ゴルフ北の国から〜MOIマッチング編〜

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」でお馴染みのファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからをお届けします。

カテゴリ: MOIマッチング

テーラーメイドM3やM4、Callawayのローグ等々、新製品ラッシュです。

ですが、BoseIronFactoryではあまり新製品をお勧めする機会は少ない。


新製品をたくさん売るのは儲かるし、新機能などが満載なので売りやすいです。

もちろん新製品として出てくるまでに様々なテストをされて前よりも良い!!ということで発売されるわけですし、新製品が良いのは間違いありません。


ですが、その新製品は合う人と合わない人が必ず出てきます。

万人に合うクラブが存在しないのと同様に、万人が恩恵を受けるクラブの進化はありえないからです。

例えばパーシモン時代からゴルフをしている人の中には、460ccで重心距離の長いドライバーは打ちこなすことが難しい人もいるでしょう。←私がそうです。
逆に460ccのドライバーに慣れた人にとっては今度出るRODDIO 385コンパクトドライバーを打ちこなすのは難しいと言えます。

大きいから、重心距離が長いから優しいとか道具の進化とかは少し違うような気がしています。


自動車のパーキングアシストとかの自動運転技術などは紛れもない進化だとおMOIますけれど(^^;;


実はゴルフにおいての道具の進化はファルコン自身、言われているほどの進化は無いのではないかと感じています。
今のクラブの方が昔のクラブよりも飛ぶのは間違いのないところでしょうが、イマドキのクラブであれば100人中100人がキチンと飛ぶというわけでもありません。

イマドキのクラブが苦手と言う方も多いとおMOIますし、実際にクラブの進化(?)の恩恵に預かっていない人もこうしてクラブチューニングを生業にしていると非常によく見ますから。
(思いっきり恩恵に預かっている人がチューニングしに来ることもありませんしね(笑))

ヘッドがパーシモンからメタルになったのがピッツバーグパーシモンの1980年くらいとするなら劇的な進化から約40年。
シャフトはヒッコリーからスチールシャフト、そしてカーボンシャフトへ進化しましたが、クラブ全体の中での進化はどうでしょう?
仮に飛距離が伸びたとしても、アベレージゴルファーのアベレージが伸びているかというと、全くと行っていいほど伸びていません。

飛距離にしろ、方向性にしろ、スコアが良くするために皆さんクラブを買い換えるはずですが、実際にスコアが良くなる方はどのくらいいるのか・・・・。




実のところ、物理的な視点で見てここ40~50年で一番の進化はフジクラのMCI BLACKの発売だと思っています。

約100年に渡ってスイングバランスが隆盛を極めてきた中、ようやくクラブMOIマッチングをシャフトの見地から具現化しようとして出てきたのがMCI BLACKだからです。



2016-11-18-00-30-41




MCI BLACKが発売され非常に好調ですが、ホイールで調整するよりもタイヤで調整するほうがより効果的ですから、やはりヘッドでクラブMOIを意識して作る必要があると言えるでしょう。



クラブMOIマッチングをすると多くの方がベストスコアを更新されます。

1打の重みを一番良く知っているプロゴルファーでも、平均スコアは伸びるプロがほとんどです(まぁ、用具契約もあるのでそれほど多くのプロがMOIマッチングをしているわけではありませんが)。


そうなるとやはり次はヘッドの進化ですが、MOIマッチング専用ヘッドはまだ私達が開発したヘッドのみ。

大手や中堅どころのヘッドメーカーには出来得る限りアプローチしていますが、フジクラさんでさえ提案しても却下されるという状態が続いているとのことですから、まだまだ時間はかかりそうです。

クラブMOIマッチングは物理的な理論です。
有象無象の都市伝説的、オカルト的なクラブ理論(オカルトは理論とは言えませんが(笑))とは違います。

14インチのところに100キロのおもりを付けても全く変わらないスイングバランスと違って、論理的破綻もありません。

未だに天動説が信じられているゴルフ業界ではクラブMOIマッチングの普及までには時間がかかるとは思います。
早くても10年、遅ければ20年や30年はかかるでしょう。


MOIマッチングは地動説ですから、天動説を唱える人たちから見ると異端ですし、実際に排除しようとしてくる人たちもたくさんいます。

でも、事実は曲げることは出来ませんし、物理的に整合性の取れたものであること、力学的に正しいものであることは間違いありません。

ですので、たとえ50年100年かかったとしても、私の意志を継いでくれる人は必ず出てきますから、実際のところそれほどの心配はしていませんけどね(^^;;





クラブMOIマッチングを考えていくと、ゴルフの様々な事柄の何故?に対する理由がわかってきます。

捕まるはずのドライバーでも捕まったとは言えない球筋(スライスとか)になるのは何故か?

ボールを置く位置が番手が長くなるに従って左に置くようになるのは何故か?

ショートアイアンが引っかかる理由は?

ロングアイアンが捕まらない理由は?

抜けが良いはずのウェッジでチャックリが出るのは何故?

等々・・・。



今まではクラフトマンに向けたMOIマッチングセミナーでそうした疑問にお答えしてきましたが、2018年はそうしたゴルフの疑問(常識?)をクラブMOIの視点から検証していくことを積極的に行っていこうかとおMOIます。

クラブMOIマッチングとクラブMOIマッチングの物理的考え方は、は振り心地が揃うだけでなく、ゴルフクラブに係る様々な問題にも関係しているんです(^^)v



さて、第1回目は・・・・、

ボール位置の不思議。

ボールを置く位置は番手が長くなるに従って左に置くようになっていきます。
ボール位置を変えずに右足を左に寄せることもありますが、相対的にボールが動くことは間違いありません。

でも何故左に置くようになっていったかは明確な説明はしていません。

ボール位置の違い(全体図)
左からドライバー、FW、UT・アイアン(長~短)、ウェッジ。
(左右の部分だけ見るためにあえて長さによるボールの遠さは無視しています)



ではここでドライバーからウェッジまでの標準的なクラブMOIの推移を見ていきましょう。

岩崎くんMOI

岩崎Pはまだまだ若いプロなので平均より全体的に少し高めですが、クラブMOIのカーブは標準的と言えますので、古くからのブログの読者であればお馴染みですね・・・(^^;;

このグラフを見ると長いクラブほどクラブMOIが高いのがお分かりになるとおMOIます。
クラブMOIが高いと振るのに力が必要で、クラブMOIが低いと振るのに力は必要ではありません。

そして、人間の出せる力はそれぞれの適正値を基準にそれほど大きな開きはありませんから、7番アイアンの2643kg-cm2が振りやすく結果も良い人の場合、6番以上で振り遅れて8番と48度、60度は振りすぎてしまうこととなります。

MOI説明

結果、ショートアイアンは図のAの位置でボールコンタクトを迎え、ロングアイアン~ドライバーはCの位置でボールコンタクトを迎えるということになります。

振り遅れのインパクト
少し合成に無理がありますが・・・(笑)

ボールを置く位置を体の真ん中にした場合、ドライバーやロングアイアンなどはこうした形でボールコンタクトを迎えることになります。

逆にショートアイアンの場合は、

ショートアイアンのインパクト
こちらも合成に無理くり感が・・・(笑)

こうした形でボールインパクトを迎えることになりますね。

まぁ、元々のこのイラスト自体が分かりやすいように誇張して書いていますので、実際にはもっと微妙な差になります。


ボールを身体の中心に置くのが自然ですから、中心に置きたいところですが、ボールを身体の中心に置くとこうした弊害が出てくるので、ドライバーやロングアイアンなどはより右にしか行かなくなり、ショートアイアンはひっかけが酷くなります。

この、右と左に行く状態をクラブMOIマッチングという概念を用いずに対処するには、長くなるに従ってボールを左に置くことで対処するのが、現在言われているボール位置ということになります。




ちなみに・・・ですが、こうした状況は100年位前にはほとんどありませんでした。
スイングバランスという考え方が出てきたのが1920年代で、ヒッコリーシャフトの100年くらい昔のクラブではバランスにとらわれず人間の感覚を絶対的な指標としてゴルフクラブを作っていたからだと思われます。
実際に100年くらい古いクラブのクラブMOI を測定してみると、MOI値自体はかなり低いのですが、イマドキのクラブよりもはるかにクラブMOIとしては揃っているんです。


ではこのような状態になったのはいつ頃なのか。


1920年代にスイングバランスの考え方が発明され、その後それほど時を開けずに浸透していきます。
1940年代にはかなり浸透してきて、1950年代にはほぼスイングバランスの考え方が広まっていると考えられます。

そして、ベン・ホーガンのモダンゴルフが出版された年が1958年となっていて、モダンゴルフにはボールを置く位置のことが書かれていますから、スイングバランスの考え方とボールを置く位置を変えていくことで対処していくのはリンクしていると考えるのが自然ではないかと。

極論すると、スイングバランスがあるからボールを置く位置を変える必要があって、それがゴルフ自体を難しくしているとも言えるかもしれません。



クラブMOIマッチングしたクラブをお使いの皆さんは、そうした面倒なことはしないで済みますから、クラブMOIマッチングでゴルフ自体がシンプルになっていきますね。


ただし、ドライバーに関してはティーアップしますから、最下点より上(前方)にボールがあります。
最下点より上(前方)にあることから、MOIマッチングしたドライバーはアイアンなどよりもクラブMOIを高めに設定するのが基本です。
アイアンよりも高めに設定することで、最下点では意図的に振り遅れるようにし、ティーアップされた状態でベストなフェース向きになるようにしています。
ですので、ドライバーに関してはボールを左に置いてティーアップすることを前提にMOIマッチングしていますのでご注意くださいね。


26112027_1718559031528080_2238454950372130998_n


25994718_1718544248196225_2944681507157894311_n

RODDIO HYBRID UTの新ソールと新ドライバー。

2018年いよいよ発売になります。

UTの新ソールも新ドライバーも実際に打ってみて感じたことは、個人的に絶対に買い!!ということです。





さて、北海道の芝、特に根室GCやBoseIronFactoryの芝はスコットランドリンクスと基本同じです。
気候自体が真冬以外はスコットランドリンクスと同じなので、当然同じ芝が同じように育つ訳です。

スコットランドとただ一点違うのは真冬の気候。
こちらのほうがスコットランドより冬が厳しい環境ですから、芝の根もきっちり張って行きますし、しっかりと張られた根は芝自体を強く育てていきます。
更には真冬の雪の下や氷の下で過ごすことで芝はより一層強くなります。

そうした芝ですから、伸びてブッシュになっても、短く刈られているフェアウェイであったとしても、スコットランドを上回る手強さになります。
(そのためにBoseIronFactoryはここ弟子屈に移転してきたのですし、その世界一とも言える手強さの芝の上でテストを繰り返されて造られたのがHAYABUSAなのです。)



さて、またまた話は変わりますが、練習場でいくらいいショットを連発していても、実際のラウンドではいいショットが出ないのは何故か?とお聞きすると、おそらく殆どの方は練習場の人工芝の同じライから打つのとコースで様々なライから打つのでは違うということをお答えになるとおMOIます。

これはまさにその通りで、練習場などの同じライ、良いライと言うのはラウンド中はほとんど出てきません。
ティーショットであっても、ティーグラウンドは微妙に傾斜がありますし、ティーマークもまっすぐに刺さっているとも限りません(弟子屈カントリーで私は打って欲しい方向に向かって刺していました)。
それでもドライバーのようにティーアップするクラブの場合はまだ良いのですが・・・。

これはクラブの開発に当たっても同じことが言えて、試打スペース等で何万球打ったとしても、あくまでそれは人工芝の上でのこと。
実際の芝の上、様々なライから実際に打ってテストしないとドライバー以外のクラブの性能は把握できないと言ってもいいでしょう。

実際にいろいろなライからテストするにしても、毎回優しいライからテストしたのでは人工芝の上から打つのとさほど変わりませんが、根室GCのような日本一(もしかしたら世界一?)タフな芝の上からテストされたとしたら?

もうおわかりですね?

それが2枚めのHYBRID UTの新型ソールであり、新ドライバーなのです(^^)v




新工房への移転は12月に入ってからかな・・・。

とすでに諦めムードのファルコンです(^^;;

さて本日の作業は・・・。

ロフト7度に1度曲げた弊社オリジナルのL.D.I.(ロングドライブアイアンの略なんですが、おわかりでしたか?)の組み上げとMIURA CB-2008のMOI組み上げ。


image


土曜日は朝5時から作業開始なのですが、タケ小山さんのグリーンジャケットを聴きながらの仕事ですので結構はかどります(^^)v

接着待ちの間に他の作業もガッツリ行いましょうね(^^)v




クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在12月中旬日以降の作業ご予約日程が空いております。
年内には作業完了してお戻し出来ますので、ぜひご用命くださいm(_ _)m

まだ最終的なGOサインが出ていないのでJCMOのMOIマッチング認定店リストには載せていませんが、東京都内にもう1店MOIマッチングを出来るお店が出来そうです(^^
(MOIマッチング自体が登録商標ですのでMOIマッチングという商標を使えるお店は認定店に限定させていただいております)

そのお店がご自身で最終テストとして選んだのが、クラブMOIが高くても引っかけるというクラブMOIだけを考えれば有り得ないような応用編です。
クラブMOIだけを考えると、MOIが高いと→振るのにより一層のチカラが必要→そのチカラが出し切れない場合は振り遅れる→フェースは開いてボールコンタクトを迎える(下図)
MOI説明
ということになります。
クラブMOI=高い=右に行くということでありますが、充分なタメが出来ずアーリーリリースになる場合はクラブMOIが高くてもAの位置で当たることがあります。

すなわち、このブログで何度となく取り上げてきた、腕や肩のMOI=一次MOIが不足していることによるものと考えますが、明らかに高めと思われるクラブMOIなのに引っ掛けるということはクラブMOIだけで説明はつきませんが、原因は常にひとつだけであると考える事自体がナンセンスです。


この一次MOIは腕や肩などのクラブでない部分のMOIですから、クラブMOIを高くしたり低くしたりするだけでは解決できませんので、お客様のスイングのせいにすることも出来ますが、ことJCMO認定店に於いてはスイングのせいにすることはお止めいただきたいと考えております。
お客様のスイングのせいにすることは、MOIマッチングするクラフトマンとしての仕事を放棄することに繋がりかねません。自分が調整仕切れないことをお客様のせいにするということはMOIマッチングの本意ではありませんから。



でもご安心ください。
こうして一次MOIが不足している場合でも、お客様のスイングのせいにすること無く、ちょっと視点を変え、ちょっとした調整を行うことで不足している一次MOIを補うことが可能です。

認定店であればこうした一次MOIを補う方法も全てお教えしますが、JCMO認定店以外の工房さまからはあたりまえですがそのようなことを聞かれることもありませんので、こちらからお教えすることはしておりません←そりゃああたりまえですよね(笑)

最初に書いた都内の認定店第二号(予定)にも、今回そのノウハウをお教えしておきましたので、認定店となった暁にはどうか安心してお任せください




年間2000本近いMOIマッチングを行うBoseIronFactoryだからこそ分かることも多いですし、データの蓄積も出来ます。

流行りだからやってみようと言ったところとはちょっと違うのはそういったところなのかもしれませんね(^^;;

あっとうてきな飛距離を売りにしているクラブは多くありますが、中でもRODDIOのFWとHYBRID UTに関しては突出した飛距離性能を誇ります。

その飛距離性能を引き出すのは、その作りの良さに他なりません。

あらゆる部分に妥協をしないそのモノ作りの姿勢はHAYABUSAの開発に於いても大いにインスパイアさせていただいた部分です。

BoseIronFactoryがウッドやUTを作らないのは、自分で作らなくてもRODDIOというメーカーが期待以上のものを作ってくれるからでもありますから。


IMG_8946 (3)
中でもRODDIOの最新ヘッド、HYBRID UTに関しては、その凄さに皆様驚かれます。

お客様からは見えないところにどれだけの技術を詰め込むか。

そんなこだわりにこだわり抜いた企業の姿勢があるからこそ、その性能に行きてくるんです。


2017-10-09-16-59-10
2017-10-09-16-59-44

高級で有名な某メーカーでもここまでの精度の加工はしていません。
しかも番手によって微妙に裏の加工を変えているんです。




2017-10-09-17-00-10
FWのTーソール。
重心深度を思い通りにするために中心の円の中心から外したところを削るなんて!!

基本お待たせしてしまうRODDIO HYBRID UTですが、2番でステラ7シャフトのものでしたら、在庫がございますので、ほとんどお待たせすること無く納品が可能です。

もちろん適正MOIにしてお届けしますので、買った瞬間からナイスショットでぶっ飛びを!!

5年前に、できれば10年前に、moiを知っていれば。


とのことをMOIマッチングしたプロから言われました。

んー、こういう感想は結構な方から頂いていますが、プロゴルファーからいただくのはもう何回目でしょうか。


こうした声をいただくと「もっと皆様にクラブMOIマッチングを知っていただくために頑張らなくちゃ!」とおMOIます。



まだきちんとしたMOIマッチングをしていない(シャフトだけのなんちゃってMOIとかではなく)プロの方、若しくはプロゴルファーを目指している研修生などの方、出来る限り協力しますので、後悔する前にMOIマッチングすることをお勧めいたします。



もちろんアマチュアの方でもほとんどの方はMOIマッチングの効果を体感できますので(バランス信奉の方を除く)、みなさん後悔する前にMOIマッチングしましょう(^-^;

かなり以前にMOIマッチングを行った方とのFacebookでの会話です(^^

適正MOIは一人ひとり違うので、他の方のために行ったMOIマッチングのクラブを借りてもほとんど意味ないので、ご注意くださいね(^^;;
オーダーメイドスーツを他の人が来てもしっくり来ないということですから、わかりますよね?


~~~~~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~~~~~
例えばアイアンセット。 
得意番手と同じように振ればどの番手も同じような球筋になる。
一見ごく普通の事のようですが、実はこれ物理的には不可能なことです。
MOIマッチングはこのことを物理的に可能にするチューニングです(^^



コメント
体感しています!
不調になれば、どの番手も同じようにミスをするので、修正作業もしやすい。
逆に好調になれば、全ての番手が好調になるので、非常に気持ちいい!
ただ、それを皆に伝えても、いまいちピンと来ていない顔になるのが歯がゆいです…
超いいね! · 返信 · 2


ファルコン まつばら
まだまだスイングバランスが一般的ですから、なかなかピンときませんねぇ・・・。
本来あるべき姿がクラブMOIマッチングだというのに・・・(泣)
いいね! · 返信 · 1 ·


コメント
 必死に長いアイアンを振ってるのを見たり、ミスしているのを見たり、ハナから打てないと諦めているのを見たりすると、マッチングすればいいのになぁと思います…


ファルコン まつばら
そうですね~。
昨日も5番から7番まで打てないのでほとんど使わないというお客様にMOIマッチングした1番アイアンや0番アイアンを打っていただいたのですが、全く普通に打ててしまうことにびっくりされていました。
もっともっと一般的になるように私達も頑張らなければ!!です(^^;;
いいね! · 返信 · 1 ·


コメント
 微力ながら啓蒙しますですw
超いいね! · 返信 · 1


ファルコン まつばら よろしくお願いします!!

~~~~~~~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ちなみにまだ迷っている方、BoseIronFactoryでは何度でも、いつでも工賃無償で再調整を行いますし、どうしてもダメだった場合は全額返金して元の状態に戻すというキャンペーンをBoseIronFactoryがある限り続けていますので、ご安心ください。

まぁ、今まで再調整は何度もやっていますが、MOIマッチングでのご返金は1件もありません。
ぶっちゃけそれだけ自信があるということでもありますので、やらないと損ですよ・・・(^^;;

Titleist915D3のMOIマッチングのご依頼をいただきました。

Titleist915D3の場合はヘッド後方のウェイトで調整が出来ますし、社外品でいろいろな重量のものがでていますので、今回のオーナーさんも社外ウェイトの17g若しくは14gに変更してヘッドを重くした分、バットカットでご自身の振りやすいところまでセルフMOIをされていると言う状態での入庫です。

そこまでご自身でやった上でご依頼を頂いていますから、単にウェイトの調整だけでお戻しするわけには行きませんです(笑)


オーナーの915D3での球筋なども存じ上げていますので、球筋がイマイチ安定しない原因はMOIだけでなく重心距離、重心深度にもあると思われます。


オーナーからは17gのウェイトを中心に調整して欲しいとのことでしたが、17gそのままでは深くて長い重心はそれほど動きません。

ですので、14gのウェイトを使って余った3g分の重量をジェルで調整です。

BoseIronFactoryの場合、ジェル自体もいくつもの種類を取り揃えていて、今回は通常温度では硬く、動きにくいジェルを使います。
ウェイトの穴から温めてゆるくなったジェルを3g程度入れ、ヒートガンではなくドライヤーの熱でヘッドを50度くらいになるまで温めてやります。
そうするとジェルが移動してくれるので思い通りの位置に来た頃合いを見計らって熱を加えるのを止め、ゆっくりと冷やしてあげればジェルは固くなっていい位置で固定されます。

3g程度では正直それほど変わる訳ではありませんが、このオーナーの場合は相当にセンシティブな方ですのでそれで充分なはず・・・。

2017-09-05-15-14-46


その後は狙い値になるまでバットを削って(カットではありません(笑))、グリップを挿して完了です。

明日から遅い夏休み(なのか?)を頂きますので、今日もがっつりとMOIってますよ(^^

そうそう、明日は女満別空港からのフライトなので、いつもの癖で釧路に行かないように注意しないと”行けません”ね(^^;;



さて、6日から10日までお休みを頂く訳ですが、9月10日以降のMOIマッチングやその他作業に関しては今現在それほど多くのご予約を頂いていない状況ですので割と早めにお戻し出来るとおMOIます。

「MOIマッチングしたいけれどラウンド予定も結構はいっているからなぁ・・・。」と言うそこの貴方!!チャンスですよっ!!←仕事が常に詰まっていないと極小企業は不安なんです・・・(^^;;

クラブMOIマッチングは1本5,500円、グリップ代・送料別途(それぞれ税抜き)となっています。

送料に関してですが、皆様ご存知のように近々値上げされますので、それに伴いBoseIronFactoryとしても送料を値上げせざるを得ません(^^;;

9月いっぱいのMOIマッチングのご依頼に関しては今まで通りの全国一律1,500円(税抜き)にて承りますので、皆様お早めにご依頼いただければとおMOIます(^^


IMG_9003
9211-2




なお、HAYABUSAのご購入をご検討中の方にお知らせです。
HAYABUSAは高額ではありますが、コストと手間がかかりすぎ、作れば作るほど赤字になってしまうウェッジです。

もちろんHAYABUSA自体がMOIマッチング専用であるということもありますが、当面の間のご購入はBoseIronFactory若しくはJCMO認定店でMOIマッチングされた方に限らせていただきます。
HAYABUSA自体がMOIマッチングをご贔屓にしていただいた皆様へのお礼の意味を込めたウェッジということで、何卒ご了承くださいますようお願い致します。

ちなみに「HAYABUSAが欲しいのでMOIマッチングする!!」という方でもOKですよ(^^

MOIマッチング自体、「やって損した!!」という方はお一人もおらず、皆さんに「もっと早くやれば良かった!!」と言っていただいておりますので、絶対に損はさせませんので・・・(^^)v

(「MOIマッチングがどうしても合わなかったら全額返金&元に戻すキャンペーン」はBoseIronFactoryが存在する限り継続しております。今までお一人もいらっしゃいませんから、それだけの自信がある!ということですので(^^;;

↑このページのトップヘ