ゴルフ北の国から〜MOIマッチング編〜

ゴルフトゥデイの連載「ゴルフ〜北の国から〜」と連動し、クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからをお届けします。

カテゴリ: MOIマッチング

まだ最終的なGOサインが出ていないのでJCMOのMOIマッチング認定店リストには載せていませんが、東京都内にもう1店MOIマッチングを出来るお店が出来そうです(^^
(MOIマッチング自体が登録商標ですのでMOIマッチングという商標を使えるお店は認定店に限定させていただいております)

そのお店がご自身で最終テストとして選んだのが、クラブMOIが高くても引っかけるというクラブMOIだけを考えれば有り得ないような応用編です。
クラブMOIだけを考えると、MOIが高いと→振るのにより一層のチカラが必要→そのチカラが出し切れない場合は振り遅れる→フェースは開いてボールコンタクトを迎える(下図)
MOI説明
ということになります。
クラブMOI=高い=右に行くということでありますが、充分なタメが出来ずアーリーリリースになる場合はクラブMOIが高くてもAの位置で当たることがあります。

すなわち、このブログで何度となく取り上げてきた、腕や肩のMOI=一次MOIが不足していることによるものと考えますが、明らかに高めと思われるクラブMOIなのに引っ掛けるということはクラブMOIだけで説明はつきませんが、原因は常にひとつだけであると考える事自体がナンセンスです。


この一次MOIは腕や肩などのクラブでない部分のMOIですから、クラブMOIを高くしたり低くしたりするだけでは解決できませんので、お客様のスイングのせいにすることも出来ますが、ことJCMO認定店に於いてはスイングのせいにすることはお止めいただきたいと考えております。
お客様のスイングのせいにすることは、MOIマッチングするクラフトマンとしての仕事を放棄することに繋がりかねません。自分が調整仕切れないことをお客様のせいにするということはMOIマッチングの本意ではありませんから。



でもご安心ください。
こうして一次MOIが不足している場合でも、お客様のスイングのせいにすること無く、ちょっと視点を変え、ちょっとした調整を行うことで不足している一次MOIを補うことが可能です。

認定店であればこうした一次MOIを補う方法も全てお教えしますが、JCMO認定店以外の工房さまからはあたりまえですがそのようなことを聞かれることもありませんので、こちらからお教えすることはしておりません←そりゃああたりまえですよね(笑)

最初に書いた都内の認定店第二号(予定)にも、今回そのノウハウをお教えしておきましたので、認定店となった暁にはどうか安心してお任せください




年間2000本近いMOIマッチングを行うBoseIronFactoryだからこそ分かることも多いですし、データの蓄積も出来ます。

流行りだからやってみようと言ったところとはちょっと違うのはそういったところなのかもしれませんね(^^;;

あっとうてきな飛距離を売りにしているクラブは多くありますが、中でもRODDIOのFWとHYBRID UTに関しては突出した飛距離性能を誇ります。

その飛距離性能を引き出すのは、その作りの良さに他なりません。

あらゆる部分に妥協をしないそのモノ作りの姿勢はHAYABUSAの開発に於いても大いにインスパイアさせていただいた部分です。

BoseIronFactoryがウッドやUTを作らないのは、自分で作らなくてもRODDIOというメーカーが期待以上のものを作ってくれるからでもありますから。


IMG_8946 (3)
中でもRODDIOの最新ヘッド、HYBRID UTに関しては、その凄さに皆様驚かれます。

お客様からは見えないところにどれだけの技術を詰め込むか。

そんなこだわりにこだわり抜いた企業の姿勢があるからこそ、その性能に行きてくるんです。


2017-10-09-16-59-10
2017-10-09-16-59-44

高級で有名な某メーカーでもここまでの精度の加工はしていません。
しかも番手によって微妙に裏の加工を変えているんです。




2017-10-09-17-00-10
FWのTーソール。
重心深度を思い通りにするために中心の円の中心から外したところを削るなんて!!

基本お待たせしてしまうRODDIO HYBRID UTですが、2番でステラ7シャフトのものでしたら、在庫がございますので、ほとんどお待たせすること無く納品が可能です。

もちろん適正MOIにしてお届けしますので、買った瞬間からナイスショットでぶっ飛びを!!

5年前に、できれば10年前に、moiを知っていれば。


とのことをMOIマッチングしたプロから言われました。

んー、こういう感想は結構な方から頂いていますが、プロゴルファーからいただくのはもう何回目でしょうか。


こうした声をいただくと「もっと皆様にクラブMOIマッチングを知っていただくために頑張らなくちゃ!」とおMOIます。



まだきちんとしたMOIマッチングをしていない(シャフトだけのなんちゃってMOIとかではなく)プロの方、若しくはプロゴルファーを目指している研修生などの方、出来る限り協力しますので、後悔する前にMOIマッチングすることをお勧めいたします。



もちろんアマチュアの方でもほとんどの方はMOIマッチングの効果を体感できますので(バランス信奉の方を除く)、みなさん後悔する前にMOIマッチングしましょう(^-^;

かなり以前にMOIマッチングを行った方とのFacebookでの会話です(^^

適正MOIは一人ひとり違うので、他の方のために行ったMOIマッチングのクラブを借りてもほとんど意味ないので、ご注意くださいね(^^;;
オーダーメイドスーツを他の人が来てもしっくり来ないということですから、わかりますよね?


~~~~~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~~~~~
例えばアイアンセット。 
得意番手と同じように振ればどの番手も同じような球筋になる。
一見ごく普通の事のようですが、実はこれ物理的には不可能なことです。
MOIマッチングはこのことを物理的に可能にするチューニングです(^^



コメント
体感しています!
不調になれば、どの番手も同じようにミスをするので、修正作業もしやすい。
逆に好調になれば、全ての番手が好調になるので、非常に気持ちいい!
ただ、それを皆に伝えても、いまいちピンと来ていない顔になるのが歯がゆいです…
超いいね! · 返信 · 2


ファルコン まつばら
まだまだスイングバランスが一般的ですから、なかなかピンときませんねぇ・・・。
本来あるべき姿がクラブMOIマッチングだというのに・・・(泣)
いいね! · 返信 · 1 ·


コメント
 必死に長いアイアンを振ってるのを見たり、ミスしているのを見たり、ハナから打てないと諦めているのを見たりすると、マッチングすればいいのになぁと思います…


ファルコン まつばら
そうですね~。
昨日も5番から7番まで打てないのでほとんど使わないというお客様にMOIマッチングした1番アイアンや0番アイアンを打っていただいたのですが、全く普通に打ててしまうことにびっくりされていました。
もっともっと一般的になるように私達も頑張らなければ!!です(^^;;
いいね! · 返信 · 1 ·


コメント
 微力ながら啓蒙しますですw
超いいね! · 返信 · 1


ファルコン まつばら よろしくお願いします!!

~~~~~~~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ちなみにまだ迷っている方、BoseIronFactoryでは何度でも、いつでも工賃無償で再調整を行いますし、どうしてもダメだった場合は全額返金して元の状態に戻すというキャンペーンをBoseIronFactoryがある限り続けていますので、ご安心ください。

まぁ、今まで再調整は何度もやっていますが、MOIマッチングでのご返金は1件もありません。
ぶっちゃけそれだけ自信があるということでもありますので、やらないと損ですよ・・・(^^;;

Titleist915D3のMOIマッチングのご依頼をいただきました。

Titleist915D3の場合はヘッド後方のウェイトで調整が出来ますし、社外品でいろいろな重量のものがでていますので、今回のオーナーさんも社外ウェイトの17g若しくは14gに変更してヘッドを重くした分、バットカットでご自身の振りやすいところまでセルフMOIをされていると言う状態での入庫です。

そこまでご自身でやった上でご依頼を頂いていますから、単にウェイトの調整だけでお戻しするわけには行きませんです(笑)


オーナーの915D3での球筋なども存じ上げていますので、球筋がイマイチ安定しない原因はMOIだけでなく重心距離、重心深度にもあると思われます。


オーナーからは17gのウェイトを中心に調整して欲しいとのことでしたが、17gそのままでは深くて長い重心はそれほど動きません。

ですので、14gのウェイトを使って余った3g分の重量をジェルで調整です。

BoseIronFactoryの場合、ジェル自体もいくつもの種類を取り揃えていて、今回は通常温度では硬く、動きにくいジェルを使います。
ウェイトの穴から温めてゆるくなったジェルを3g程度入れ、ヒートガンではなくドライヤーの熱でヘッドを50度くらいになるまで温めてやります。
そうするとジェルが移動してくれるので思い通りの位置に来た頃合いを見計らって熱を加えるのを止め、ゆっくりと冷やしてあげればジェルは固くなっていい位置で固定されます。

3g程度では正直それほど変わる訳ではありませんが、このオーナーの場合は相当にセンシティブな方ですのでそれで充分なはず・・・。

2017-09-05-15-14-46


その後は狙い値になるまでバットを削って(カットではありません(笑))、グリップを挿して完了です。

明日から遅い夏休み(なのか?)を頂きますので、今日もがっつりとMOIってますよ(^^

そうそう、明日は女満別空港からのフライトなので、いつもの癖で釧路に行かないように注意しないと”行けません”ね(^^;;



さて、6日から10日までお休みを頂く訳ですが、9月10日以降のMOIマッチングやその他作業に関しては今現在それほど多くのご予約を頂いていない状況ですので割と早めにお戻し出来るとおMOIます。

「MOIマッチングしたいけれどラウンド予定も結構はいっているからなぁ・・・。」と言うそこの貴方!!チャンスですよっ!!←仕事が常に詰まっていないと極小企業は不安なんです・・・(^^;;

クラブMOIマッチングは1本5,500円、グリップ代・送料別途(それぞれ税抜き)となっています。

送料に関してですが、皆様ご存知のように近々値上げされますので、それに伴いBoseIronFactoryとしても送料を値上げせざるを得ません(^^;;

9月いっぱいのMOIマッチングのご依頼に関しては今まで通りの全国一律1,500円(税抜き)にて承りますので、皆様お早めにご依頼いただければとおMOIます(^^


IMG_9003
9211-2




なお、HAYABUSAのご購入をご検討中の方にお知らせです。
HAYABUSAは高額ではありますが、コストと手間がかかりすぎ、作れば作るほど赤字になってしまうウェッジです。

もちろんHAYABUSA自体がMOIマッチング専用であるということもありますが、当面の間のご購入はBoseIronFactory若しくはJCMO認定店でMOIマッチングされた方に限らせていただきます。
HAYABUSA自体がMOIマッチングをご贔屓にしていただいた皆様へのお礼の意味を込めたウェッジということで、何卒ご了承くださいますようお願い致します。

ちなみに「HAYABUSAが欲しいのでMOIマッチングする!!」という方でもOKですよ(^^

MOIマッチング自体、「やって損した!!」という方はお一人もおらず、皆さんに「もっと早くやれば良かった!!」と言っていただいておりますので、絶対に損はさせませんので・・・(^^)v

(「MOIマッチングがどうしても合わなかったら全額返金&元に戻すキャンペーン」はBoseIronFactoryが存在する限り継続しております。今までお一人もいらっしゃいませんから、それだけの自信がある!ということですので(^^;;

早速ですが、ご感想です(^^

JCMOオリジナルのMOIマッチング専用アイアンJCM-03Cavityの4-PWと、HAYABUSAノーマルバージョンのご依頼を頂いたお客様です(^^

~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~


本日、○○CCでニューアイアンデビューしてきました。
そして。

ベスト更新しましたー‼︎

 練習2回で実戦投入してこの結果は…(//∇//)

JCM-03とHAYABUSAのおかげとしか言いようがない(´∀`)

ぶっちゃけJCM-03、今までのアイアンよりトップブレード薄くて見た目で無理かも…と思ってましたよ…。わははっ。

でもでも、やっぱりMOI専用設計。

そして魔法をかけてもらってました‼︎ ありがとうございます。

作っていただいて良かったです(*´꒳`*)

しかもパターアプローチを今日は一回もしてない!

これは私の中ではあり得んですW(`0`)W

HAYABUSAもさらに使いやすくなってしまいましたとさ。




次の野望は。


あのドライバーです( ̄◇ ̄;)


高そー(笑)




~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~

あははは~~~(^^
でも良かったです!!

こうした有り難いご感想を頂けるなんて、クラフトやっていて、HAYABUSA作っていて本当に良かったとおMOIます(^^



ちなみに、あの!ドライバーの発売までまだまだ時間はありますから、じっくりとお金を貯めてお待ち下さいませm(_ _)m

ドライバーだけとっ散らかるって経験、皆さんはありませんか?

私はチカラを抜いて振るとほぼ確実にドスライスですし、逆に頑張って振るとドフックやチーピンになることが多いボトムアマチュアの代表みたいな感じです(^^;;


先日、某メーカーが開発中のドライバーを試打させて頂いたのですが、そのドライバーの重心距離はなんと32mm。

しかもイマドキのドライバーらしく、そこからさらに重心距離を短くしたり長くしたり出来るんですね。
重心深度もかなり変えることが出来るので、非常にチューニングのやりがいがあるいい素材です。




ちなみに、スプーンの平均的な大きさは200cc弱なのに対して、ドライバーは430~460ccです。

大きいとその分重心距離が長くなる傾向があります。

スプーンの平均的な重心距離は33mm程度なのに対して、ドライバーの平均的な重心距離は39mm程度。 ドライバーは平均でも6mm重心距離が長いんです。

同様に大きくなると重心深度も長くなる傾向があり、ドライバーの平均的な重心深度は37mm程度なのに対して、スプーンの平均的な重心深度は32mmとなっています。

この重心距離と重心深度の差がFWは打ててもドライバーがとっ散らかる原因のひとつと言えます。



では、重心距離が長いとどうなるのか?

http://gridge.info/articles/4191


一般的に優しいと言われている大きなヘッドの長い重心距離。

実は一概にそうも言えないのかもしれませんよ(^^;;

5月6月はRODDIOのハイブリッドUTなどの新製品が多く、MOIマッチングのご依頼も多かったのですが、8月に入ってご依頼も落ち着いているようです。

あまりたくさん詰め込むと新工房の作業も出来なくなるので微妙ですが、今からでしたらそれほどお待たせしないでMOIマッチング作業も出来ますので、皆様からのMOIマッチングのご依頼をお待ちしておりますm(_ _)m



ご依頼、お問い合わせはseabose@me.comまでお願い致します。
工賃は1本5,500円、送料は全国均一で1,500円。
グリップは基本新品を挿しますので、別途グリップ代がかかります。


人気のバフィーが揃い踏みです。


どちらも圧倒的な飛距離性能を誇るFWだからこそ、MOIマッチングでその性能を最大限に引き出してやりたいと思います!!







クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから2~3週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。

↑このページのトップヘ