ゴルフ北の国から〜MOIマッチング編〜

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」でお馴染みのファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからをお届けします。

カテゴリ: クラブクラフト

仕事をしていて、なんか寒いなぁと思ったら、工房のストーブが止まっていました(>_<)

電源抜いてから刺しても症状は変わらず・・・。

ヤヴァイ、壊れたか?

と思ってバラせるところはバラし、エアコンプレッサーと固く絞った雑巾を使ってホコリや汚れや基盤の接点をクリーニングしてやったらきちんと動くように・・・。

1時間以上かけて綺麗にしてようやく動くようになりましたが、いやぁ焦りました(^^;;


弟子屈はこの時期マイナス20度にもなりますから、吹雪いていて身動きの取れないときに本当に壊れて動かなくなったら仕事が出来ないだけではなく、凍死する可能性もゼロではありません。

更には吹雪いている時には、停電で電気が来ない時もあり得ますから、いろいろな対策を講じています。

1.電源の確保→キャンピングカーを自分で作ったこともあるくらいですから、キャンピングカーや船舶で使う大きなバッテリー2つとバッテリーの12vを100vに変換する機材を常備。
最大1500wまで使えますから、電子レンジやエスプレッソメーカーも使えます。


2.暖かさの確保→ストーブが壊れたり、停電のときには通常使っているストーブは動きません。その為に2台の電源いらずの石油ストーブと1台の移動できるファンヒーターがあります。


3.工房機材の予備→機材に関しては電源の確保は必要ですが、主だった機材は必ず予備機を用意しています。
クラブMOIスケールはもちろんのこと、シャフト抜き機もロフトライ調整機も、ボール盤もバランス計もグラインダーもです。
予備がないのはヘッドスペック測定器くらいですが、ヘッドスペック測定器はデジタルの部分が無いので、そう簡単には壊れませんから(^^;;
パソコンも以前壊れたときに、復旧させたものを含めると3台ありますので、まずは大丈夫かと。

何か壊れても仕事に大きな支障が出ないようにするのはこうしたところでやっていると必須なのです。


2018-01-12_17-30-40_024
2台体制のクラブMOIスケール。


4.肝心のデータは?→MOIマッチングはかなりの量のデータを扱いますので、ハードディスクに保管しているだけではディスクがクラッシュした時に泣くに泣けません。
ですので、データは全てクラウドに保管しています。
クラウドもアップルのiCloudとマイクロソフトのOneDrive、そして写真や画像データなどはAmazonDriveを使うことでひとつのクラウドが不具合を起こしたとしても他のクラウドからデータを復旧させられるようにしています。


5.グリップやシャフトの仕入れなどは?→グリップやシャフトの仕入れに関しても4つの仕入先があります。4つの仕入先はその配送をヤマト運輸、佐川急便、ゆうパックとそれぞれが使い分けていますので、仕入れ価格だけでなく、時期によって変えることもあります。
ex.年末の時期には年賀状の配達もあってゆうパックは遅れがちなので、急ぎのものはヤマトを使っている卸さんにシフトしたりとか・・・。


6.仕上がってからの配送は?→基本ヤマトの宅急便ですが、九州や沖縄などはゆうパックを使うことも多いです。海外の場合もたまにあるのですが海外の場合はEMSを使います。EMSは早いし大きさではなく重量で送れるので宅配便で沖縄にクラブを送ったりするより東南アジアの場合は安かったりしますので。



そんなこんなで様々な予備を持ってなるべく皆様に早く良いものをお届けできるように頑張っておりますが、一つだけ予備が用意できないものが・・・。


そうです私、ファルコン自身の予備が無いんです(>_<)

こればかりはノウハウや知識、技術や考え方などがあるので、どうしようもありません・・・。

なのでぶっ倒れないようにしながら頑張ってますが、頂いた仕事は基本お断りしていませんし、クオリティを落とさず常に最善の形でお届けできるように頑張っておりますので、お時間がかかったとしてもどうかお許しくださいませm(_ _)m




26112027_1718559031528080_2238454950372130998_n


25994718_1718544248196225_2944681507157894311_n

RODDIO HYBRID UTの新ソールと新ドライバー。

2018年いよいよ発売になります。

UTの新ソールも新ドライバーも実際に打ってみて感じたことは、個人的に絶対に買い!!ということです。





さて、北海道の芝、特に根室GCやBoseIronFactoryの芝はスコットランドリンクスと基本同じです。
気候自体が真冬以外はスコットランドリンクスと同じなので、当然同じ芝が同じように育つ訳です。

スコットランドとただ一点違うのは真冬の気候。
こちらのほうがスコットランドより冬が厳しい環境ですから、芝の根もきっちり張って行きますし、しっかりと張られた根は芝自体を強く育てていきます。
更には真冬の雪の下や氷の下で過ごすことで芝はより一層強くなります。

そうした芝ですから、伸びてブッシュになっても、短く刈られているフェアウェイであったとしても、スコットランドを上回る手強さになります。
(そのためにBoseIronFactoryはここ弟子屈に移転してきたのですし、その世界一とも言える手強さの芝の上でテストを繰り返されて造られたのがHAYABUSAなのです。)



さて、またまた話は変わりますが、練習場でいくらいいショットを連発していても、実際のラウンドではいいショットが出ないのは何故か?とお聞きすると、おそらく殆どの方は練習場の人工芝の同じライから打つのとコースで様々なライから打つのでは違うということをお答えになるとおMOIます。

これはまさにその通りで、練習場などの同じライ、良いライと言うのはラウンド中はほとんど出てきません。
ティーショットであっても、ティーグラウンドは微妙に傾斜がありますし、ティーマークもまっすぐに刺さっているとも限りません(弟子屈カントリーで私は打って欲しい方向に向かって刺していました)。
それでもドライバーのようにティーアップするクラブの場合はまだ良いのですが・・・。

これはクラブの開発に当たっても同じことが言えて、試打スペース等で何万球打ったとしても、あくまでそれは人工芝の上でのこと。
実際の芝の上、様々なライから実際に打ってテストしないとドライバー以外のクラブの性能は把握できないと言ってもいいでしょう。

実際にいろいろなライからテストするにしても、毎回優しいライからテストしたのでは人工芝の上から打つのとさほど変わりませんが、根室GCのような日本一(もしかしたら世界一?)タフな芝の上からテストされたとしたら?

もうおわかりですね?

それが2枚めのHYBRID UTの新型ソールであり、新ドライバーなのです(^^)v




ミズノだろうがタイトリストだろうがテーラーメイドだろうが、ホンマでもゼクシオでも他のクラブでも、ほとんどのメーカー製のゴルフクラブには異物と言われるような重量調整のための重りが入っています。

これらはバランス合わせのために入れられるのですが、工房が作った地クラブ(コンポーネントパーツのクラブ)でもこうした重りが入っていることは結構あります。

こうした重りはそれを良しとしない傾向が強く、ギア好きな人たちの間では”異物”といって嫌われます。
中には異物が嫌いなために、接着剤に鉛の粉を混ぜて接着し、接着強度を大幅に落としているようなところも・・・。


”異物”の除去を専門に行っている工房も多く、そうした工房ではバランス合わせのためにバックフェースに鉛を張って調整していますが、そもそもバランスがD1やD2でなければいけない理由が私には考えつきません。

重りを良しとしない理由は大きく分けて2つ。

ひとつは重心(距離)が変わるということ。

もうひとつはシャフトの動きを損ねるということ。

この2つの点に関して言えばどちらも正しくもあり、間違ってもいるということで今回はお茶を濁しておきますが、単にバランスを合わせるためだけに重りを入れるというのはまだまだ発展途上だなぁと言うのが正直なところです。

全体において言えることですが、細かな部分にばかりとらわれ過ぎて大きな点を見逃しているような気がします。


ありがたい感想をいただきましたので載せさせていただきます(^^

8度のL.D.I.Project-Xを7度までロフトを立てて、DG-X100のウッド用を挿すと言う、正直打ち手を選ぶ組み上げですが、オーナーとなる方の特性をMOIマッチングの立場から見た上で組み上げると、このような素晴らしい結果が出るということの証明でもあるといえるでしょう。

こちらのオーナーさんは九州の方で、1回もお会いしたことはありませんし、もちろんスイングを見たことすらありません。

それでもこれだけの結果が出るということは、クラブMOIマッチングの考え方があってこそだと思います。

~~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~~

無事にアイアンが届き、本日の会社のコンペで使用しました^ ^
一言で言うと、凄い!!です。
300ヤードは軽く飛びます^ ^
傾斜とか有りましたが、380ヤード付近まで飛びワンオンをしました^ ^
ちなみにドライバーは振らない方がスコアがいいです&飛びません(笑)
また、新作が出ましたら購入したいと思います!
どんどん、新作を出して下さい!!
本当に良いアイアン、有難うございました^ ^

~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~



本当にありがとうございました!!

BoseIronFactoryはロングアイアンにかけてはどの工房さんにも負けない自信がありますので、今後共よろしくお願いいたします!!

新工房への移転は12月に入ってからかな・・・。

とすでに諦めムードのファルコンです(^^;;

さて本日の作業は・・・。

ロフト7度に1度曲げた弊社オリジナルのL.D.I.(ロングドライブアイアンの略なんですが、おわかりでしたか?)の組み上げとMIURA CB-2008のMOI組み上げ。


image


土曜日は朝5時から作業開始なのですが、タケ小山さんのグリーンジャケットを聴きながらの仕事ですので結構はかどります(^^)v

接着待ちの間に他の作業もガッツリ行いましょうね(^^)v




クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在12月中旬日以降の作業ご予約日程が空いております。
年内には作業完了してお戻し出来ますので、ぜひご用命くださいm(_ _)m

黄金比。

いろいろな所で使われますが、ゴルフクラブに於いては黄金比など存在しないというか、ゴルファーひとりひとりによって違うので雑誌などで「これが黄金比だ!!」と言った記事があっても鵜呑みにすると痛い目を見ることがありますのでご注意を。

万人に合うクラブが無いように万人にあうクラブスペックなんて無いので、ひとつひとつの部品をキッチリと選んで、ひとつひとつの部品をキッチリとその人に合うように組み上げてくれると言うのが貴方ひとりだけの黄金比ですから。


今回の黄金比のお話はそういったことではなくて、これのお話です。

image
汚い字ですみません(笑)
グリップ溶剤です。

散々お話していてこのブログの熱心な読者の皆さんはもう飽きているかとおMOIますが、弟子屈の冬は厳しいです(^^;;

真冬の朝はマイナス20度以下になることもありますし、11月に入ったばかりですが、既に朝晩は0度以下。

工房の中はMOI計測器の温度管理もあって常時22~23度になるようにしていますが、それでもグリップ挿しの時は換気のため窓を開けるので冷え込んだ外気が流れ込みます。

クラブの発送では、年間を通じて19時頃に弟子屈の配送センターを出発し、一旦帯広の集積場へと向かい、帯広に付く頃はもう深夜。
真冬の帯広に付く頃は外気温はマイナス15度とかになることもあったでしょうから、グリップが完全に乾ききる(溶剤が揮発する)前に梱包してお送りした場合、配送時の振動でグリップがズレて曲がることもあったようです。

そこで、冬の間は通常使っている溶剤に、揮発性が高すぎてそのままでは使いにくい別の溶剤をブレンドして使っています。


そのブレンドする比率が黄金比というわけです(^^;;


ファルコン自身、危険物の免許も持っていますし(←どこに置いたか忘れましたが)、化学式やら成分表やらを見ながら、どのくらいの比率でブレンドしたら使いやすくて乾きも早いかをいろいろとブレンド比率を変えながら検証していった結果、ようやくこれだ!!というブレンドのグリップ溶剤が作れました(^^

これでグリップが曲がっていたら、完全に私の責任ですけどね(^^;;





RODDIOを得意とするBoseIronFactoryですが、それには理由があります。


ソールチューニング
ソールチューニング2
こちらがRODDIOの開発の方がR-ソールのソールがバック寝具時に引っかかるということで削ったソール。

こちらが元のR-ソールです。

2017-10-20-13-19-31


通常ですと、クラフトマンがメーカーの製品を加工したりすることはあまり良しとされておりませんが、RODDIOの場合、個々のクラフトマンがオーナーにとって一番最適な形にチューニングしてから販売するという大前提がありますので、クラフトマンとしてもやりやすいですし、よりオーナーにとって最適な形にチューニングして販売することが出来るんです。


そうして、今回、上記と同じようなソールが引っかかるというオーナーのご要望で・・・


2017-10-20-13-20-20
2017-10-20-13-19-07


こうした形にソールを研磨し、懸案であった引っ掛かりを無くすチューニングをさせていただきました。

もちろんRODDIOの保証は受けられなくなるでしょうが、元々BoseIronFactoryでは何度でもいつでも再調整は工賃無償で行っておりますので、BoseIronFactoryにて責任を取らせていただきます。


RODDIOの開発の方が削った形と大体のところは同じですが、もちろんRODDIOを得意とするBoseIronFactoryですので、HAYABUSAで培ったソールの形状を取り入れてより、ヌケが良い形にしております(^^)v


唐突ですが、写真を御覧ください。


IMG_9519


そしてもう一枚。


IMG_9520


更にもう一枚。


IMG_9521


シャフトチップ部分のメッキ落としの例です。

1枚目の左側の写真と2枚めの写真は同じで、1枚目の右側の写真と3枚目の写真が同じシャフトです。

BoseIronFactoryでチップのメッキ落としをしたのは1枚目の右側と3枚目の写真のシャフトです。

1枚目の左側と2枚めの写真はヤフオクで買った中古アイアンのものだと言うことです。


左側(2枚め)の写真のシャフトはおそらく両頭グラインダーの回転砥石で削ったものだと思われます。

BoseIronFactoryでは両頭グラインダーでメッキ落としを行っていますが、回転砥石では無く研磨輪を使ってメッキを落としています。

回転砥石はメッキのような薄いモノの剥離には向いていませんから、少しでも強く押し付けると写真のように荒くなりがちで、かなりの技術が必要です。

ファルコンもその昔は回転砥石でやっていましたが、100~200本に1本程度失敗することがあったので、その時は自腹で新しいシャフトにしていました。

研磨輪にしてからは失敗すること無く綺麗に確実にメッキを剥離することが出来ますし、スピードアップもしています。


両頭グラインダー
両頭グラインダーの一例。



回転砥石
回転砥石の一例。





研磨輪
研磨輪の一例。



見えない所もキッチリと仕事するということは、やはり大切なことだとおMOIます。

それなりの値段のベルトサンダーでしたら、ここまでの荒さにはなりませんから、ベルトサンダーも悪くは無いですよ(^^

RODDIOのFWはT-ソールが準備されていますので問題は無いのですが、T-ソールのまだ無い(出るかも不明ですし)HYBRID UTの場合フックしがちなフェースと捕まりすぎる傾向がある点はそのままでは解決できません。

2017-10-09-16-59-44
IMG_8946 (3)
この部分はソール形状によるところが大きいので、内部での重心位置を可変させても難しいんです。

可変ホーゼルで強制的に変えて行くという手ももちろんありますが、フックフェースが治り、捕まり過ぎを防ぐという点は解消されるものの、ロフト・ライも変わってくるため、フックフェースと捕まり過ぎ”だけ”を改善することは出来ません。

ソール形状に要因があるため、ソールの加工でフックフェースと捕まり過ぎを改善することは可能ですが、せっかく美しいRODDIO HYBRID UTのソールを削っていくことはもったいないとも言えます。



そこで、BoseIronFactoryではRODDIOスプーンで開発したソールチューニング技術をHYBRID UTに応用することとしました。
ソール形状はそのままですが、特殊なシリコンゴムで出来たシートをソールプレートとヘッド本体の間に入れることによってロフト・ライはそのままでフェース角をストレート変え、フェースの向きをストレートにするとともに、捕まり過ぎを防ぐという形です。

厚さの違う特殊シリコンゴムを入れることによって、内部に水や埃の侵入を防ぎつつフェース角を変えていくという手法で、シリコンゴム自体の重量も0.1g以下にすることが出来ますから、シリコンゴムを入れてもクラブMOI自体は1~2kg-c㎡程度(人間が感じられる範囲以下)にすることが出来ます。

気になる価格ですが、通常のMOIマッチング工賃(税別5,500円/1本)とは別に10,000円を予定しております。

フックフェースと捕まり過ぎにお悩みの皆様、こうしたチューニングもありますのでご検討くださいね(^-^)v

あっとうてきな飛距離を売りにしているクラブは多くありますが、中でもRODDIOのFWとHYBRID UTに関しては突出した飛距離性能を誇ります。

その飛距離性能を引き出すのは、その作りの良さに他なりません。

あらゆる部分に妥協をしないそのモノ作りの姿勢はHAYABUSAの開発に於いても大いにインスパイアさせていただいた部分です。

BoseIronFactoryがウッドやUTを作らないのは、自分で作らなくてもRODDIOというメーカーが期待以上のものを作ってくれるからでもありますから。


IMG_8946 (3)
中でもRODDIOの最新ヘッド、HYBRID UTに関しては、その凄さに皆様驚かれます。

お客様からは見えないところにどれだけの技術を詰め込むか。

そんなこだわりにこだわり抜いた企業の姿勢があるからこそ、その性能に行きてくるんです。


2017-10-09-16-59-10
2017-10-09-16-59-44

高級で有名な某メーカーでもここまでの精度の加工はしていません。
しかも番手によって微妙に裏の加工を変えているんです。




2017-10-09-17-00-10
FWのTーソール。
重心深度を思い通りにするために中心の円の中心から外したところを削るなんて!!

基本お待たせしてしまうRODDIO HYBRID UTですが、2番でステラ7シャフトのものでしたら、在庫がございますので、ほとんどお待たせすること無く納品が可能です。

もちろん適正MOIにしてお届けしますので、買った瞬間からナイスショットでぶっ飛びを!!

↑このページのトップヘ