ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

カテゴリ:北の国から > 弟子屈便り

今秋からの弟子屈町のふるさと納税返礼品にエントリーすべく、弟子屈町奥春別地域で獲ったエゾシカ製品をご紹介していきましょう(^^

ナイフ4

大きく分けて2つのカテゴリーでやっています。

まずは、ヘッドカバーを中心としたエゾシカ革製品。

このブログでも何回か紹介してきましたね。

2018年に奥春別地域に出没したヒグマのヘッドカバーもあります。

ヒグマの革は本当に貴重で、おそらく今後10年20年の単位でこうした形での販売は出来ないと思われます。
(なにしろヒグマの生息域は基本人里ではありませんから、なかなか捕まらないですし、エゾシカに慣れたハンターでも一生に数回しかハントするチャンスは無いので)







 

また、ヒグマの場合、撃つのも命がけですし、駆除のために撃ったとしてもほとんどの場合そのまま毛皮にしてハンターさんのご自宅に飾られるので、全く市場に出ているのを見たことがありません。
(ちなみにこのあたりでは私もヒグマを見たことがありません)


これらの革製品はBoseIronFactoryWebShopにて取り扱っております。


そして、もう一つのカテゴリーは、エゾシカの角を使った製品です。
こちらの鹿角カテゴリーの製品はJCMOオフィシャルショップにて販売しています。






エゾシカの角を持ち手に使ったカスタムナイフ。
エゾシカの角は尖ってはいませんが突起があります。その突起が釣りやアウトドアで濡れた手にフィットして抜群のホールド感が得られます。
ほとんどのナイフはフルタング構造のナイフを使っており、強度もしっかり。

私自身、ほぼ毎日がキャンプ生活みたいなものですから、そのあたりはしっかりとこだわって作っています。

アウトドアなことはしないでゴルフばかりなんだけど・・・
と言う方にお薦めなのが、鹿角グリーンフォークです。




2本爪と1本爪の物があり、ファルコンは1本爪のモデルを愛用していますが、鹿角の絶妙な凸凹が指に馴染んで使いやすいです。

今後は薄く輪切りにした鹿角をコーティングして、ボールマーカーも作ってみようと思っていますので、皆さんぜひお楽しみに!!

IMG_2204

今朝のノラたん。

最近つがいで来ることはなく、1羽づつ入れ替わりにやってきます。

IMG_2207

夫婦喧嘩でもしたのか?なんて思っていましたが、つがいで来るときもありますので、どちらか1羽が様子を見に来てから、もう1羽が来るというパターンのようです。

今日は1羽が来てからもう1羽も来て、久々につがいで鳴き合いをしてくれました。



それほど期待はしていませんけれども、恩返ししてくれるのかもしれませんね。

出来ることなら羽で作った織物では無くて金塊か現金、あっ、各種カードも使えますんで・・・(笑)

FullSizeRender

ん?まだまだだな・・・。


と、思っていたら・・・



IMG_2700

21時06分に20アンダーを超えました( ´ ▽ ` )ノ


ん~、どうしようかな。

とりあえず川湯まで行ってみようかな・・・(体感してみたい)


(寒い時は車で行っても滑らないので、実は結構安全だったりします)


風がかなり強くて夜中に起こされてしまいましたが、ファルコン、にゃんずともに無事です。

工房の断熱及び隙間風対策は完璧で、問題は倉庫の隙間風対策かな。

朝にジョセフィーヌで除雪し、一通り被害が無いか確認しましたが、特に被害も無く飛ばされたものも無いようです。

まずは生存確認まで(^^



いらっしゃったことがある方は分かりますけれど、ここは360度牧草地に囲まれた大草原の小さ(くない)家ですので何も遮るものが無い、爆風地帯です。
町中の家などとは風の強さは比較にならないほどなんです。

そうした過酷な環境でテストされてきた(もちろん暴風雪の中ではテストはしませんけど)クラブだからこそ、神アイアンと呼ばれたり、プロも納得のHAYABUSAであったりが生まれるのです(^^)v

年明け早々に風邪をひいて寝込んでしまいました(鬼の錯乱)。

メールのお返事も出来ておりませんし、WebShopからのご注文も止まっております。

ようやく完全に回復いたしましたので、本日より作業再開いたします。


皆様には多大なるご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございませんが、寝込んでいた分の遅れを取り戻すべく、鋭意(また倒れない範囲で)頑張りますので、何卒ご了承くださいませm(_ _)m

年末年始も通常通り営業いたします。

ただし、通常通りということは(1人でやってますので)居ない時もありますし、メーカー様・卸様の年末年始休暇により在庫のないシャフト・グリップ等では通常以上にお待ち頂く場合もございますのでその旨はご容赦願います。

工房に来られる方は必ず前日までにお電話かメールでアポイントを取っていただいた上でお越しくださいますようお願いいたします。

只今のBoseIronFactoryの状況です。

一気に冬が来ましたね(^^


IMG_2378
この倉庫の中の工房で作業しています。
外が20アンダーでも工房の中は常時20度ちょっとにしていますので、暖かいです(^^)v


IMG_2377
IMG_2376
IMG_2375
広大な試打スペース。
バンカーを作成中なのですが、雪で埋まって見えません。




作業状況ですが、ご依頼が多く、かなり停滞しております事をお許しください。
体調も少し良くなり、毎日20時間近く時間作業しておりますが、メールのお返事も遅れがちな状況ですので、どうかご容赦頂きたく。

営業熱心なやまととたける。

特にやまとは暗くなっても戻ってこないことも多いので、GPSロガーを付けてやまとの行動範囲を見てみようと・・・。

付けたGPSロガーは
データロガー
データロガー2
こんなんで、シリコンのケースにつけて首輪にくくりつける簡単なもの。

「iPhoneを探す」みたいにリアルタイムなGPSトラッキング機能は無く、戻ってきてからGoogleEarthの地図上に表示するというものです。

リアルタイムにトラッキングするのが一番探しやすくて良いのでしょうが、それだと野生生物の学術研究用が多くて、GPSというよりはVHFやUHF電波を使ってトラッキングするものになってしまいます(それ以外もありますけどね)。

とりあえずは行動範囲を知っておけばある程度は探せますし、100m程度まで近づけばBluetoothで探せるものもあるので、併用するのもアリかと。

で、実際に今日のやまとの行動は・・・

11月20日ヤマトの行動範囲

こんな感じでした。
猫といえども、ほぼ道を使っているところが草です。

IMG_6382


BoseIronFactoryの敷地とお隣さんの家の周辺ですね。

先日お隣さんの家の前でやまとを確保して連れ帰ったことがあるし、呼んでもすぐに帰ってこなかったことも考えると、呼んですぐ帰ってこない時はお隣さんの家まで行っている可能性が高いかなと。

弟子屈はここ数日でかなり冷え込んできていますので、やまともたけるも出ていってもすぐに帰ってくるのですが、雪積もっても営業行くのかなぁと今から興味津々であります(^^


BoseIronFactoryには特別天然記念物のタンチョウが毎日のようにやってきます。



IMG_1638
IMG_1652

ほぼ毎日現れる番い(つがい)のタンチョウ。
求愛ダンスや鳴き合わせなども見られます(^^


大きさからするとまだ若い番いだと思います。
BoseIronFactoryから少し南に下ったところにある鶴居村や阿寒などではそろそろ給餌が始まる季節ですが、弟子屈のデントコーンは美味しいのかもしれませんね(^^


しかしながら、増えたとは言えまだ1,700羽程度のタンチョウがこうしてほぼ毎日やってくるというのは・・・。

なんかBoseIronFactoryが自然と調和しているようで嬉しく感じますね(^^

自然の生き物ですから、私がどうこうするものではありませんが、鳥の餌のとうもろこしが余っていたので、敷地の片隅にちょっとだけ置いておきました(^^;;
恩返しは要らないですが、もし恩返ししてくれたら面白いですね(^^

↑このページのトップヘ