ゴルフ北の国から〜MOIマッチング編〜

ゴルフトゥデイの連載「ゴルフ〜北の国から〜」と連動し、クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからをお届けします。

カテゴリ: MOIマッチング

Titleist915D3のMOIマッチングのご依頼をいただきました。

Titleist915D3の場合はヘッド後方のウェイトで調整が出来ますし、社外品でいろいろな重量のものがでていますので、今回のオーナーさんも社外ウェイトの17g若しくは14gに変更してヘッドを重くした分、バットカットでご自身の振りやすいところまでセルフMOIをされていると言う状態での入庫です。

そこまでご自身でやった上でご依頼を頂いていますから、単にウェイトの調整だけでお戻しするわけには行きませんです(笑)


オーナーの915D3での球筋なども存じ上げていますので、球筋がイマイチ安定しない原因はMOIだけでなく重心距離、重心深度にもあると思われます。


オーナーからは17gのウェイトを中心に調整して欲しいとのことでしたが、17gそのままでは深くて長い重心はそれほど動きません。

ですので、14gのウェイトを使って余った3g分の重量をジェルで調整です。

BoseIronFactoryの場合、ジェル自体もいくつもの種類を取り揃えていて、今回は通常温度では硬く、動きにくいジェルを使います。
ウェイトの穴から温めてゆるくなったジェルを3g程度入れ、ヒートガンではなくドライヤーの熱でヘッドを50度くらいになるまで温めてやります。
そうするとジェルが移動してくれるので思い通りの位置に来た頃合いを見計らって熱を加えるのを止め、ゆっくりと冷やしてあげればジェルは固くなっていい位置で固定されます。

3g程度では正直それほど変わる訳ではありませんが、このオーナーの場合は相当にセンシティブな方ですのでそれで充分なはず・・・。

2017-09-05-15-14-46


その後は狙い値になるまでバットを削って(カットではありません(笑))、グリップを挿して完了です。

明日から遅い夏休み(なのか?)を頂きますので、今日もがっつりとMOIってますよ(^^

そうそう、明日は女満別空港からのフライトなので、いつもの癖で釧路に行かないように注意しないと”行けません”ね(^^;;



さて、6日から10日までお休みを頂く訳ですが、9月10日以降のMOIマッチングやその他作業に関しては今現在それほど多くのご予約を頂いていない状況ですので割と早めにお戻し出来るとおMOIます。

「MOIマッチングしたいけれどラウンド予定も結構はいっているからなぁ・・・。」と言うそこの貴方!!チャンスですよっ!!←仕事が常に詰まっていないと極小企業は不安なんです・・・(^^;;

クラブMOIマッチングは1本5,500円、グリップ代・送料別途(それぞれ税抜き)となっています。

送料に関してですが、皆様ご存知のように近々値上げされますので、それに伴いBoseIronFactoryとしても送料を値上げせざるを得ません(^^;;

9月いっぱいのMOIマッチングのご依頼に関しては今まで通りの全国一律1,500円(税抜き)にて承りますので、皆様お早めにご依頼いただければとおMOIます(^^


IMG_9003
9211-2




なお、HAYABUSAのご購入をご検討中の方にお知らせです。
HAYABUSAは高額ではありますが、コストと手間がかかりすぎ、作れば作るほど赤字になってしまうウェッジです。

もちろんHAYABUSA自体がMOIマッチング専用であるということもありますが、当面の間のご購入はBoseIronFactory若しくはJCMO認定店でMOIマッチングされた方に限らせていただきます。
HAYABUSA自体がMOIマッチングをご贔屓にしていただいた皆様へのお礼の意味を込めたウェッジということで、何卒ご了承くださいますようお願い致します。

ちなみに「HAYABUSAが欲しいのでMOIマッチングする!!」という方でもOKですよ(^^

MOIマッチング自体、「やって損した!!」という方はお一人もおらず、皆さんに「もっと早くやれば良かった!!」と言っていただいておりますので、絶対に損はさせませんので・・・(^^)v

(「MOIマッチングがどうしても合わなかったら全額返金&元に戻すキャンペーン」はBoseIronFactoryが存在する限り継続しております。今までお一人もいらっしゃいませんから、それだけの自信がある!ということですので(^^;;

早速ですが、ご感想です(^^

JCMOオリジナルのMOIマッチング専用アイアンJCM-03Cavityの4-PWと、HAYABUSAノーマルバージョンのご依頼を頂いたお客様です(^^

~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~


本日、○○CCでニューアイアンデビューしてきました。
そして。

ベスト更新しましたー‼︎

 練習2回で実戦投入してこの結果は…(//∇//)

JCM-03とHAYABUSAのおかげとしか言いようがない(´∀`)

ぶっちゃけJCM-03、今までのアイアンよりトップブレード薄くて見た目で無理かも…と思ってましたよ…。わははっ。

でもでも、やっぱりMOI専用設計。

そして魔法をかけてもらってました‼︎ ありがとうございます。

作っていただいて良かったです(*´꒳`*)

しかもパターアプローチを今日は一回もしてない!

これは私の中ではあり得んですW(`0`)W

HAYABUSAもさらに使いやすくなってしまいましたとさ。




次の野望は。


あのドライバーです( ̄◇ ̄;)


高そー(笑)




~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~

あははは~~~(^^
でも良かったです!!

こうした有り難いご感想を頂けるなんて、クラフトやっていて、HAYABUSA作っていて本当に良かったとおMOIます(^^



ちなみに、あの!ドライバーの発売までまだまだ時間はありますから、じっくりとお金を貯めてお待ち下さいませm(_ _)m

ドライバーだけとっ散らかるって経験、皆さんはありませんか?

私はチカラを抜いて振るとほぼ確実にドスライスですし、逆に頑張って振るとドフックやチーピンになることが多いボトムアマチュアの代表みたいな感じです(^^;;


先日、某メーカーが開発中のドライバーを試打させて頂いたのですが、そのドライバーの重心距離はなんと32mm。

しかもイマドキのドライバーらしく、そこからさらに重心距離を短くしたり長くしたり出来るんですね。
重心深度もかなり変えることが出来るので、非常にチューニングのやりがいがあるいい素材です。




ちなみに、スプーンの平均的な大きさは200cc弱なのに対して、ドライバーは430~460ccです。

大きいとその分重心距離が長くなる傾向があります。

スプーンの平均的な重心距離は33mm程度なのに対して、ドライバーの平均的な重心距離は39mm程度。 ドライバーは平均でも6mm重心距離が長いんです。

同様に大きくなると重心深度も長くなる傾向があり、ドライバーの平均的な重心深度は37mm程度なのに対して、スプーンの平均的な重心深度は32mmとなっています。

この重心距離と重心深度の差がFWは打ててもドライバーがとっ散らかる原因のひとつと言えます。



では、重心距離が長いとどうなるのか?

http://gridge.info/articles/4191


一般的に優しいと言われている大きなヘッドの長い重心距離。

実は一概にそうも言えないのかもしれませんよ(^^;;

5月6月はRODDIOのハイブリッドUTなどの新製品が多く、MOIマッチングのご依頼も多かったのですが、8月に入ってご依頼も落ち着いているようです。

あまりたくさん詰め込むと新工房の作業も出来なくなるので微妙ですが、今からでしたらそれほどお待たせしないでMOIマッチング作業も出来ますので、皆様からのMOIマッチングのご依頼をお待ちしておりますm(_ _)m



ご依頼、お問い合わせはseabose@me.comまでお願い致します。
工賃は1本5,500円、送料は全国均一で1,500円。
グリップは基本新品を挿しますので、別途グリップ代がかかります。


人気のバフィーが揃い踏みです。


どちらも圧倒的な飛距離性能を誇るFWだからこそ、MOIマッチングでその性能を最大限に引き出してやりたいと思います!!







クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから2~3週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。

皆さん、こんち~す(^-^)/

見た目が怖いのでせめてブログや記事だけは実際の性格通りに(笑)、優しくしてみようと思ったファルコンです(^^;;

さてさて、今回は方向性を決めるのはライ角だけじゃないよ。ということを優しく書いてみようと思いまっする(^^
これはGridgeに寄稿した原稿をブログ用に加筆修正したものですが、Gridgeに掲載されたらアクセス数やいいね!!の数で原稿料が変わってくるので、Gridgeのほうも是非是非お読みくださいませですm(_ _)m




ライ角は大切です。

ライ角が適正にフローしていないと、特定の番手だけ方向性が定まらなかったり、スライスだけとか、フックだけとかといったおかしな方向に定まってしまう場合があります。

アイアンやウェッジでの方向性に問題がある時はまずライ角を疑ってみましょう。

でも、もしライ角を調整しても上手く行かない場合は違うところに原因があるのかも・・・?



方向性が悪い時はまずライ角を疑いましょう!!

ロングアイアンが苦手な方、多いですよね・・・。

ロングアイアンが苦手な方の多くは球も上がらず、右に出てそのままスライスしていくというパターンかと思われます。

アイアンセットの場合、ほとんどの場合ロングアイアンからショートアイアンにかけて0.5度刻みでライ角がフローしていきます。

上記のようにロングアイアンで右に行き、ショートアイアンで引っかける場合はライ角が合っていない可能性を一番先に疑うべきですし、費用もそれほどかかりませんから、ぜひお近くのゴルフ工房へご相談されてみてください。

ゴルフ工房に行きにくいと言う方、ゴルフ工房に行ったら高いクラブを買わされるんじゃないかと心配な方もいらっしゃるとおMOIますが、余程酷い所でない限りそのようなことはありませんからご安心くださいね(^^



ライ角調整のためにゴルフ工房に行ってみよう(^^

ファルコンまつばらのBoseIronFactoryは北海道の超がつくド田舎にありますから、物理的に行きにくいですが、大手量販店さんでも町のゴルフ工房さんでもライ角調整が出来ない工房さんはほとんどありませんから大丈夫です。


店舗外観3
写真のゴルフ工房はJCMO認定店でもある、林ゴルフ工房さんです。
お店自体は小さいですが、林さんのガタイは大きいです(笑)
でもとても細かな作業も丁寧にやってくれますし、都内唯一のJCMO認定店ですから、腕の確かさは皆さんに保証します(^^)v




実際にライ角を調べてみたらキチンと合っていたと言う場合もあります。その場合は測定の工賃だけで済みます(無償で計測してくれるところも)。まずは一安心です。

逆に有名メーカーのアイアンや高額な地クラブでもライ角がズレている場合もありますから、ズレていた場合は迷わずライ角調整をしてもらいましょう。

ライ角調整は1本500円程度が平均ですので、7本調整しても3,500円程度で済みます。同時にロフトも調整してもらえるので、飛距離の階段がバラバラな場合は3,500円程度で飛距離も方向性も良くなる可能性が高いですし。



ライ角を合わせてもダメな場合は?


前に「ライ角でどの程度方向性に影響が出るのか検証してみた。」と言うタイトルでGridgeにも書きましたし、ライ角の件はこのブログにも書きましたが、実はライ角で出球の方向性が変わる量はそれほど大きくはありません。
なので、0.1度単位でライ角を調整してくださいとか、0.5度ではなく0.4度、0.6度と言った具合に微妙に変わっている場合はそれほど気にする必要はありません。
1度や2度ズレている場合ですとライ角だけで変わってくる方向性だけでなく、ソールの接地具合の変化によって相当球筋が変わってくる場合もありますから、その場合は迷わず調整してもらうべきですが・・・。

ただし、「ライ角でどの程度方向性に影響が出るのか検証してみた。」では出球の方向性だけで、サイドスピンに関しては考慮していません。

サイドスピンを考慮にいれるためには試打マシンを使って、スイング軌道が1mmもズレないことが必要ですが、人間の場合はトーナメントプロでも毎回必ず1~2度のスイング軌道のズレがあり0.5度の検証を行うのには無理がありますから・・・。

実際には出球の方向性だけでなくサイドスピンによって"曲がっていく"部分もありますから、右に出て更に右にスライスしていく場合や、左に出て更に左に曲がっていく場合も多いと思われます。




方向性に影響を与えるのは・・・

ライ角が合っていても出球の方向性が悪い場合、原因はライ角だけでは無いということになり、ボールインパクト時のフェースの向きが問題となります。


MOI説明


上記のイラストのAの位置でボールインパクトを迎えれば出球は左方向に打ち出され、イラストのCの位置でボールインパクトを迎えれば出球は右方向に打ち出されることになります。

更にはロングアイアンでは右に行き、得意クラブでは真っ直ぐ、ショートアイアンで左に行くと言う一定の法則がある場合が多いので、ロングアイアンとショートアイアンではどのような点が逆になっているかを考えていけばライ角以外の答えがあるはずです。

実際に何人もの人が打って出球の方向性を見ながら検証していった結果、クラブMOI®(以下®は省略)と言うゴルフクラブ全体の慣性モーメントが原因のひとつであることが分かってきました。



クラブMOIが違うということは・・・


クラブMOIはクラブ全体の慣性モーメントのことを言います。

スイングする時はほぼ円運動と言ってもいいので、クラブを円運動させる時にどの程度のチカラが必要かを数値で表したものがクラブMOIです。

ファルコン自身文系でしたので、皆さんにも分かりやすくご説明すると・・・。

少し極端な例ですが、折りたたみ傘をクラブだと思ってイメージしていただけると分かりやすいかな(^^;;

折りたたんだ状態でスイングしたら、とても軽く振れます。
これがクラブMOIが低いということで、実際のクラブではショートアイアンやウェッジがそれにあたります。

逆に傘の柄を目一杯伸ばしてスイングしたらそれなりに重く感じます。
こちらはクラブMOIが高いということで、実際のクラブではロングアイアンやドライバーなどがクラブMOIが高いクラブになります。




問題は軽くなる割合。

傘自体は同じ折りたたみ傘ですから総重量は変わりません。でも長くなるに連れて振りにくくなることが分かって頂けたとおMOIます。

実際のゴルフクラブではヘッドの重量はシャフトを長くした分に連動させて軽く作っていますが、実のところその割合が問題なんです。
長くなる分軽くなってクラブMOIが同じであれば問題はありませんが、実際にクラブMOIを計測してみると上記のグラフのように長くなるに連れてクラブMOIが高くなる傾向となります。

クラブMOIが高い=振るのにより一層のチカラが必要ということになり、クラブMOIが低い=振るために必要なチカラは少ないということ。

このことはロングアイアンは一生懸命振って、ショートアイアンは軽く振ると言う、多くのレッスンプロなどが言っていることと同じですが、実際には人間の出せるチカラというものはなかなか上手くコントロールしにくい。

特にアイアンで1番手違う場合に変わってくるクラブMOIは10kg-c㎡程度で、重さにして1g前後になってきます。
でも1g分強めに振ったり1g分弱めに振ったりすることを番手を変える度にコントロールしていくのは難しいと言えます。

結果、ロングアイアンは振り遅れることになり、ショートアイアンでは振りすぎてしまう事となります。



ライ角の他にクラブMOIも注目してみよう。

振るためのチカラが上手い具合に出せずにCの位置で当たるロングアイアン。

振りすぎてしまうことでAの位置で当たったしまうショートアイアンやウェッジ。
(ちなみにイラストはわかりやすくするためにかなり極端に書いています。実際にはほんの少しの角度の違いでしかありませんが、そのほんの少しが150ヤード先では相当な違いになってきます。)

これらの振りすぎ、振り遅れを無くし、ちょうどいいBの位置でボールに当てるにはどのようにすれば良いのか?

クラブMOIによってAやCの位置で当たるのですから、クラブMOIを調整していくことでBの位置で当たるようにすることも可能です。
そしてそれがクラブMOIマッチングと言う物理法則に則った最新のクラブチューニングとして注目されている訳です。


具体的には、Bの位置で当たるクラブ=得意クラブのクラブMOI=クラブ慣性モーメントを計測して、微妙に長さや微妙に重さを変えていくことでクラブ全体のクラブMOIを得意クラブに合わせて行きます。
そうして他の番手も得意番手と同じように振ればBの位置で当たるようにしていくチューニングです。

クラブMOIに注目することで、ライ角を合わせただけで治らなかった方向性が安定するかもしれませんよ(^^

劇団ひとり様

アメトーク拝見致しました(^-^

良くぞMOI計測器まで揃えましたね(^-^

MOIにご興味がおありでしたら、きっとこのブログやBoseIronFactoryのホームページにたどり着いていらっしゃることとおMOIます(笑)

MOI計測器の場合、計測自体にノウハウが必要です。ノウハウが無いと効果的なクラブチューニングも難しく、かえって逆効果の場合もあります。

もしよろしければMOI計測器の使い方やクラフトのやり方をお教え致しますので、是非ご連絡くださいませ。

弟子屈に来なくとも、2ヶ月に1回程度は横須賀に戻りますので、その時にでもお教え出来ますよ(^-^

ではではよろしくお願い致します。

連絡先はseabose@me.comまでお願い致しますね(^_^)

昨日の乳アイアンの続きを書こうと思いましたが、なかなか興味深い感想を頂きましたので、そちらの方を載せさせて頂きます。

一部、お褒め頂き過ぎて恥ずかしい部分がありますので、プライベートモードにさせていただきたいと思います。










続きを読む

さすがに「バランスD2で組んでください!!」と言う方はBoseIronFactoryにはいらっしゃいませんが、「クラブMOIは2660kg-c㎡で組んでください」と言ったオーナーはたまにいらっしゃいます。

弊社の場合、クラブMOIマッチング専門店ですので、クラブMOIに関してはオーナーよりもよ~く存じているつもりですし、弊社でのMOIマッチングが初めてのオーナーの場合は問診票のご記入をお願いしております。

問診票を見て、こちらでクラブMOI等諸々の計測をすれば、ほとんどの場合オーナーにとっての適正値が分かりますし、それでもよくわからない場合はメールなどで必要な情報をお聞き致します。

結果、ほぼ100%のオーナーに喜んで頂けるクラブMOIマッチングが出来ていると自負しておりますし、そのために日本だけでなく海外からのオーナー(もちろんお会いしたことのないオーナー)からリピートを含めたご依頼を頂いていると言う状況です。


MOIマッチングの方法に関してのご質問をいただくことも多いのですが、クラブMOIを含めたそのクラブの状況がどのようになっているのかは、クラブがこちらに到着してからでないと分かりません。

基本的には長さと重さの組み合わせで調整をしますが、どこをどの程度重くしたり軽くしたりといったことはそのヘッドの状況や構造によって様々。
状況や構造を実際に見て、オーナーに最適な状態を考えて調整していきますので、どのような調整方法を取るかを処方いたしますので、事前に調整方法をお知らせすることは不可能です。

また、ご依頼いただく数も非常に多く、毎日朝から夜中(場合によっては夜明けまで)クラブMOIマッチングを行っています。
このウェイトを削って調整するのが最善の方法だ!!と考え、そのことをオーナーに事前の了解を取ろうとすると、お返事をいただくまでに早くとも数時間はかかりますし場合によっては数日かかることも。調整方法を詳細にメールに書くのも、1~2時間かかることもございます。

その間作業を止めて、他のオーナーにご迷惑をかけるわけにも行きませんし、最善の調整方法を考えつくのが夜中といった場合も多々ございますので、調整方法に関してはお任せいただくことを前提に作業のご予約をお受け致します。

ただ、決して誤解しないでいただきたいのは、効率や作業時間を優先したいということでは無く、全ての工程に於いて、無限とも言える選択肢の中からオーナーに最善の形を取りたいということです。

効率を優先していたのではクラブMOIマッチングは成り立ちませんから、オーナーにとって最善の形で作業しますので、ファルコンを信用して頼って(信頼)頂きたいということであります。


よろしくお願いいたしますm(_ _)m

↑このページのトップヘ