ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

カテゴリ: MOIマッチング

前の続きです(^^

私のエースドライバーはおそらく、どなたが打っても真っ直ぐ遠くへ飛ぶドライバーになっていると思いますが、自分専用として大きく違うのは、重心距離を短くしてネック軸周りMOIをパーシモンと同じ程度にまで下げたと言うチューニングです。

IMG_3833

これは私が小さい頃からパーシモンを振り回していて、小さいヘッド=ネック軸周りMOIが低いヘッドに慣れているためで、そのチューニング方法は秘伝です(ごめんなさい嘘をつきました)。

簡単に言うとDG-X100にする事でシャフトに重量を持たせること。
シャフトに重量を持たせればその分ネック軸周りMOIは低くなりますし、更に言うとシャフト先端にタングステンのオモリを入れることで460ccでありながらパーシモンと同様のネック軸周りMOIとしています。もちろんヘッドにもネックに近い所に重量を集中させることで対応しています。

このチューニングはスイングによって効果がある場合と逆効果になる場合がありますので、その部分に関しては人それぞれですが、大きいヘッドが苦手でいつまでも馴染めない人にはこうした少し極端なチューニングが効果的という場合も多いです。

試してみたい方は、試打して頂いても構いませんので、ファルコンまでご連絡ください。

ちなみにDGのウッド用は既に廃盤になって10年以上経過していますので、DGはBoseIronFactoryで持っている数本のデッドストックのみとなります。

デッドストックが無くなりましたら、NS.Pro 950D等になりますのでご了承ください。

極論を言ってしまうと、ゴルフクラブの総重量って、キャディバッグから取り出してアドレスするまでの間が一番重要であって、スイングに入ってからはクラブMOIのほうが重要であると私は考えています。

例えば私のクラブセッティングで言うと、エースドライバーの総重量は366gです。

ヘッドはRODDIOのS-DesignOverSizeドライバーですので、最新の460ccヘッドですし、グリップもSTMのG-REXですので、こちらも最新。

唯一重い総重量に寄与しているのは、シャフトが10年以上前に廃盤となっているDG-X100の在庫シャフトを使っている事くらいです。

総重量が重くとも、クラブMOIが適正値であれば何ら問題はありません。


IMG_3833

IMG_3834

このドライバーの場合は、総重量は366gと激重ですが、クラブMOIは2740kg-cm²です。
300gとか310gのイマドキの標準的なドライバーのクラブMOIが2820~2840kg-cm²程度ですから、番手で言うと10番手程度のクラブMOIの低さです。

私だけで無く、どなたが打っても真っ直ぐ遠くへ飛ぶドライバーになっていると思います(^^


現在の在庫状況と作業日程の状況をお知らせ致します。

JJCM-01BLADEの1番、JCM-03Cavityウェッジの52度、58度を除き、全ての度数のアイアン/ウェッジの在庫はございますが、11月12月のふるさと納税返礼品の駆け込み需要で品切れとなる度数等もあると思われます。

お早めのお買い求めをお願い致します。

_E2A0882
_E2A0891


また、現在の作業日程ですが、プロの作業が多く入っておりますが、一般アマチュアの方のご依頼はそれほどございませんので、一般アマチュアのご依頼もさほどお待たせすることなく作業が可能です。
WebShopからのご購入に関しましても同様で、グリップ・シャフト共在庫もある程度持っておりますので、通常より少し早い作業が可能となっております。

11月12月になりますとふるさと納税の依頼が多くなってきますので、お早い段階でのご依頼をお待ちしております。


作業のご依頼は、
seabose@me.comまでメールにてお問い合わせください。


「全てファルコンさんに任せるから、私に一番合うように組み上げてください。」

といった方からのFWの組上げです。

ヘッドはRODDIOのFW(M-1)をR-SOLEでソールチューニングを施します。
シャフトはまだ迷っていますが2つくらいの候補の中から選ぼうと思っています。
グリップはPALMAXのツアーウェーブ。
クラブMOIは2600lg-cm²~2620lg-cm²と低めを狙います。


IMG_3101


IMG_4523
IMG_4525


BoseIronFactoryの場合、こうしたご依頼が割と多いのですが、「全てファルコンさんにお任せします」と言われて作るクラブほど、気合いも感情も入ってより良い物を作ろうという気持ちになります。

そして、このクラブをご依頼者にとって特別なモノとなるよう合わせていこうかと考える時間もまた、特別なものになります。

こうしたお任せの場合、価格もお任せ頂く事が多いので、高いヘッド、高いシャフト、高いグリップと選んでいったほうがBoseIronFactoryとしては儲かるのですが、不必要に価格を上げるために高い部品を選ぶのでは無く、必要で且つ最大の効果を発揮する形でチョイスをします。
経理担当のYoMe3にはナイショですけどね(^^;;

そういう不器用なやり方がそのお客様にとって今後も良好なお付き合いを続けていくポイントなのでは無いかと、ファルコンは考えています。



逆に、細かいことをイチイチ聞いてきたり、あまりクラブの性能に関係の無い指定を細かくされたり、MOIマッチングに悪影響を及ぼすようなやり方や作業の指示をされたり、作業の方法全て報告した上で作る場合は「任せてくれたらこれ以上に良い物作るのになぁ」と少しばかり残念な気持ちになります。

私はもう何年もこの仕事で食べているゴルフクラブのプロフェッショナルです。

対して関係の無いところまで細かく指定されるお客様はゴルフクラブのMOIマッチングも組上げもフィッティングに関してもアマチュアです(決してお客様をバカにしているわけではありません)。


私はプロですから、クラブ造りに関しては常に最善の結果が得られるよう日々検証し、技術を磨き、クラブ造りをする環境やその他の面でも日々良いモノを作るために行動しています。

もちろんより良いクラブを作る事に関して、必要な事、知っておかなければいけないことはキチンとお聞きます。


ですので、どうか安心してお任せくださいm(_ _)m

東京都にお住まいの方から、以下のような嬉しい感想を頂いたので、ご紹介させて頂きます。

この方はHAYABUSA IronとHAYABUSAウェッジを弟子屈町のふるさと納税からお買い上げ頂き、その後パターを除く全てのクラブのクラブMOIマッチングⓇをご依頼頂いた方です。

クラブMOIマッチングⓇも、HAYABUSA Iron、HAYABUSAウェッジも今でしたら在庫ございますので、是非ご用命くださいませ。
特にHAYABUSAを含む新規製作のクラブに関しましては、ヘッド・シャフト・グリップといった全ての部品の値上げにより10月1日から順次価格改定を行いますので、お悩みの方は是非9月中のご用命をお待ちしております!!
_E2A0882


~~~~~~~~ここから~~~~~~~~

昨日試打にコースに行ってきました。
DR,FWとも全くと言っていいほど別物になり振りやすくなりました!
一番驚いたのがSWでのアプローチがものすごくやりやすくなったことです(今更ですが😅)
ティーショット、セカンド、アプローチがやっとおんなじ感覚で振れるようになったのは初めてです!

もう一つ驚いたのがパッティングのストロークがすごく良くなったことです!
おそらくですが常に一定のリズムでクラブを振れることでパッティングも安定しタッチが改善されました。

(ブログ等での)紹介はもちろんOKです!

~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~

JCMO(日本クラブMOマッチング機構)では、工房の方や、クラフトマンに向けたクラブMOIマッチングセミナーを行っております。
クラブMOIマッチングセミナーはテキストや認定後のクラブMOI関連の商標の使用権までを含め、全て無償でて行っており、ご希望の日程にて開催致します。


無償で教えてもらえて、商標まで無償で使えると言う事で、「なぜライバル店を増やす事を無償で行うのか?」という疑問をお持ちになる方も多いかと思います。
クラブMOIマッチングの普及啓蒙を行っていく上で、キチンとしたクラブMOIマッチングが出来る工房を増やしていく事が何よりも大切であると考えているからです。

JCMOのクラブMOIマッチングセミナーを受けずとも、クラブMOIマッチング自体は出来るかもしれません。ですが、JCMOには日本にクラブMOIマッチングの考え方が入ってきた時からの実績と経験があります。
ノウハウの蓄積も理論としての構築も長年の経験と研究から、世界一と自負しております。

JCMOのセミナーを受けて頂く事で、クラブMOIマッチング自体のクオリティを高い水準に保つことでクラブMOIマッチング自体をブランディングしていくと言った考えもあります。


全て無償でお教えしますが、ひとつだけ条件があります。
それはJCMO事務局がある、北海道弟子屈へ来て頂く事です。


正直言いまして、クラブMOIマッチングをキチンと行うには相当に面倒な作業ですし、通常の組上げなどとは精度が違います。
それに比べたら弟子屈に来る位のことが出来なくては無理というものです。


それでもご興味のある方は、クラブMOIマッチングセミナーに関してはご自身でお調べください。
その程度自分で調べることが出来ないのでは、クラブMOIマッチングは出来ないと考えるからです。


Fc1G7puaAAIxTH7


弊社がプロサポートしている平本プロがANAオープンにて予選通過し、良い位置につけています。

 同じく18位タイにはMOIマッチングで調子を取り戻した池村プロもいますので、男子レギュラーツアーでもようやく私達のクラブMOIマッチングが浸透してきたのかなと感慨深いものがあります。


正直一部のゴルフ業界人からの嫌がらせやあらぬ噂なども多かったのですが、BoseIronFactoryの芝と同様に蒔いた種が実を結びつつあるのかなと思っています。

出る杭は打たれるけれど、打つ人の身長以上に伸びてしまえば早々打たれることは無いと思います。

プロゴルファーではこうした実績を継続して出していって、アマチュアゴルファーでは岩城滉一さんやそのお友達と言った著名人に使って頂く事で、クラブMOIマッチングの実績としてより多くのゴルファーに浸透していけることを(^^

IMG_2242
岩城さん用にカスタムしたHAYABUSAヘッド
(一般の方にもオプションで名入れ可能です)


IMG_2933
岩城さんのチームの一員として耐久レースに参戦してきました。



IMG_2870
岩城さんの51ガレージとBoseIronFactory、JCMOのコラボツナギ。

本日時点での作業状況ですが、空いておりますので、さほどお待ち頂く事無く作業に入ることが可能です。
なお、グリップ・シャフトの在庫が無いものに関しましては、お盆休み聞かんと言うことも有り若干お待たせすることもございますが、ご了承くださいませ。

在庫のあるモノに関しましては、2~3日で作業可能なモノもございます。

いきなり語気が強くて申し訳ありませんm(_ _)m

「私よりプロのMOIのほうが低いのですが!!??」というお問い合わせが(私の所では無いのですが)来たと言う事で、ブログにてご説明をしようと思いまして・・・。

適正なクラブMOI値は人それぞれです。

プロゴルファーだからとか、体格が良いからとか、筋骨隆々だからといった部分で決まるという訳でもありません。

プロゴルファーでも身長が高い人もいれば身長が低い人もいます。
アマチュアでも身長が高い人もいれば身長が低い人もいます。

プロより身長が高いアマチュアもいれば、プロより身長が低い人もいます。

それと同じようなもので、アマチュアでも適正なクラブMOI値が高い人もいればプロでも適正なクラブMOI値が低い人もいます。


同様に若いからとか、年を取っているからとかでも決まるものではありません。

例えば私の場合、小学校低学年から父親のパーシモンを振り回していたので、高いMOI値に慣れています。
一番最初にMOIマッチングを行った20年近く前の私の適正値は3000kg-cm²を超えていました。
ドライバーの平均MOI値が2830~2840kg-cm²程度で、それでも一般的な平均値よりも高めになっている訳です。
市販のドライバーはMOIが低すぎてチーピンしか出ないと言う状況でした。

ちなみにアイアンの1番手分のMOI値の差がほぼ10kg-cm²なので、14番手分も適正値が違ったのです。
そりゃあまともに打てるわけがありません(笑)


ちなみに今は試打用=自分のクラブで練習もラウンドもしていますので、割と平均に近いMOI値まで回復(笑)しています。
意識して降らないと未だにチーピンが出たりしますけれど・・・(笑)


また、プロゴルファーの平均MOI値は実はアマチュアの平均MOI値とほぼ変わらないと言う事もあります。
アマチュアでもプロでも同じ人間ですから(笑)、昔の私ほどは変わらないんです(←私は外人部隊にいた傭兵のリーダーだったと言う噂からファルコンと呼ばれるようになっています)。


ですので、仮にあるプロのMOI値が2620kg-cm²で、ご自身のMOI値が2680kg-cm²であったとしても、それは何ら不思議なことではありません。

プロが2680kg-cm²でご自身が3000kg-cm²でしたら、往事ののファルコン並みと言う事で、少しばかりおかしいとは言えますが・・・(笑)





_E2A0882
HAYABUSA Iron
 

弟子屈町のふるさと納税返礼品として大変ご好評を頂いているBoseIronFactoryのアイアンやウェッジ。

_E2A0745
HAYABUSAウェッジ(LimitedForged) 

他の自治体での返礼品に比べて可能な限りバリエーションを持たせておりますが、それでもご希望のシャフトやグリップとは違うと言う方も多くいらっしゃるかと思います。

また、良いんだけど、ライ角やロフトが希望と違うと言うような方もいらっしゃるかと思います。

たまに返礼品としてご購入されてから備考欄等で「ライ角を1度フラットにしてください」と言うご要望があるのですが、申し訳ございません!!そのようなご希望は対応しかねますのでご了承願います。

と言いますのも、ライ角変更やロフト変更、グリップの変更やシャフト変更には通常のご依頼でも工賃や差額が生じます。
同じ金額でご寄付頂いているのに、そうした差額や工賃を無料にする事は他のお客様との兼ね合いから対応出来かねますので・・・。

ですので、通常でしたら変更はせず、出来ないお詫びとお願いのお手紙を添えてお送りし、お近くのゴルフ工房等で変更(曲げる)して頂く事となります。


ですが、事前に変更の相談をして頂ければ、裏技的な方法をご紹介致しますので、カスタマイズなさりたい方はseabose@me.comまでお気軽にご相談ください。

↑このページのトップヘ