ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

カテゴリ: MOIマッチング

石川遼プロの記事で石川遼プロが以下のようにお話されているとの報道があります。

「ドライバーとスプーンで長さが1.5インチしか変わらないのに、スプーンでは打ったことのないミスショットがドライバーでは簡単に出てしまう。大きいヘッドに対してついていけていない感じが、5年くらい続いている」


キャロウェイさんとしても困った問題だと思います(^^;;

良いクラブ作っているのに、石川プロほどの実力を持つプロがついていけないというのは出口の見えない問題だとお感じになっていることでしょう。

当然原因を探し、対応策をいくつも考えて対応されていると思います。ですが、まだ出口は見えていませんよね?

ヘッドの大きさから来る重心距離の長さ、そしてそこから来るネック軸周りMOIというところまではお気づきになられていると思いますが、それでも上記のような状態が続いているのは・・・。


それは間違いなくクラブMOIの問題だと考えられます。


クラブMOIに関してはBoseIronFactoryは日本一の取扱数で、ノウハウも数多く持っています。

僭越ではありますが、キャロウェイさんには絶対に持っていない知識と経験があります。


宜しければお手伝いさせて頂けませんか?


私の連絡先は以下の通りです。
決して損はさせませんし、口外もいたしませんのでその点はご安心ください。

よろしくお願いいたします!!


080-5444-0101もしくはseabose@me.comまで!!

石川遼プロ
「ドライバーとスプーンで長さが1.5インチしか変わらないのに、スプーンでは打ったことのないミスショットがドライバーでは簡単に出てしまう。大きいヘッドに対してついていけていない感じが、5年くらい続いている」

1.5インチ違ったら全然クラブMOIは変わります。
大きいヘッドでネック軸周りMOIが高いのが合わないということもありますが、原因はそれだけじゃないと思いますよ(^^

もし私達に相談してもらえればすぐにでも解決する可能性は高いですよ( ´ ▽ ` )ノ
5年も悩んでいらっしゃるのでしたら、クラブMOIマッチングを試して見る価値はあるのでは無いでしょうか?
万が一ダメでも石川遼プロならいつでも元に戻せますしね(^^
(もちろんダメってことは無いと思いますが・・・)

もしこれをご覧の方で、石川遼プロと連絡取れる方、下記の連絡先とクラブMOIマッチングというチューニング方法があることを石川遼プロにお伝え頂けないでしょうか?

用具契約があるのは重々承知の上ですので、キャロの方とお話することももちろんOKです!!

080-5444-0101もしくはseabose@me.comまで!!

BoseIronFactoryには究極に精度にこだわったクラブMOIマッチングを行うプレミアムプランというのがあります。
調整方法は基本的に通常のプランと同じですが、最終的に狙い値からプラスマイナス0.4kg-cm2の範囲に収めるという、どちらかというと私個人(だけ?)の拘りのプランです。

料金は1本15,000円と高額ですが、当初1ヶ月で1セット(6本以上)のみの限定で行っていますが、毎月複数のご依頼が来ていますので、時間を作ってもう少し行っている状態です。

ぶっちゃけ、こんな高い調整料金ではご依頼なんて来るわけないと高をくくっていました。

しかしながら、現在お待ちいただいている方の中にはプレミアムプランのリピーターもいらっしゃいますし、プレミアムプランを行ったご依頼主様からは本当にやって良かったという感想を頂いています。

こんなことを書いたらまたお叱りを受けそうですが、通常プランとプレミアムプラン、どちらも違いを感じられる程のものはありません。

ただ、プレミアムプランに関しては価格の違い以上の時間を手間暇をかけて行っていますので、そのこだわりの部分(数値や感覚に現れてこない部分)に関して価値を感じてくださる方のみのご依頼で良いと考えています。

プレミアムプランのご依頼は、seabose@me.comまでお願いいたします。

T島さんと言えば、ゴルフ業界の中でもかなりの目利きでお馴染みです(^^

そのT島さんが購入されたのが、HAYABUSAノーマルバージョンの最後の1セット。
(HAYABUSAノーマルバージョンの後継は現在鋭意製造中です)

IMG_1847
こちらがノーマルバージョンの後継モデルの試作品
その名も「HAYABUSA」です(^^

ということで、T島さんから頂いた感想をば。(カッコ内の赤字は私の注釈です)


~~~~~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~~~~~~


こんにちは メッチャいい感じです 感想はこんな感じ。
まず、ハンドファーストに構えても、突っかかりそうもなく。開いても違和感がない構えやすい顔。そして小さすぎず大きすぎないサイズ。ソールは曲線で面になっている部分が無いが、幅だけ見ればかなりワイドソールとなっている。

以前の試打したHAYABUSAとは、違うロフト角をオーダーしたが、他のウエッジのように、ロフト調整ではないので、顔やソールの感じが変わらない。オーダーが入ると、ロウヘッドのネックを曲げて、再研磨して、メッキするするとのこと。ロフト角にこだわりがある人はこの仕組みは嬉しい。単にネックを曲げで調整するだけでは、当然顔も、バンス角もかわり、ソールの機能は100%にならないと思われるからだ。(はい。その通りです。HAYABUSAは全てにおいてこだわり抜いた最高のウェッジを!!というコンセプトで作っていますので、曲げてからファルコン自身が再度研磨して、顔つきもバウンスもソール形状も変わらないようにしてからメッキをかけます。単に曲げるだけでは曲げ痕が残りますが、予め少し重めにしておくことで研磨してもMOIマッチングに十分な重量になるようにもしています。低めのMOIが適正MOIの方には顔つきもソール形状もバウンスも変わらないようにしながら重量だけ落とすという研磨をすることも。)

打ってみると、ボールに当たる音が気持ちよく伝わってくる。『抜けがいい』と言われるウエッジ、実はあまり得意ではない。ボールの手前に入ったヘッドが抜けてしまうと致命的なミスになるからだ。しかしHAYABUSAはヘッドが手前から入っても、一度地面を受けてから、ボールがヘッドに当たる。アベレージゴルファーだと少し手前に入った事に気が付かないかも?と思うぐらい、地面とのコンタクトがいい。

地面とのコンタクトしてくれたあとに、抜けるのでミスに強いわけだ。その時のヘッドの減速が殆ど無い、ウエッジが柔道で言えば『受け身』をしてくれる。ハンドファーストに構え、ヘッドをまわしながらソールを地面にコンタクトするかしないかぐらいで入れるときに、突っかから無く低く抑えた球が打てる。何だこれはと思う、コレは楽しい。アプローチ練習場にこもりたい。(はい。ここもその通りです。地面とコンタクトしても通常のソールのようにブレーキがかかることはありません。そのためボールコンタクト直前にヘッドスピードが落ちるということが無いように設計しています。)

打感は気にならないと公言にしているのだが、ボールがズーンと乗ってる感は癖になる。そしてオートマチックに打っても、ややこしい打ち方しても、ノープロブレムなこと、やさしいウエッジというのは『こういう打ち方したらやさしい』という前置きがあるもの。HAYABUSAにはそれがない。インサイドからヘッドを入れても、カット軌道で入れても、プレーンに乗せてスパッと打っても、気持ちよく決まる。(ここが一番苦労したポイントです(^^;;私のようなボトムアマチュアは『こういう打ち方をしたらやさしい』という打ち方が出来ません。ダフったりチャックリ、ざっくりした次のショットではダフリやチャックリが怖くてトップするんです。それを防止するには多少ダフり気味、チャックリ気味に入ったとしてもダフらない・チャックリしないソールにするしかありません。ましてや、グリーン周りで使うことの多いウェッジです。グリーンが周りより低くなっている(すり鉢の一番下にグリーンがある)ゴルフ場はほぼありませんから、グリーン手前からでもグリーン奥からでも横からでもほぼ確実に左足上がりのライになります。そうしたライは水平なライよりも何倍もダフったりチャックリザックリしやすい。そうした左足上がりのライにおいてもやさしいウェッジを作るために、HAYABUSAの設計をして、様々なゴルフ場の様々なライから何千もの試打を繰り返してようやく作ることが出来ました。)

飛びすぎないウエッジなので、アプローチイップスな人にもぜひお勧めしたい。勇気を持って振っていけばそれに答えてくれるはず。LimitedForgedというさらなる限定モデルがあるが、ノーマルでこれならどんなにいいんだろうと思ってしまった。弱点は、『ウエッジは消耗品』と思っている私でも、美しいので使い込んで劣化していくのが忍びないことぐらい。

まだ野芝、高麗芝、バミューダでしか試していないが、洋芝のラフで打ってみるのが楽しみでならない。


~~~~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~~~


弱点は使い込んでいくのが忍びないことだけって、褒めすぎです(^^;;
まぁ、実際に弱点は価格くらいで他はほぼ無いと思っていますけど・・・(笑)

ちなみにT島さんも皆様と同じ価格でご購入いただきましたので、ご心配なくです(^^;;
(この感想も原稿料とかは発生してません)

残念ながらHAYABUSAのノーマルバージョンはT島さんにお買い上げいただいたもので最後です。試打用として作ったものもシャフトを変えて三木龍馬プロに使っていただいてますし(三木プロ、HEIWA PGMカップお疲れ様でした!!)。

HAYABUSA LimitedForgedは継続販売していますが、現在ヘッドの在庫がほとんどありません(AW2本、SW1本のみ)。
しかも、作るのに恐ろしく時間がかかるので、今年中に入ってくるかどうかもまだ分かりません。

ノーマルバージョンの後継モデルは現在製造中で、年内に入ってくるとは思います。


またまた嬉しいご感想をいただきましたので、掲載させていただきますね(^^


~~~~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~~~

本日の初ラウンドの感想です。

8Iで力まず150Y飛び、気持ち良く振りぬけます。
飛びすぎの懸念もありましたが、グリーンでしっかりとスピンが効いて止まりました。
6Iで180yワンオン!信じられないです。
4Iの不安一切無し。気持ちよく真っ直ぐ飛んできます。
アイアンでティーショット癖になりそうです。

アドレス時の安心感があり、打感も抜けも良いです。
どんなライからも不安無く打てました。

HAYABUSAはもっと凄かった!!
100Y以内のどんなライからでも気持ち良く振り抜けます。
多少のラフは関係ありませんね。

バンカーにはいっても一発でスパッとでました。
これまでのウエッジ史上最高の安心感と安定感
いままではバンカーに入ったら絶望的な気持ちになりましたが
楽しく脱出出来るので、気持ちがかわりました。

ほぼブツけ本番でしたが満足なスコアが出て
驚いています。
今までのアイアンやウエッジもマッチングしてもらっていましたが
新しいセットでゴルフ感が変った1日でした。

~~~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~~~

このお客様は本州のお客様で、毎年弟子屈までいらっしゃってくださっている方ですが、いらっしゃっていただいたのにも関わらず、実は1回もスイングを拝見したことがありません。

スイングを見なくとも、ここまで出来るのは、やはりMOIマッチングならではでしょうね(^^



IMG_1842
写真はNEW HAYABUSAのPROTOTYPEです( ´ ▽ ` )ノ

またまた感想をいただきましたので掲載させていただきます。

純鉄アイアン1008

MOIのおかげで、とにかく真っ直ぐ飛びます。

飛距離も飛び過ぎます。

9Iで140yも飛びます。

ロフトが立っているので当然かも知れませんがコースに出るのがこわいです。

4Iでは200Y真っ直ぐに飛んでいきます。

ウエッジは何度打っても115yに落下し打感は非常に軟らかく最高です。

今日の感想でした。


IMG_0607

写真は実物とは異なります。


三浦のヘッドはもともと良いヘッドです。
ですが、単に組み上げるだけではその性能を100%引き出せるとはいえません。
せっかくの良いヘッドですから、MOIマッチングを行うことで更に完璧なものにしてみませんか?

MOIマッチング®専業になってから、ず~っと同じ工賃でMOIマッチングを行ってまいりましたが、9月1日受注分より値上げをさせていただきたいとおMOIます。

今までの基本工賃5,500円(税抜き)より6,800円(税抜き)に値上げさせていただきます。

理由といたしましては、
1.数多くのお弟子さんを持つようになり、お弟子さんとほぼ一緒の5,500円で私がMOIマッチングを行うと、私の所にばかり依頼が来るようになり、お弟子さんの所にあまり依頼が行かないということ。

2.一次MOIの調整も並行して行うことが多くなり、今までの工賃では作業量も増え、更には部品代等がショートすることも多くなってきたこと。

などです。

2に関してはまだ多少は頑張ることも可能ですが、1に関してはいかんともし難い状況があります。

また、最初期にセミナーを行った際に弟子となった人たちの中には、ほとんどMOIマッチングを行っていない人もいるようです。
ほとんどMOIマッチングを行わなかったとしても、こちらにいろいろと連絡を頂ければいくらでもお教えすることは可能ですが、中にはもう3年も全く連絡をしてこない人もいます。

そうした最初期のお弟子さんと私の間に技術的な差がかなり大きく開いているという面もあります。

最初期の頃には一次MOIのことはあまり考えられていなかったので、特に一次MOIに関しての差は広く開いていると思われます。
MOIマッチング自体が最新のクラブチューニングですから、技術的な部分、ノウハウの部分、様々な点で最初期から相応の進歩をしているのですが、流石に私と距離を取って何の連絡も無いような方にはお教えしようもありませんので、そうした方とはノウハウや知識の面でも差がついていると思いますし。


そんな中、昨日まで弟子屈に研修に来ていた羽鳥さんのギアサポートや林ゴルフ工房などの前向きな方と同じ金額でやっていたのではなかなかそうした方たちにMOIマッチングの依頼が行っていないということも聞きました。
やはり同じ料金で師匠と弟子であれば師匠の方に頼みますもんね(^^;;

急な値上げで申し訳ございませんが、本日までにお問い合わせ・ご依頼頂いた方にはもちろん今までどおりの5,500円(税抜き)の基本工賃にて行いますのでご安心くださいませm(_ _)m

平均スコア70台前半の今野一哉(こんちゃん=蝶首亭最高)プロがMOIマッチングをして平均ストロークで1.5打良くなった。

これを一般アマチュアの平均スコア80台や90台、100台のゴルファーなら3打とか5打、10打位に値するというくらいすごいことなんですね。



MOIマッチングを大したことないと思っている人がほとんどでしょうが、大したことなかったらこんな北海道の超ド田舎の辺境の秘境の地の涯で毎日20時間近く、ほとんど休みなしに働いて無いです(笑)

という事で、いただきました感想をば。


~~~~~~ここから~~~~~~

ファルコンまつばら 様

 

お世話になります。

○○県△△市の○○です。

 さて、忙しくてなかなかラウンドできない日々が続いていましたが、ようやくお盆に
行けましたのでその感想を。

まずは再調整していただいたアイアン。

今まで腕時計をつけてラウンドしていましたが、それが必要なくなりました。

と言いますか、腕時計をつけると振りづらくなってしまいました。

そういう調整をしていただいたんですね。

(ファルコン注:MOIマッチングは日々進化し、日々新しい発見があります。この方もスイングが進化し、当初のMOIマッチングでは少しばかり合わなくなってきた面もあると思われます。適正にクラブMOIマッチング®されたクラブの場合はMOIマッチングしたクラブ全てで同じような球筋の変化がありますので、日々進化していくMOIマッチングのノウハウによって再調整させていただきました)
 

何も考えずに振ると、フック系の球筋は変わらず曲がり幅がめちゃくちゃ小さくなり
ました。

なんだかかっこいい球筋(俗にいうドロー?)で、上手くなったのかと錯覚してしま
うほどです。

相変わらずスライス系の球は打てませんが、フック系なら曲がり幅を(大まかに、で
すが)コントロールできちゃいます。

事実ラウンド中も暴れることは一切なかったです。

たまに出ていた、力みからくるセカンドOBももちろんゼロ。

曲がり幅の計算できるクラブでのラウンドは本当に楽しいです。

結果を心配することがないですからね。

ショットには心の安らぎが大切ですから。

 

1回だけちょっと距離稼ごうととマン振りしてみたのですが、かなり強めのフックが
出ました。

OBにはならなかったのですが、気分的に7割スイングぐらいが一番きれいなドロー
で方向性が安定する感じがします。

やはり欲はかかず、力抜いて楽に打っていくほうがいいですね。

ファルコン様の調整はそんなことも教えてくれるんですね。

(ファルコン注:基本ストレートにすることが多いMOIマッチングですが、この方の場合は強いフックからドローに変わるように再調整を行いました。ただし、マン振り基準では調整はしません。何故ならば毎回同じようにマン振りは出来ませんし、18ホールマン振りを続けることは無理がありますので。そこで7割程度で力を抜いた安定したスイングを基準に調整します) 
 

次に新たにMOIってもらいましたドライバーです。

ラウンド前の練習場が初打ちでした。

懸案だったダッグフックは出ません。

が、やっぱりフックが強め。

そろーりと当てにいっても強めのフックが出ていました。

で、ヘッド先に鉛ちょっと貼っていい感じのドロー系に。

自分には難しめのヘッドでしたね、これは。

(ファルコン注:正直言ってここに関しては私の調整ミスです。少し迷ったのですが、もう一つの考えの方で調整するべきだったのかと思います。お送りいただければ、再調整致しますのでお知らせくださいね)
 

そして相変わらず弾道は低め、ラン多めです。

OBはゼロ。

FWキープ、9/12。

これ、自分としては本当に珍しい。

もっとロフトあるものにしたほうがいいかなとも思いもしますが、結果だけ見れば完
璧でした。


鉛の件含めて再調整をまたお願いするかもしれませんが、もう少し現場で打ってみて
から考えたいと思います。

(ファルコン注:ありがとうございます。このドライバーヘッドはここ一発の飛距離はありますが、少し球も上がりにくく難しい部類に入るドライバーヘッドです。再調整の際には鉛を外してもキレイなドローが 出るように調整致しますので、よろしくお願いいたします)

 

そして春からの相棒HAYABUSAウェッジ。

言わずもがなです。


6,581ヤードでちょっと長かったこともあり、パーオン率は低かったです。

というか、パーオンなんて自分レベルではなかなかしません。

しかしながら、アプローチがことごとくピタッと決まり、終わってみれば総パット数
24。

今までの総パット数がだいたい31,2ですから、いかにHAYABUSAウェッジ
がよかったか伝わるでしょうか。

バンカー、夏ラフ関係なし。

スパっと抜けてふわっと浮いてトン、コロコロ、ピタ!っと止まる。

チップイン2回。

素晴らしいです、このウェッジ。

ラウンドするたびに感激しています。

(ファルコン注:ありがとうございます!!そうなんです。HAYABUSAって実はすごいんです。もちろん見ただけではその凄さは伝わりません。実際に芝の上から、砂の中から打ってみないと・・・。ぶっちゃけますと、買わない人、打ってみたことない人は可哀想だと思っています。自画自賛ですが、ウェッジの歴史を変えてしまうほどの性能がHAYABUSAにはあるのですから。) 

 
以上のような感じでの今回ラウンドの結果ですが、なんとベスト更新しました。

それも3打も(具体的な数字はへたっぴで恥ずかしいので勘弁してください)。

2年以上更新できていなかったんです。

最終ホール、更新確実と分かって感無量で、最後のパットはしびれちゃいました。


(ファルコン注:いえいえ、すでにお持ちの実力です(^^ HAYABUSAもアイアンもドライバーも○○様が本来の性能を引き出せるようにしただけですので。)
 

こんな魔法の杖をたくさん創り出してしまうファルコン様。

神?

魔女?

あ、男性だから魔人?

とにかく感謝、感謝、感謝、です!

 
(ファルコン注:真面目な話、キチンとしたMOIマッチング出来るところでしたら、どこもこの程度は出来るはずです。キチンとしたMOIマッチングが出来ないのに、MOIマッチングの評判が良いからと言う理由ではじめたところはもうほとんどMOIマッチングに力を入れてやっていませんから)
 

なんでみんなMOI調整しないかなあ。

再調整まで無料でやってくれるし、損することないんだけどなあ。

(ファルコン注:BoseIronFactoryに関しては再調整が無償なのはそれだけの自信があるからです(笑)
再調整無料というのはJCMO認定店に「出来る限りやってくださいね」とお願いはしていますが、強制まではしていません。多くの認定店ではやってくれると思いますが、認定店では無く、再調整でお金を取るところはよ~くそこの仕事を見てからでも遅くはないでしょう。)


心の底からそう思います。

 

ありがとうございました。


~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~

こちらこそありがとうございました!!引き続きよろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ



ちなみにですが、今からのMOIマッチングのご依頼ですと、9月中旬お預かりで9月下旬のお戻しになります。
MOIマッチングやりたいけど、BoseIronFactoryだと時間がかかるので嫌だ!!という方はお近くのJCMO認定店(技術とノウハウは私が保証します)をご紹介しますので、seabose@me.comまでお問い合わせください。
(JCMO認定店でも得意不得意や純正部品の取扱がないところもあるので、ご相談頂いたほうがよろしいかと)

IMG_1741
IMG_1740


三浦CB-1008 99.3Pure。
純鉄ウェッジの打感に打ちのめされた方にはお勧めです。

4ーPWの7本セットは150セット限定になります。

通常在庫は持たないBoseIronFactoryですが、今回に限りご予約分の他にも4-PWのセットをご用意しております(単品販売、5-PWのセット販売は致しません。また全てMOIマッチングしての販売となります)。

ご用意している数に限りがございますので、純鉄アイアンが欲しい方はお早めにお問い合わせください!!

016年2月の発売以来、上級者の好む小ぶりなヘッドでありながら、あらゆる使い手にも馴染む易しさを併せ持ち、多くのゴルファーに支持頂いたロングセラー商品「CB-1008」を、ウエッジで使用し打感の良さが際立つPure Iron 99.3(純鉄)にて制作したモデルを300セット限定でご用意いたしました。 純鉄を表す刻印をあしらったこだわりの純鉄鍛造ヘッドであるだけでなく、従来品とは異なるサテンミラー仕上げで、全体的に丸みを持たせた限定用スペシャルチューンスペックでお届けいたします。 8月24日発売 #4-P 7本セット  ヘッド価格:168,000円(税別) 181,440円(税込) ※ ヘッドの詳細なスペックに関しましては、三浦技研オフィシャルWebSiteを御覧ください。 ※ ヘッド単体での販売は行いません。 ※ 4-PWの7本セットのみでの販売です。 ※ 着手金としてヘッド価格相当の181,440円を頂戴いたします。 ※ シャフト・グリップ、MOIマッチング組み上げ工賃に関しましては別途頂戴致します。 ※ ご予約時にご希望のシャフト・フレックス・グリップをお知らせいただけましたら、メールにて最終的な価格を算出してお知らせいたします。 ※ 弊社からのメールはseabose@me.comからお送りいたしますので、受信設定をお願いいたします。 クラブMOIマッチングがはじめての方は、適正クラブMOIを決定するために現在お使いのアイアンセットの中から振り心地が良く、結果も良い番手(得意クラブ)を1本お送り頂く必要がございます。 詳細はメールにて打ち合わせながら決めていきますので、seabose@me.comからの受信が出来るようにしておいてください。


↑このページのトップヘ