん:「をを!!欲しいか!?いくらでもやるから取りに来ればいいさぁ~!!」

ファルコン:「一輪車持っていきまぁ~す!!って、そんな少しじゃなくてもっとくださいよ~(笑)」

お隣の酪農家さん:「冗談だぁ~!!(笑)今すぐでなくても良いっしょ?あとで持っていってやるさぁ~。」

ファルコン:「ALTUSです!!ホント助かります!!またビール頂いたら持っていくっすね!!(こう見えてほぼ飲めません)」

これからのスピード感といったらもぉ・・・。

凄い。凄すぎる・・・(^^;;


14時10分
お隣の酪農家さんのダンプが・・・



15時半
搬入完了(^^;;

お隣さん・・・神すぎる・・・(^^;;



まぁ、問題は頂いた土をどうやって均していくかってことなんですけどね・・・(笑)


量が多いので、貸していただける小さいタイヤショベルでは難しいし、大きなタイヤショベルだと大型特殊免許が必要なので、私じゃダメ。
タイヤショベルよりも大きいユンボか出来ればブルドーザをレンタルしてこれれば良いんですが、レンタルしてきたとしても、オペレータさんが必要ですし・・・。

もちろん人力でやるにしても1日に1トン死に物狂いでやったとしても150日かかるわけで・・・。


実際のところ、お隣の大きなタイヤショベルで大まかにやっていただいて、そのあとは人力でキレイに均して、均した後の転圧はプレートコンパクター(道路工事で見る下の写真のやつ)でドドドドドドとやっていくしか無いかな(^^;;
プレートコンパクターでも全体を転圧するにはエラく時間と体力使いそうっすね(^^;;


kanemoto_50000-268
これ持ってます(笑)
オークションで安かったので購入しましたが重宝しています(^^



追伸:明日明後日の日中はご近所(お隣さんではありません)の方の葬儀のお手伝いのため工房は不在になります。
弟子屈に引っ越してきてから、本当に良くして頂いた方ですので、キッチリお手伝いしてお見送りをさせてくださいm(_ _)m
作業に関しては出来る限り行いますが、事情が事情だけにもし遅れた場合は何卒ご容赦頂きたくm(_ _)m
(なお、このブログを書いている今は接着待ちの時間を使っておりますので、作業に支障はございません)

昨年のドライバー&UTのソールのテストに引き続き、今日・明日と某メーカーさんのテストにお付き合いです(^^

昨年も今の時期だったかな(^^

昨年テストしたドライバーは無事今年のはじめに発売され、BoseIronFactoryでもものすごい数の組み上げを行いました(というか今まさに組んでいます)。

UTに関しても、お勧めしている甲斐(?)もあり、多くの方がそのオプションソールをお選びになっています。

今年はアイアンのテストと言うことで、ファルコン自身も期待大です(^^)v


なぜ期待大なのかというと、(まだ見ていないので不明ですが)もしかしたらHAYABUSAのFALCONソールに近いアイアンもあるはずなのです(^^

昨年のテストの時にそのメーカーさんにHAYABUSAを打ってもらったところその抜群の抜けにエラく感動され、今年はじめにそのアイアンのお話を聞いた時にHAYABUSAを1セット差し上げたので(^^



hayabusaソール

まいどまいど同じことをお話して耳タコかとはおMOIますが、ゴルフクラブの開発で大切なのはタフな環境でのテストだと思っています。

実際に打つ環境というのは様々なシチュエーションがあります。

ドライバーはティーグラウンドからティーアップして打つことを前提としていますので、まだいいのですが、ドライバー以外のクラブって芝の上はもちろん、ディボットのような土がむき出しの場所だったり、深いラフだったり、ベアグラウンドだったりする訳です。

それなのに手入れされたフェアウェイだったり、フェアウェイよりも水平で安定したライであるマットの上からのみテストされていたら?

自動車のテストでも綺麗に舗装され、凸凹の無い高速道路やサーキットみたいなところだけでテストするわけじゃないですよね?
キレイな舗装の上だったり、荒れた舗装だったり、フラットダートだったり、砂利道だったり、しまった雪の上やアイスバーン等々の様々な環境でテストしてこそ、様々な道を安心して走ることの出来る車が出来上がります。

ゴルフは優しいライばかりではありませんし、芝だって様々な種類があります。
バンカーだって、硬くしまったバンカーやモフモフの柔らかいバンカーもありますし、どれだけ砂を入れているかによっても変わってきます。

弟子屈にBoseIronFactoryがあるのは、色々な環境でかつタフなシチュエーションを弟子屈なら作れるから。

それと同じことで、弟子屈カントリーや根室ゴルフクラブには本当に色々なシチュエーションがあるんです。

そうした様々な環境の中でテストされ、ブラッシュアップされたクラブと、マットの上でほとんどの開発が完了したクラブがあったら、果たしてどちらがより良いクラブになるでしょうか?



そのあたりは皆さんの中に正解があるのだと思います(^^


まぁ、いくらこの開発に協力してもBoseIronFactoryに安く入ってくる訳でも無いですし、特許使用料みたいなものが入ってくるわけでもありませんけれども(笑)、こうして協力することでこのクラブのことが誰よりも分かるようになりますから、それは他のどの工房さんよりアドバンテージにはなりますね(^^



ちなみに本家本元のHAYABUSAアイアンは間違いなく凄いことになるので、そちらもご期待下さいね(^^)v

スコティッシュオープン
スコティッシュオープン会場1番ホール。


IMG_1186
BoseIronFactory試打スペース(修理地)



スコティッシュオープンの会場より、BoseIronFactoryのほうが仕上がっているように見えるのですが(^^;;


まぁ、BoseIronFactoryにもまだまだやらなくちゃいけないことがありますので、じっくりしっかりゆっくりとやっていきますよ(^^

夏になって北海道に来る方たちも増えてきますので、こちらでの注意事項を(^^;;

まず気候。 富良野や旭川、帯広などの内陸に近い部分は日中は暑くなりますが、日が沈むと寒くなるので長袖もあったほうが良いと思います。
暑いと言っても湿気があまりないので、日陰に入ると本土よりは十分涼しく感じます。

一方で釧路や根室の夏は涼しいです。 8月でも最高気温が17~18度、最低気温が10度前後ということもありますし、晴れていても25度以上になることはそう多くはありません。
ただし、釧路や根室などは夏の間、海霧と呼ばれる霧が多く、霧のために涼しいということもありますが・・・。

海沿いの地域は関東や関西からマイナス5~10度位の地域が多く、夜でも18~20度位かと。

弟子屈に関して言うと、朝晩は12~15度位、日中は晴れたとしても25度くらいのことが多いです。


ちなみに7月4日午後11時現在のBoseIronFactoryの外気温は10.3度。
室内気温は20度でTシャツの上にフリースを着てこれを書いています。

いろいろ持ってくるのは大変ですから、フリース1枚あると良いかと思います。



北海道に来るほとんどの皆さんの移動手段は車(一部バイクかな)でしょう。

北海道では札幌などの大都市圏を除いて渋滞はほぼありませんから、基本移動は快適と思われますが・・・。
移動距離に関してですが、都市部を除く移動であれば1時間に50~60キロ走れるとして問題ありません。
2時間で100キロ、3時間で150キロと見ておけばコンビニ休憩(こちらではセイコーマートがおすすめです)を入れても十分かと思います。



でも、せっかく楽しい旅行に来たのにスピード違反で捕まる方、やっぱり多いです。

国道などの幹線道路は制限時速60キロ、カーブが多い山道等は50キロ、そして町中(村も集落も)が40キロとなっているところが多いです。都内で見られるような30キロ規制の道は北海道ではほとんど見た記憶はありません。

流れに乗っていれば安心と思う方もいらっしゃるでしょうが、走っていると前後に車がいなくて流れが読めないところもたくさんあります。
(BoseIronFactoryの前の町道なんて国道と道道をつなぐ抜け道なのに1時間に1台も通らないときがありますから)

制限速度を超えて走るのはもちろんNGですので法定速度で走るのはもちろんですが、流れを見ていると70位で走っている車は多いですね(^^;;

ちなみに町中に入る時は要注意です。
60キロから急に40キロ制限になるので、注意していてもステルスやらネズミ取りが結構いることも多いので。


車で走る際に、スピード以外で注意してほしいのが動物です。

ヒグマはさすがに道で出くわしたことはありませんが、エゾシカ、キタキツネ、タヌキ、にゃんこ等は車で走っていてもよく道に飛び出してきます。

場所によっては24時間いつでも出てきますが、轢いたらやばい筆頭はやはりエゾシカでしょう。
エゾシカは大きいものだと150キロ位になるみたいで、エゾシカも車もお亡くなりになる確率が高いので、轢いちゃダメです。

エゾシカは大都市の都市部以外ならどこでも居ます。
弟子屈くらいの小さな町になると町中にも迷い込んで出てくる時もありますから。

(今こうして書いている間にもエゾシカがウチの敷地内でせっかく撒いたケンタッキーブルーグラスはみはみしてます。多分。)

エゾシカ


エゾシカの出没時間帯は朝(夜明けちょい前~朝8時位)と夕方(16時位~20時位)が多く、山道はもちろんですが、市街地の終わり部分(民家がポツンポツン)にも出ますから、注意が必要です。

そしてこの時期は牧草の一番草を刈って、新芽が出てくる時期なので、その新芽を食べに森から退去して来ることも多いです。
見晴らしのいい牧草地を通る時も注意が必要。

鹿って奴は馬鹿と書くようにあまりアタマはよろしくありません。
(馬はおりこうですけどね)

なので、一気に走って逃げれば良いものを、道路の真ん中で「え?俺轢かれるの?死んじゃうの?」といった表情で固まります。

固まるのでそのままズドーンと轢いてしまうことも多いので、すぐにブレーキかけられるようにしておきましょう&気持ち中央に寄って走ると回避スペースが気持ち広くなりますので、出てきそうなところは中央線に少し寄って走るのも良いかと(基本はキープレフトですが)。



さて、その次に轢きたくないのがキタキツネやにゃんこやタヌキ。

この中で一番多いのはキタキツネです。
特に今の時期はコギツネが親から離れて独り立ちする時期ですので、車や人に免疫のないコギツネなどは結構車道に出てくることが多いです。

人馴れしているのは餌をもらいに自分から近づいてきますが、そういうキタキツネは数日後その場所で車に轢かれて死んでいることがほとんどです。
スピード落として止まってくれて餌をくれる車ばかりじゃありませんから。

そうしたキツネは車に轢かれずに生き残っても、冬の間は餌をもらえないので確実に死にます。
ゴルフ場にいるキタキツネなども自分で餌を取ることを止めた時点でもう翌年に生きて会えることはないのです。

観光で北海道にいらっしゃる皆さん、キタキツネは可愛いですが多くの場合エキノコックスという病気を持っていますし、皆さんが餌を与えることで車を怖がらなくなり轢かれたり、冬を越せなかったりしますので、餌やりはお止めください。


長くなりましたが、もう一点車に関すること。
暗くなってからの長距離移動はできる限り止めましょう。
エゾシカ、キタキツネ、タヌキににゃんこはもちろんですが、確実に殺戮してしまうのが大量の虫です。

峠道でも走ろうものなら、バチバチバチバチと、ゲリラ豪雨の中を走るくらいの勢いで車にあたってきます。
中には体長10cmを超えるような大きな蛾も居ますから、決して気持ちのいいものではありません。

(精神的に病んでいて「殺してやるぅ~~~!!」というような方には夜の長距離ドライブをお薦めしますが・・・)


そうそう、虫で思い出しましたが、7月後半からお盆明けまでの期間は、アブにも注意です。

特に牧草地帯などにはもう勘弁してくれ!!というくらいのアブが居ます。
(主に牛を刺して血を吸って卵を生むようですが、牛よりも人間の血のほうが美味しいらしく、これでもか!!ってくらい来ます)

アブは温度に反応して寄ってきますので、エンジンの熱に反応して車にたかります。

車を止めた瞬間から何十匹何百匹のアブが車にたかってきて、エンジンが冷えるまでの間いなくならないので、エンジンが冷えるまで車の外に出ないか、逆にすぐに出てサッと室内に避難するのがよろしいかと。

ちなみにこちらでアブ避けとして必須なのがハッカ油。
ハッカ油を来ている服や首筋にちょんとスプレーしておくとアブは匂いが消えるまでは近づきませんのでお試しを。
ハッカ油でどの空港でも売っているのが北見ハッカ商会の10ml1,080円のスプレー。ちょっと高いですが、お二人で1週間程度の旅行なら十分な容量です。
(ちなみにBoseIronFactoryでは違うメーカーの大容量のモノを常備して結構大量につかっています)


またこの他に何かご質問があれば、コメントいただければお答えしますので・・・。

↑このページのトップヘ