ゴルフ北の国から〜MOIマッチング編〜

ゴルフトゥデイの連載「ゴルフ〜北の国から〜」と連動し、クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからをお届けします。

カテゴリ: クラブクラフト

黄金比。

いろいろな所で使われますが、ゴルフクラブに於いては黄金比など存在しないというか、ゴルファーひとりひとりによって違うので雑誌などで「これが黄金比だ!!」と言った記事があっても鵜呑みにすると痛い目を見ることがありますのでご注意を。

万人に合うクラブが無いように万人にあうクラブスペックなんて無いので、ひとつひとつの部品をキッチリと選んで、ひとつひとつの部品をキッチリとその人に合うように組み上げてくれると言うのが貴方ひとりだけの黄金比ですから。


今回の黄金比のお話はそういったことではなくて、これのお話です。

image
汚い字ですみません(笑)
グリップ溶剤です。

散々お話していてこのブログの熱心な読者の皆さんはもう飽きているかとおMOIますが、弟子屈の冬は厳しいです(^^;;

真冬の朝はマイナス20度以下になることもありますし、11月に入ったばかりですが、既に朝晩は0度以下。

工房の中はMOI計測器の温度管理もあって常時22~23度になるようにしていますが、それでもグリップ挿しの時は換気のため窓を開けるので冷え込んだ外気が流れ込みます。

クラブの発送では、年間を通じて19時頃に弟子屈の配送センターを出発し、一旦帯広の集積場へと向かい、帯広に付く頃はもう深夜。
真冬の帯広に付く頃は外気温はマイナス15度とかになることもあったでしょうから、グリップが完全に乾ききる(溶剤が揮発する)前に梱包してお送りした場合、配送時の振動でグリップがズレて曲がることもあったようです。

そこで、冬の間は通常使っている溶剤に、揮発性が高すぎてそのままでは使いにくい別の溶剤をブレンドして使っています。


そのブレンドする比率が黄金比というわけです(^^;;


ファルコン自身、危険物の免許も持っていますし(←どこに置いたか忘れましたが)、化学式やら成分表やらを見ながら、どのくらいの比率でブレンドしたら使いやすくて乾きも早いかをいろいろとブレンド比率を変えながら検証していった結果、ようやくこれだ!!というブレンドのグリップ溶剤が作れました(^^

これでグリップが曲がっていたら、完全に私の責任ですけどね(^^;;





RODDIOを得意とするBoseIronFactoryですが、それには理由があります。


ソールチューニング
ソールチューニング2
こちらがRODDIOの開発の方がR-ソールのソールがバック寝具時に引っかかるということで削ったソール。

こちらが元のR-ソールです。

2017-10-20-13-19-31


通常ですと、クラフトマンがメーカーの製品を加工したりすることはあまり良しとされておりませんが、RODDIOの場合、個々のクラフトマンがオーナーにとって一番最適な形にチューニングしてから販売するという大前提がありますので、クラフトマンとしてもやりやすいですし、よりオーナーにとって最適な形にチューニングして販売することが出来るんです。


そうして、今回、上記と同じようなソールが引っかかるというオーナーのご要望で・・・


2017-10-20-13-20-20
2017-10-20-13-19-07


こうした形にソールを研磨し、懸案であった引っ掛かりを無くすチューニングをさせていただきました。

もちろんRODDIOの保証は受けられなくなるでしょうが、元々BoseIronFactoryでは何度でもいつでも再調整は工賃無償で行っておりますので、BoseIronFactoryにて責任を取らせていただきます。


RODDIOの開発の方が削った形と大体のところは同じですが、もちろんRODDIOを得意とするBoseIronFactoryですので、HAYABUSAで培ったソールの形状を取り入れてより、ヌケが良い形にしております(^^)v


唐突ですが、写真を御覧ください。


IMG_9519


そしてもう一枚。


IMG_9520


更にもう一枚。


IMG_9521


シャフトチップ部分のメッキ落としの例です。

1枚目の左側の写真と2枚めの写真は同じで、1枚目の右側の写真と3枚目の写真が同じシャフトです。

BoseIronFactoryでチップのメッキ落としをしたのは1枚目の右側と3枚目の写真のシャフトです。

1枚目の左側と2枚めの写真はヤフオクで買った中古アイアンのものだと言うことです。


左側(2枚め)の写真のシャフトはおそらく両頭グラインダーの回転砥石で削ったものだと思われます。

BoseIronFactoryでは両頭グラインダーでメッキ落としを行っていますが、回転砥石では無く研磨輪を使ってメッキを落としています。

回転砥石はメッキのような薄いモノの剥離には向いていませんから、少しでも強く押し付けると写真のように荒くなりがちで、かなりの技術が必要です。

ファルコンもその昔は回転砥石でやっていましたが、100~200本に1本程度失敗することがあったので、その時は自腹で新しいシャフトにしていました。

研磨輪にしてからは失敗すること無く綺麗に確実にメッキを剥離することが出来ますし、スピードアップもしています。


両頭グラインダー
両頭グラインダーの一例。



回転砥石
回転砥石の一例。





研磨輪
研磨輪の一例。



見えない所もキッチリと仕事するということは、やはり大切なことだとおMOIます。

それなりの値段のベルトサンダーでしたら、ここまでの荒さにはなりませんから、ベルトサンダーも悪くは無いですよ(^^

RODDIOのFWはT-ソールが準備されていますので問題は無いのですが、T-ソールのまだ無い(出るかも不明ですし)HYBRID UTの場合フックしがちなフェースと捕まりすぎる傾向がある点はそのままでは解決できません。

2017-10-09-16-59-44
IMG_8946 (3)
この部分はソール形状によるところが大きいので、内部での重心位置を可変させても難しいんです。

可変ホーゼルで強制的に変えて行くという手ももちろんありますが、フックフェースが治り、捕まり過ぎを防ぐという点は解消されるものの、ロフト・ライも変わってくるため、フックフェースと捕まり過ぎ”だけ”を改善することは出来ません。

ソール形状に要因があるため、ソールの加工でフックフェースと捕まり過ぎを改善することは可能ですが、せっかく美しいRODDIO HYBRID UTのソールを削っていくことはもったいないとも言えます。



そこで、BoseIronFactoryではRODDIOスプーンで開発したソールチューニング技術をHYBRID UTに応用することとしました。
ソール形状はそのままですが、特殊なシリコンゴムで出来たシートをソールプレートとヘッド本体の間に入れることによってロフト・ライはそのままでフェース角をストレート変え、フェースの向きをストレートにするとともに、捕まり過ぎを防ぐという形です。

厚さの違う特殊シリコンゴムを入れることによって、内部に水や埃の侵入を防ぎつつフェース角を変えていくという手法で、シリコンゴム自体の重量も0.1g以下にすることが出来ますから、シリコンゴムを入れてもクラブMOI自体は1~2kg-c㎡程度(人間が感じられる範囲以下)にすることが出来ます。

気になる価格ですが、通常のMOIマッチング工賃(税別5,500円/1本)とは別に10,000円を予定しております。

フックフェースと捕まり過ぎにお悩みの皆様、こうしたチューニングもありますのでご検討くださいね(^-^)v

あっとうてきな飛距離を売りにしているクラブは多くありますが、中でもRODDIOのFWとHYBRID UTに関しては突出した飛距離性能を誇ります。

その飛距離性能を引き出すのは、その作りの良さに他なりません。

あらゆる部分に妥協をしないそのモノ作りの姿勢はHAYABUSAの開発に於いても大いにインスパイアさせていただいた部分です。

BoseIronFactoryがウッドやUTを作らないのは、自分で作らなくてもRODDIOというメーカーが期待以上のものを作ってくれるからでもありますから。


IMG_8946 (3)
中でもRODDIOの最新ヘッド、HYBRID UTに関しては、その凄さに皆様驚かれます。

お客様からは見えないところにどれだけの技術を詰め込むか。

そんなこだわりにこだわり抜いた企業の姿勢があるからこそ、その性能に行きてくるんです。


2017-10-09-16-59-10
2017-10-09-16-59-44

高級で有名な某メーカーでもここまでの精度の加工はしていません。
しかも番手によって微妙に裏の加工を変えているんです。




2017-10-09-17-00-10
FWのTーソール。
重心深度を思い通りにするために中心の円の中心から外したところを削るなんて!!

基本お待たせしてしまうRODDIO HYBRID UTですが、2番でステラ7シャフトのものでしたら、在庫がございますので、ほとんどお待たせすること無く納品が可能です。

もちろん適正MOIにしてお届けしますので、買った瞬間からナイスショットでぶっ飛びを!!

幸いなことにウチの場合、新規お取引を断られる場合はほとんど無いのですが、一部のメーカーさんは契約時に一括で仕入れることが条件になっていたりするので、そうしたメーカーさんはこちらからお断りする場合も多いです。


一括で仕入れるということは、合うかどうか分からないお客様のために仕入れるということで、最悪「ちょっと合わないかもしれないけど在庫していても仕方ないので売りつけてしまおう」ということだけはやりたくないので。

そもそもクラブMOIマッチングというクラブチューニングがメインの弊社ですので、新規の組み上げによる売上げ自体、それほど多くはありません。

また、RODDIOや三浦技研、藤本技工や共栄ゴルフ、マスダゴルフやグラインドワークスと言った私自身が使ってみて打ってみてこれは良い!!というメーカーさんを中心にお取り扱いしているので、流行りだからという理由で取扱いメーカーを選んでいるわけでもありません。

これは決して上から目線ということでは無く、メーカーさんとはいい形でパートナーシップを構築していきたいということ。

いろいろお話した上で、MOIマッチングを理解して頂けるメーカーさんとのお付き合いを大切にしていくことで、お客様にもいい形で還元できるとおMOIます。



メーカーさんにも、ぜひこの弟子屈まで足を運んでいただきたいと思っています。

ここまで来ることで、そのメーカーさんの意気込み・やる気と言ったものを強く強く感じることが出来るからです。

2017-09-16-05-09-15


日本で最もスコットランドリンクスに近いゴルフ工房がBoseIronFactoryなのですから(^^;;

Titleist915D3のMOIマッチングのご依頼をいただきました。

Titleist915D3の場合はヘッド後方のウェイトで調整が出来ますし、社外品でいろいろな重量のものがでていますので、今回のオーナーさんも社外ウェイトの17g若しくは14gに変更してヘッドを重くした分、バットカットでご自身の振りやすいところまでセルフMOIをされていると言う状態での入庫です。

そこまでご自身でやった上でご依頼を頂いていますから、単にウェイトの調整だけでお戻しするわけには行きませんです(笑)


オーナーの915D3での球筋なども存じ上げていますので、球筋がイマイチ安定しない原因はMOIだけでなく重心距離、重心深度にもあると思われます。


オーナーからは17gのウェイトを中心に調整して欲しいとのことでしたが、17gそのままでは深くて長い重心はそれほど動きません。

ですので、14gのウェイトを使って余った3g分の重量をジェルで調整です。

BoseIronFactoryの場合、ジェル自体もいくつもの種類を取り揃えていて、今回は通常温度では硬く、動きにくいジェルを使います。
ウェイトの穴から温めてゆるくなったジェルを3g程度入れ、ヒートガンではなくドライヤーの熱でヘッドを50度くらいになるまで温めてやります。
そうするとジェルが移動してくれるので思い通りの位置に来た頃合いを見計らって熱を加えるのを止め、ゆっくりと冷やしてあげればジェルは固くなっていい位置で固定されます。

3g程度では正直それほど変わる訳ではありませんが、このオーナーの場合は相当にセンシティブな方ですのでそれで充分なはず・・・。

2017-09-05-15-14-46


その後は狙い値になるまでバットを削って(カットではありません(笑))、グリップを挿して完了です。

明日から遅い夏休み(なのか?)を頂きますので、今日もがっつりとMOIってますよ(^^

そうそう、明日は女満別空港からのフライトなので、いつもの癖で釧路に行かないように注意しないと”行けません”ね(^^;;

人気のバフィーが揃い踏みです。


どちらも圧倒的な飛距離性能を誇るFWだからこそ、MOIマッチングでその性能を最大限に引き出してやりたいと思います!!







クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから2~3週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。

成田美寿々プロがRODDIOのプロトタイプ385ccドライバーを使って優勝するなど、非常に好調です。


現時点では460ccや440ccなどの大型ヘッドのドライバーと言う選択肢しか無い状態ですが、大型ヘッドが合う人もいれば普通の大きさのヘッドが合う人もいる訳で、今後はこうした選択肢が増えていくことと思います。

よく言われている大きいほうが簡単であるとか大きくなったことがギアの進化であるとか言うのは、ある意味正しくある意味違うのでは無いかと考えています。

大きいと重心距離は伸びますが、重心距離が伸びると言うことはシャフト軸線上から重心距離が遠くなると言うことでもあります。

実はこの重心点がシャフト軸線上に無い、と言う点はゴルフを難しくしている最大の要因なのです。

シャフト軸線上にあるゲートボールのスティックで静止しているボールを打つことはそれほど難しく無いですし、シャフト軸線上にあるラケットで動いているボールを打つことやバットでボールを打つことも可能。

ですが、ゴルフクラブはシャフト軸線上に重心点が無い(=重心距離がある)ために止まっているボールなのに空振りすることすらあります。
シャンクするということもシャフト軸線上に近い所で打つことが身体にとって自然なために起こる現象とも言えます。


このことはゴルフのルール上致し方のないことであり、ゴルフ自体を楽しく面白くしている理由でもあるのですが、逆に考えるとドライバーの長すぎる重心距離はFWやUT、アイアンやウェッジとかなり違った重心距離になります。

ライ角で言うと、0.5度刻みでフローしていたものが、いきなり2度3度変わっていくと考えると分かりやすいでしょうし、長さが0.5インチ単位でフローしていたものが、いきなり2インチや3インチ変わってくると考えれば分かりやすいのかもしれません。

これを大きさに置き換えて考えてみると、イマドキのFWはどれも230ccに満たない大きさ(大きなモデルでも220cc程度で小さいものだと150cc台ですから、平均すると180cc程度)ですが、ドライバーだけ440ccとか460ccとかになってしまいます。
大きさだけみてもいきなり2倍以上になるわけですから、クラブの流れという面で見てもドライバーだけ突出して大きいんです。

まぁ、長さでみても43インチのスプーンの次が45インチなり45.5インチになっているので様々な面でドライバーは他のクラブを違う打ち方をしなければいけないのですが・・・。




アイアンやウェッジは上手く打てるのに、ドライバーだけは上手くいかない・・・・


IMG_9356


そうした大型ヘッド=優しいと言う流行の中で前述したRODDIOの385ドライバーの重心距離は当然短く(まだ発売前なので非公表ですが・・・)、重心距離の長いドライバーのスイングだけを変えにくい人にとっては待ちに待ったと言えるドライバーです。

合う人、合わない人はいますから、これが絶対!!と言うことではありませんし、合わない人にとっては「いまさら小さいのになんて戻れない」と言う方もおられるでしょう。

しかしながら、この普通サイズのドライバーを心待ちにしていた人は多いはずですし、ドライバーに悩んでいるゴルファーにとっては試してみる価値は十二分にあるヘッドと言えます。

私個人的な感想と言えば、先日RODDIOの方が来られて打たせていただいたのですが、私の個人的な感想は「50万円でも良いからこのドライバーを売ってください!!」という感想に尽きます。

私は試打のプロでもプロゴルファーでもありませんから、スピンがどうとか、強い弾道とかそうしたことは言いません。
ですので、50万円出しても欲しいと言うことでお茶を濁させてくださいね(笑)




RODDIOのFWを初めてバラした時にその作りの良さ、その精度の高さ、その手間のかかり具合に感動しましたが、今回385ドライバーをみてその時以上の感動をさせてもらいました。


今年中の発売は無いようですが、たとえ半年、1年待ってでも、絶対に買います。

だって、このドライバーをもう10年位待っているのですから、そのくらいは大した時間ではありませんから(^^;;





RODDIOから2017マイスターアイアンが発表されました。

予約限定生産となります。

形態はマッスルバックとキャビティアイアンの2種ですが、3-7がキャビティで8-SWがマッスルバックのコンビネーションタイプも選べます。

更にはメッキ仕様も選べるようになっており、ニッケルクロムメッキ、ブラックボロン銅下メッキ、ビーズボロンメッキの3種から選ぶことが出来ます。

基本5-SWの8本セットで、3番アイアンと4番アイアンはオプションとして購入可能。


マッスルバック
マッスルバック

キャビティ
キャビティバック

メッキ仕様
メッキ仕様3種。


詳細なスペックは・・・。



仕様書


となっていますので、RODDIOのユーザー向けに(少し)ストロングロフトになっていますね。


気になる価格ですが、メッキ仕様によって変わりますが、一番オーソドックスなニッケルサテンメッキの5-SWの8個セットで304,000円(税別)、銅下ブラックボロンメッキで384,000円(税別)、ビーズボロンメッキで344,000円(税別)となっており、それぞれヘッドのみの価格ですからシャフト代、グリップ代、MOIマッチング組み上げ工賃がこれにプラスとなります。

ヘッドのみの販売はいたしませんし、ご予約頂いた分しか入庫はしませんのでご注意ください。
予約期間は7月7日(金)となっていますので、7月7日午前中までにご予約頂いた分のみの発注とさせて頂きます。
また、ご予約分に関しましてはキャンセルは不可・仕様変更(メッキ変更等)も出来ませんのでご了承ください。←高額商品でメッキ等もカスタムですので、キャンセルになったらBoseIronFactoryの存亡の危機です(^^;;

納品予定は11月下旬を予定しておりますので、皆様にお届けできるのは12月になってからとなります。

2017年頑張った自分にご褒美というのも良いかもしれませんね(^^

↑このページのトップヘ