ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

カテゴリ: クラブクラフト

先日の日本女子アマで3wを主催者側であるJGA専務理事が折ってしまったという事件がありました。

この件に関して、私個人としては「取材者側が出場する選手1人だけに不利となる行為をしちゃダメでしょ!!」と言う感想です。

選手側からしてみれば大切な道具を折られて・・・とか書いていると長くなってしまうので、本題に入りますね(^^;;


ゴルフ工房という仕事をする上では様々な道具を使うわけですが、BoseIronFactoryの工具自体は高いものでは無く、割とリーズナブルな価格帯のものが多いです。

でも、選ぶ時は吟味に吟味を重ねて選びますので、価格以上のコダワリはありますね(^^

一番こだわっているのはシャフト抜き器でしょうか。
ゴルフ工房向けの卸などでは扱っていなくて、個人の方が作っているSC-9という潜水艦みたいな超強力なシャフト抜き器です。


IMG_3909
こんなんです(^^
BoseIronFactoryの場合はこれを更にカスタマイズして、作業机に固定するためにアングルを溶接し、長いクランプ長を更に長くするためにバイス(万力)を2連結してクランプするようにしています。

超強力なのでスチールシャフトでしたら熱を加えずに抜けますし、カーボンシャフトだったら下手したら引きちぎってしまうくらい。
なので必要最小限の熱(指で抜いた直後のシャフトを触ると人肌位です)を加えることで抜けるんです。

気に入りまくっているSC-9ですので、壊れることはまずありませんが2台持ってます(^^
(今はSC-10に進化してるようで、SC-10も買っちゃおうかなぁ・・・なんて思っていますが)


あ、こっちは実は本題では無いんです。暑苦しく語ってしまいましたが、本題はこれからです。


SC-9ほど自慢できるものではありませんが、ファルコン的にコダワリを持っているのがハサミです。

IMG_3906

見た目も、実際にもなぁ~んの変哲もないハサミですが、右と真ん中のハサミはヘンケルのハサミです。
IMG_3907

左のハサミは自宅にあったハサミで、実は買った覚えが無いんですけどね・・・。
(誰か泊まった時に忘れていったのかも?)

黒いヘンケルの2つはもう20年以上使っていて、右のほうはグリップ装着時の両面テープ専用、真ん中の細くて長い方は事務用で、主に紙を切る際に使っています。

20年以上使ってますが、切れ味自体は全く問題なくて、薄いTERAOKAやニットーの両面テープでも全くストレス無くスパッと切れます。
しかもそれだけ長く使ってますから、手に馴染んでいてとても扱いやすいんですね。
左の赤いハサミは錆びていたのでお手入れをしっかりしてあげたら切れ味も鋭くなったのですが、手に馴染むという所ではやはりヘンケルのほうに軍配が上がります。


もちろん20年以上使っているのにストレス無くスパッと切れるというのは訳がありまして、少しでも切れ味が悪くなったらすぐにお手入れをするんです。

ハサミの場合あまり研いでしまうと噛みあわせが悪くなり、切れ味に影響しますので研ぐのは年に1回程度です。
ではどんなお手入れをしているかと言うと・・・。

1.パーツクリーナーで綺麗に粘着物を取ってやる。
2.シリコンスプレーを刃先にかけて余分な分を拭き取ってやる。
3.オイルを薄く塗って数回チョキチョキした後に余分なオイルを拭き取ってやる。

この3点だけです(^^

もちろん硬いもの、刃先がこぼれそうなものは絶対に切らないということは当たり前ですが、お手入れとしては簡単です(^^

みなさんも、というか、ゴルフ工房として仕事するクラフトマンでしたら、このくらいのことは簡単なはずです。
グリップ交換の際に切れないハサミを使っているようではそのクラフトマンの腕までも疑問視されちゃいますから、くれぐれも気をつけましょうね(^^



(と、実はある人に向けた記事だったという・・・)

3Dプリンタの導入で、かなり作れるものが増えてきたので、今までよりも精度の高いクラブチューニングが可能になってきています(^^

例えば、一次MOI調整用のカウンターバランス作成やシャフト延長などはつい先日まで市販のシャフト延長部品などを使っていましたが、3Dプリンタを購入してからはひとつひとつ3D-CADで設計し、3Dプリントするようになりました。

IMG_3236
バリ等はキチンと取ってから使っています(^^

IMG_3237
今まで使っていたシャフト延長棒(下)とカウンターバランス作成用チップ(上)





3DCAD
カウンターバランス作成用チップの3D-CAD画像。

3DCAD-2
3D-CADで設計したシャフト延長棒


多くの皆さんは、「これの何が違うの?わざわざ作らなくても・・・」とお思いになるかもしれませんが、これがかなり違うんです(^^

市販の部品は汎用として作ってありますから、ワンサイズしかありません。
サイズ違いはシャフト延長棒の場合で、0.5インチか1.0インチかという点だけで、0.35インチ伸ばしたいと言った場合は0.5インチを削っていくしかありませんでしたし、汎用ですからシャフトに刺す部分がシャフト内径に対して太かったり細かったりして、そのままでは使えないものでした。

そのため長さだけではなく、シャフト内径にピッタリ収まるように削ったりカーボンシート等で太くする必要がありました。

カーボンシャフトの場合は同じブランドの同じシャフトでも、重量帯やフレックスなどで内径が違うものがほとんどですし、スチールシャフトでもNS-950GHは太くて大変だけど、1050GHは950より細いとか、かなり違うんです(^^;;


3D-CADでの設計なら0.01ミリまで設計出来ますが、実際に3Dプリンタで出力すると流石にそこまでの精度はありません。
でも0.1ミリまででしたら十分可能ですし、出力した時の収縮も考えて作ればピッタリとハマるモノが作れます。

強度的にも1インチ程度までならペンチで思いっきりチカラを加えてみても問題はなさそうです。
市販のモノと違って強度を保ったままでの肉抜きも出来ますし、素材自体もABSを使いますので同じ大きさでしたら40%近くも軽量化出来ます。

まさに良いことづくめのように思えますが、デメリットも。

ひとつひとつ3D-CADで設計するので、それなりに時間がかかりますし、何よりも出力するのに時間がかかります。


内野様カウンターバランス書き出しデータ
広島のU様の書き出しデータです。
各1~2個の予備も含めて作ります。

小さなモノとは言っても、17個出力するのに4時間弱・・・。
設計も含めて考えると5~6時間はかかることになります。

ちなみにこの一次MOI調整用カウンターバランス作成工賃は1つにつき1,500円(税別)を頂いています。
高いとお感じになるかもしれませんが、ひとつひとつ3D-CADでの設計から行って1,500円だったら、それほど高くないと考えています。


まぁ、それでもプリントしている時間は他の作業を行っていれば良いので、この程度の手間暇は特に問題ないかと(^^

実際プリントしている間にこうしてブログの更新をしたりも出来るわけですからね(^^




以下独り言ですが・・・(笑)

美空ひばりの唄で地の涯と言われたここ弟子屈なんですが、その弟子屈の中でも超ド田舎の、自然以外なぁ~んもないこの地で、MOIマッチングやCADでのカウンターバランス等々の最新のことをしているなんて、なんか凄いなというか感慨深いというか・・・。

まぁ、今の時代、どこにいても技術や知識やノウハウがあればどこにいても仕事は出来るのでだからどうしたという感じでもありますが、こうしてブログ等で書かなければ、誰一人としてそんな事は思わないでしょうねぇ(^^;;

それには理由がある。


IMG_3013

例えば接着剤を使ったあと。
片付けず、そのままにしているのは間違いないことだけど、片付けずそのままにしているのには理由がある。

真冬のマイナス20度以下の時でも常に20度ちょっとをキープしているBoseIronFactoryですが、接着剤が乾くまで動かすのはNG。

ただし、時間は無尽蔵にある訳じゃないし、接着の度にブログ書いてたんじゃブログのネタも尽きるってもんだ。


この接着剤を使ったあとは次の作業に入れるか否かの目安となるので、単に片付けていないということでは無く、接着剤が乾いているか(厳密に言うと硬化ですが)の”目安”として使っています。


そして2枚めの写真。

IMG_3014
接着待ちのクラブ(クリップ)とグリップ溶剤の気化待ちのクラブたち。


BoseIronFactoryで使っているのはY610という接着剤なので、基本熱硬化させることは不要ですが、熱硬化が不要と言っても0度と20度と40度では全然違うんです。

40度のところってほとんど無いのですが、ストーブの近くはほぼ40度程度になります。
もちろんストーブの温風(熱風)が直接当たるところでは50度以上になることもあるので、直接ストーブの風が当たる事はありません。

ストーブに近い所はただでさえ暖かいので風が全く当たらないように、そしてストーブから離れると対流した温風が微妙に当たる位置にクラブストッカーを微妙にずらして配置することで、近くでも少し遠くでも40度くらいになるようにしています。

ここで感のいい人はピンと来たかもしれませんね。

1枚目の写真の接着のあとをそのままにしている所は20度ちょっと、接着待ち=硬化待ちのクラブがおいてある所は40度程度です。
当然40度のところのほうが20度のところよりも硬化も早く、強くなりますから、接着のあとのスティックがどのくらい固まったかを見ればもう次の作業に入れるかどうかは一目瞭然という訳です(^^



そして3枚目の写真。


IMG_3015

微妙にハの字になっているのが分かりますよね?

これはシャフトとヘッドの接着の時に動かないようにするダブルクリップ。

通常はハの字にはしないで使うんですが、万が一ソケットとヘッドが浮いた状態でクリップすると・・・。
そりゃもう恐ろしいというか工賃いただいて仕事している者としては非常に恥ずかしい事になります。
(この恥ずかしい事を恥ずかしいと思わないのか、入庫してくるクラブにはソケット浮きがかなり見受けられますけどね・・・)

もちろん浮いた状態でクリップすることなんてやりませんけれども、クラブを持ったり動かしたりする時に浮いた状態になってしまう事もあり得る訳です。

こうしてハの字にするとクリップ同士が浮きを無くす方向にチカラがかかりますから、ソケット浮きは起こらないという訳です。


このように適当に、いい加減にやっているように見えて、適宜当てるといういい意味での適当であったり、好い加減といういい意味での好い加減だったりするように考えながら作業しています。


工具や計測器の配置ひとつにしても、動線と作業効率を考えた上でやっています。


そうした事もMOIマッチングなどをより良いものにしていくためには必要なんですよ(^^)v

HAYABUSA Limited Forgedのメッキ前。

IMG_2793
IMG_2792
IMG_2795


LimitedForgedはひとつづつ私の手で最後の研磨を行い、ここまで磨き上げてからメッキに出します。

通常は鏡面になるまでは磨きませんが、LimitedForgedに限ってはここまでやります。

傷ひとつ見逃さないということでもありますが、鏡面に磨きあげることでメッキ厚をより均一化させ、ほんの100,000の1でもソールの抵抗を減らしてHAYABUSAの性能を最大限に引き出したいからです。

正直ここまでやる意味は無いのかもしれません。
かかる時間と手間暇を考えると更に意味のないことと思います。
でも、5時間かかろうが100時間かかろうが、この磨きあげがマイナスにならず、ほんの少しでもプラスになるのであれば手間暇を惜しまずに行う。

それが全てにおいて最高を求めるHAYABUSA Limited Forgedであり、そうでなければLimited Forgedではありません。


オーナーとなる方にとってかけがえのない特別なHAYABUSAになるよう、この磨き上げの前の研磨工程では、0.05g単位でヘッド重量を調整しながら研磨していきます。

もちろんオーナーご指定のロフトライにした際の曲げ傷も綺麗にしますし、曲げることによって変わってくる顔つきやソール形状の微妙な部分にまで関しても研磨の工程で最善の形になるように研磨を行います。



こんな鉄の塊に3月1日からは1本128,000円もの値段をつけます。
通常のNEW HAYABUSAが4本買える値段です。

ぶっちゃけ通常のNEW HAYABUSAの4倍の性能はありません。
ですが、私がこのHAYABUSA LimitedForgedにかけた手間暇と技術、そして魂は4倍どころではありません。

ファルコン自身、128,000円というのは魂を削って作った代償として考えています。

その価値を分かって頂ける方であれば128,000円は高く無いと思っております。

BoseIronFactoryにはボール盤が2つあって、そのひとつは毎日何度も稼働してます。


ボール盤
ボール盤ってこんなんです。


どのような時にボール盤を使うかですが、9.1mmや9.2mmであけられているアイアンホーゼル穴を先端径が9.4mmで作られているアイアン用カーボンシャフトに挿すためにホーゼル径を拡張するために使います。
また、BoseIronFactoryではMOIマッチング時のアイアンヘッドのの重量調整のためにボーゼル穴を深くする目的で使うことが多いです。
BoseIronFactoryが毎日使うのは主に後者の重量調整になります。

ちなみにですが、DGやNS、KBSなどのスチールシャフトの先端径は9mm若しくは9.02mmとなっていて、9.1mmや9.2mmであけられているヘッドのホーゼル内のサビをワイヤーブラシなどで綺麗に落としてやるとピタっと収まるようになっています。更には接着剤の膜厚も一番強度の出る膜厚になるようになっています。
なお、島田シャフトは9.4mmと9.0mmがあって、新しく出たシャフトはカタログ上は9.0mmになっています。
ですが実際にはかなりテーパーが強くて、最新の8001でも0.5インチ程度チップカットして硬くしようとすると9.4mm径であけておかなければ入らなかったりします。


少々話が脱線しました。
BoseIronFactoryではそうした使用方法のため、毎日何度もボール盤を使う訳ですが、工房さんによっては9.1mmや9.2mmであけられているアイアンヘッドにカーボンシャフトを挿す時しか使う機会が無いので、ボール盤自体を持っていない所もあります。

また話は少し逸れますが、全てのアイアンヘッドが9.1mmや9.2mmであけられている訳でもありません。ヘッドの中には最初から9.4mmであけられているヘッドもありますし、三浦技研のAサポート店であれば9.1mmから9.5mmまで0.05mm単位で指定が可能です。
なのでMOIマッチングをやらない工房ではボール盤の使用頻度も少なく、持っていない所も多いというわけです。

さてここでボール盤を持っていない工房が9.1mmや9.2mmのヘッドにどうやって9.4mmのシャフトを挿すのか?という疑問が出てきます。

その場合のやり方には2通りの方法があります。

ひとつは手で持つ電動ドリルに9.4mmもしくは9.5mmのドリルの歯を使って手でホーゼル穴を広げる方法。

もうひとつは9.4mmのカーボンシャフトを削っていって9~9.1mmにする方法です。



電動ドリルで穴を広げていく方法では、まっすぐに穴を広げていくのは難しく、曲がってあけられることも多いと聞きます。
また、ほとんどの電動ドリルではパワー不足ですから、穴を真っ直ぐにあけられたとしてもかなり面倒で時間もかかります。

もうひとつのシャフトを削っていく方法はそれほど面倒でもありませんから、かなりの工房でこの方法が取られているのですが、綺麗な真円に削っていくのは難しいです。


その昔BoseIronFactoryにMOIマッチングを兼ねて修理依頼で入庫したクラブがあったのですが、6本セットの中の1本が折れてしまったというものでした。
折れた1本はホーゼルの付け根からポッキリと折れていて、参考のため折れたシャフトも一緒に送っていただいたのですが、折れたシャフトの一番細い部分を0.01mmまで測れるデジタルノギスで測ってみたら7.2mmしかありませんでした。
太いところでも8.3mmとウッド用のシャフトよりも細くなっていたんですね。

アイアン用のシャフトはウッド用のシャフトよりも先端強度を弱く作ってありますから、7.2mmまで削られていたのでは折れて当然です。

他のアイアンは折れていませんでしたが、全部抜いて調べてみたら細いところでは7.8mmでしたし、どの番手も楕円形に削られているのばパッと見て分かるくらいでした。

そのセットは新品で組上げて2~3ヶ月しか経っていませんでしたし、シャフト1本で2万円はする高いカーボンシャフトでしたが、お客様には事情をご説明して6本とも違うシャフトにリシャフトとなりました。


ボール盤とボール盤で使う専用のホーゼル固定用バイスを使えば、まっすぐに穴を広げられます。
ドリルの歯も鉄工用の安いドリルではなく、超硬ドリルや超硬のスパイラルリーマーという先端工具を使えば更に真っ直ぐ綺麗に、楽に作業できます。
(超硬と言うのは文字通り超硬いということで、軟鉄ならちょっと硬めの木綿豆腐に穴をあけるくらいのチカラで削れていきますし、ステンレスでもサクサク削れます。その分高いですが・・・)

IMG_2777
BoseIronFactoryで使用している超硬スパイラルリーマー
穴を広げるにはスパイラルリーマーのほうが優れています。

IMG_2778
BoseIronFactoryで使っている超硬ドリルの数々
主にドリルは穴を深くしたい時に使用します。

スパイラルリーマーは歯を研ぐことは構造上難しいので切れ味が悪くなったら交換ですが、ドリルのほうは研ぐ(研磨する)ことが出来ます。
一般的には回転砥石に硬い砥石を付けて研磨するのですが、ドリルの歯を研ぐのはかなり難しく面倒な作業なので、ファルコンは下の写真のようなドリルシャープナーを使って研いでいます。

ドリルシャープナー
リョービのドリルシャープナー。
3万円ちょっとと安い割にはキチンと使えばサクサク削れる歯が復活します。


まぁ、ファルコンはHAYABUSAの研磨をするくらいですから、ドリルくらいなら回転砥石でも充分研げますけれども、ドリルシャープナー使ったほうが圧倒的に楽なので・・・(^^;;


ボール盤はハイパワーの何十万円~百万単位までするものもありますが、3万円程度の安めのボール盤でも超硬ドリルや超硬リーマーの良いものを選べば結構サクサク削れます(^^


ちなみに「削ったらヘッド重量が変わる!!ヘッド重量変わったらメーカーの設計した性能を引き出せないから絶対に駄目!!」と言っていた工房もあるかもしれません。(←すみません未確認です)
でも、大丈夫です。どのヘッドメーカーもその部分は織り込み済みですし、変わると言っても0.5gも変わりません。実際に9.1mmから9.4mmにしても変わるのは0.2~0.25g程度です。

そもそも7gピッチでプラスマイナス1gで精度が高いと言われるゴルフ業界ですので、0.25g変わってもそのくらいは他の部分で帳尻合わせていけますよ(^^


そんなこんなで、皆さんも工房を選ぶときには「ボール盤持ってます( ´ ▽ ` )ノ」という工房を選ぶ基準のひとつにしても良いのかな?なんて思います。

このところHAYABUSAの宣伝ばかりになってますが、もちのろんでオンリーワンのものはHAYABUSAの他にもたくさんあります。


0番アイアンといった、超ロングアイアンにかけては間違いなく世界一の品揃えですので、何卒ご贔屓にお願い致します(^^


まずは0番アイアンの定番モデルを2種。

零式Ver.2015
(れいしき)


零式Ver.2015-3
零式Ver.2015-2
零式Ver.2015-1

軟鉄鍛造マッスルバックのユーティリティーではない、本物の0番アイアン「零式(れいしき)」。 更なる進化を遂げたVer.2015です。 ロフト12度、ライ角57度、シャフトは弊社でテストをしたものの中からお選び頂けます。
長さは42.5インチ近辺で組上げます。 ヘッドをイチから見直して重心距離の再設定等、見えない部分での進化は大きなものがあります。 最終的な研磨はファルコンまつばら自身が行い、銅下メッキにソフトブラックの特殊メッキを施す等、改良点は20点近くに上るVer.2015。 零式Ver.2015は、実戦での力強い武器となると共に所有感をも満たす、現時点で考えられるアイアンへのこだわりを全てつぎ込んでいます。 打感と飛距離の世界最高峰をお届けします。 グリップはマスダゴルフ スリックフィットグリップ60R若しくはツアーベルベットラバー60R (バックライン有りをご希望の方はご注文時にその旨ご記載願います)

追伸:この零式Ver.2015は0番から10番(PW)まで揃うアイアン(中空ではありません)ですので、ゴルフトゥデイ主催のアイアンマンカップにもご使用いただけます。
(ゴルフトゥデイに連載「ゴルフ~北の国から~」を持っていたファルコンまつばらですので、ご安心くださいね)

その他の競技でのご使用ももちろん可能です。


お買い求めはこちらのBoseIronFactoryLimitedForgedShopでお願いします。





続いては同じ0番アイアンの
0番アイアン JCM-03 Div.ZEROです。

50D-00000179

50D-00000204


50D-00000308

神の飛距離を叩き出す、本物の0番アイアン零式のヒットにより、多くのゴルファーから「キャビティバックでの零式を!!」と言う声が寄せられました。

ロフト12度、ライ角57度、チップ経8.5mmでウッド用のシャフトを挿すことで「生涯最大飛距離をアイアンで!!」という零式の基本コンセプトはそのままに、キャビティバックでヘッドを大型化しほとんどのゴルファーに打ちこなせる本物の0番アイアンが完成しました。

JCM-03Ver.ZEROでは一人でも多くの皆様に0番アイアンの魅力に触れていただくため、銅下メッキを取りやめ、通常のサテンメッキのみとなります。
また、ドライバー用の高額なシャフトではなく、FW用シャフトを挿すことにより、零式から大幅な低価格化を実現しました。

それでも飛距離性能に一切の妥協を行わなず、誰にでも打ちこなせるロングアイアンとしているのは、ロングアイアンに絶対の自信を持つBoseIronFactoryならではのこだわりと言えるでしょう。


ヘッド:軟鉄鍛造キャビティバック
ロフト:12度
ライ角:57度

シャフト:弊社でテストしたシャフトからお選び頂けます。

グリップ:マスダゴルフ スリックフィットグリップ60Rまたはツアーベルベットラバー60R
(バックライン有りをご希望の方はその旨ご記載願います)

レングス:42.5インチ近辺(60度法)
総重量:325g~338g程度
クラブMOI:2670kg-cm2~2730kg-cm2

クラブMOIを中心に1本1本手作業にて組み上げてまいりますので、ご注文いただいてから発送まで7~10日程度のお時間を頂きます。

また、フレックスの違いによるシャフト重量差やグリップ重量公差によってレングス、総重量は上記範囲内で変わってきます。

スイングバランスは意味がありませんのでご指定は一切承りませんが、おおよそC8~D0程度となります(計測も行いませんしお知らせすることも出来かねます)。

追伸:このJCM-03Div.ZEROは0番から10番(PW)まで揃うアイアン(中空ではありません)ですので、ゴルフトゥデイ主催のアイアンマンカップにもご使用いただけます。
(ゴルフトゥデイに連載「ゴルフ~北の国から~」を持っていたファルコンまつばらですので、ご安心くださいね)

その他の競技でのご使用ももちろん可能です。


お買い求めはこちらのBoseIronFactoryLimitedForgedShopでお願いします。





FullSizeRender




RODDIO FW Rソールチューニング。

方向性が抜群に良くなるRODDIO FW用オプションのRソール。
本当に素晴らしいソールなのですが、ノーマルのままですとテイクバックする時にRソールの後部が引っかかるように感じることも。

BoseIronFactoryではソールの下駄の後部を研磨する事で、Rソールの素晴らしさはそのままに引っかかりを防ぐチューニングも可能です。

HAYABUSAウェッジ等で培った、ソールの抜けに対するノウハウとこだわりをRODDIOのRソールにもいかがでしょうか。

ご依頼はこちらのBoseIronFactoryWebShopからお願い致します。


IMG_2751
写真左がチューニング後

IMG_2747
写真上がチューニング後です。
続きを読む

BoseIronFactoryではJCMO(日本クラブMOIマッチング機構)としてクラブMOIマッチングセミナーを実施しています。

そのセミナーの中ではクラブMOIマッチングを中心とした講義を行いますが、実際にクラブMOIマッチングのやり方や考え方をお教えするだけでなく、クラブMOI的な考え方が一番大切ではないかと考えています。

先程上げたブログ記事の中で「1インチ伸ばすとヘッドスピードが1m/s上がる」という内容を書きましたが、このことはクラブMOI的な考え方を象徴するひとつの事例としてセミナーテキストにも記載しています。

セミナーテキストはクラブMOIマッチングの秘伝書とも言えますのでその内容全てをブログに書き記す訳にはいきませんが、「1インチ伸ばすと~」の部分だけは公開しますね(^^

セミナーテキストの最終章にこのことが書いてありますので、1~7章に関してはセミナーを受けた方だけです(^^;;

~~~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~~~

8.クラブMOI的考え方の実例
8-1. 1インチ伸ばすと・・・
皆さん気になされるヘッドスピードのことを例にとってお話ししましょう。
クラブを1インチ伸ばせば約1m/sヘッドスピードが伸びて、3~6ヤード飛距離が伸びるという神話があります。
このことは誰しも疑うことなく、まことしやかにお話されていますが、そこは百戦錬磨のゴルフ記者だったり評論家だったりしますから、「1インチ伸ばすと1m/sヘッドスピードが速くなると”言われています”から・・・」と皆さん他人のせいにしています。
これは実際にはほとんど伸びたためしがないからではないかと。

また、このことを逆に考えると、非常に面白いことが起きてきます。
45インチでヘッドスピードが40m/sの平均的なゴルファーがいるとしましょう。
1インチ伸ばすと~が真実であるとすると、1インチ短くすると1m/sヘッドスピードが落ちる事となります。
となると、5インチのクラブを振るとヘッドスピードは0になり、4インチだったらヘッドスピードはマイナス1m/sになります。
いくら短いとは言っても逆回転になるというのはありえない事です。

こうしたことに対して疑問を持つのがクラブMOI的思考の第一歩です。
実際に計算してみる。検証してみるというのがクラブMOI的思考の実践となります。

45インチのドライバーで1インチ伸ばした場合、45×25.4=1143mm→46×25.4=1168.4mmになります。

ヘッドスピードは周速度といって、回転運動における外周部の速度ですから、同じ回転数で回転した場合、半径が大きくなれば周速度=ヘッドスピードも上がると言う事になります。
この点においては理論的整合性は取れていることになります。

ヘッドスピード40m/sの場合の回転数は、回転数 = 周速度40m/s ÷(直径2286mm × π)
となりますから、ヘッドスピードが40m/sで45インチの半径とした場合、回転数は毎秒5.56975回転となります。
回転数を5.56975回転で固定した場合、半径が1143mmから1168.4mm(直径2336.8mm)となった場合の計算式は、周速度 = 直径2236.8mm × π × 回転数5.56975 となりますので、40.889m/sとなります。
1m/sまではいきませんが、0.9m/sなのでほぼ正しいといえますね。

と思われるでしょうが・・・・、実際にスイングする時ってクラブだけがクルクル回る訳でありません。
腕や身体全体も動いてこそのスイングとなるわけです。
体の回転まで入れたいところですが、ここは2・3歩譲って腕までとしましょう。

私の肩から手首までの腕の長さが550mm位ありますから、半径1143mmに550mmを足して、半径1693mmとします。
1693mmでヘッドスピード40m/sの場合、回転数は3.7603回転。ずいぶんとゆっくりになりましたが、実際に動画を撮って検証してみると確かにその通りです。
そうなると45インチから46インチになると1693mmに25.4mmを足して、1718.4mm×2=3436.8mmが直径となります。
その場合の周速度の計算は、周速度 = 直径3436.8mm × π × 回転数3.7603=40.6m/s
まだ四捨五入すれば1m/sになりますけれども、1インチにつき~ということですから、2インチ伸ばして47インチにしたとすると、直径が3487.6mmですから、2インチ伸ばしても41.2m/sにしかなりません。
ここまで来ると、いくらなんでも盛り過ぎと言わざるを得ません。
確かに元々の周速度=ヘッドスピードが速ければ、1インチ伸ばして1m/s上がる人もいます。計算上は45インチでのヘッドスピードがおおよそ70m/s以上ある人です(笑)

この計算はもちろん1インチ伸ばしても2インチ伸ばしてもクラブMOIが変わらないと言う前提です。
クラブMOIが変われば振る事自体によりチカラが必要となりますから、2インチ長くなると相当ヘッド重量を軽くしないといけないでしょう。

こうした思考をすることが、クラブMOIの本質を理解するためには必要となってきます。

1インチで1m/sというのはいわばゴルフ界の常識ですが、ロングアイアンは難しいというのも、ショートアイアンは引っかかるというのもゴルフ界では常識とされてきたことです。工房の中ではホーゼル内に錘をつけると重心距離が変わるというのも常識です。

その常識が実は非常識であったということを検証しても、変化を嫌うゴルフ業界にはなかなか浸透していきません。しかしクラブMOIが、クラブMOI的思考がゴルフ業界を変えていくことはもう誰にも止められません。

セミナーを受講して仲間となった皆さんはゴルフ業界を変えていく先駆者の1人です。
私達と一緒に変えていきましょう!!


~~~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~~

さて、いかがでしたでしょうか?

ゴルフ業界内で常識と言われていて誰しも疑うこと無く信じられている事ですが、ほんの少し疑問に思ったり、見方を変えるとその常識が本当にその通りなのかということがお分かりになると思います。

クラブMOIマッチングはもちろんですが、HAYABUSAウェッジなども「1インチ伸ばすと~」みたいに視点を変えることで初めて革新的なソール形状が生まれたと言えます。

IMG_1970
(写真が無くて寂しいのでHAYABUSAの写真をば)


NPシャフト


IMG_2725

軽いシャフトだからその分長くしてヘッドスピードを上げる。

実はこれ正しくもあり間違ってもいるんです(^^;;

でも、普通の工房さんでは「軽いシャフトだから長くしてヘッドスピードアップで飛びまくりですよ!!」とか言うところも多いとおMOIます(^^;;


まずクラブMOIの点から。
ヘッドの重量が同じ場合、長くなるほどクラブMOIは上がります。
クラブMOI=振るために必要なチカラですから、クラブMOIが上がると振るのにより一層のチカラが必要となります。
簡単に言うと振りにくくなるので、長いからといってその分ヘッドスピードが上がる事は物理的に有りえません。
逆にルールギリギリの短いクラブでクラブMOIが極端に低いクラブを作ったとしてもヘッドスピードが上がることはありません。

1インチ長くなるとヘッドスピードが1m/s上がると言う人達がいますが、例えば長さ500インチのドライバーを作ったからと言って、45インチでヘッドスピード40m/sの方が495m/s(45インチで40m/s+455インチ分)になるかというとなりません。
同様に長さ5インチのドライバーを振ったら、45インチでヘッドスピードが40m/sの人はヘッドスピードが0m/sになるはずですよね?
4インチのものを振ったらヘッドスピードがマイナスになっちゃいますし(笑)

このあたりは何事にも限度というものがあるという話でもあるのですが、物事を単に一つの事象から見るといけないということでもあります。

長くなって円の直径が大きくなることでプラスに働く部分と円の直径がマイナスに働く部分を併せて考えていかないといけないんです。

妄信的に1インチ伸びると1m/s上がると信じるのは結構ですが、単に信じること無く疑問に思うことも大切だと言えるでしょう。



話がそれてしまいました(^^;;


もうひとつ長くなることでマイナスに作用することが濃厚なのが、ミート率の低下です。
こちらは物理的に云々というよりは人としての感覚の問題ですが、長くなることで当たりにくくなることは容易に想像できるかとおMOIます。

更には、長くするにはヘッド重量を軽くする必要がありますが、ヘッド重量を軽くしていくとハンマー効果が薄れて、当たり負けを誘発します。



ヘッドスピードは思ったほど上がらないし、ミート率は低下する。しかも当たり負けの誘発も招きかねないということでは長尺にすることはデメリットも多いんです。


逆にシャフトが軽くて強いものであるならば、ヘッドを重くしてハンマー効果を高め、短くすることでクラブMOIを適正値にしていって、更にはそのことでミート率も上げていくという手法もあります。

デメリットはヘッドスピードが低くなる可能性があるということですが、45インチで高めのクラブMOIの場合の振りにくさと44インチで低めのクラブMOIの場合の振りやすさを天秤にかけると、44インチでも全く問題はにゃいと、弊社取締役営業部長のヤマトが申しております(笑)

ということで、作ったのが軽くて強いNP-4LシャフトでHソール42を装着してヘッド重量を増したこちらのドライバーです。


IMG_2726

うみゅ。
ファルコンの割にはよく考えて作ってあるにゃ・・・。


試打用兼、自分用(ごめんなさい、業務上横領一歩手前です)として作りましたが、弟子屈でラウンドできるのは4月後半からですから、それまでの間日本全国を巡業して行きますね(^^


FullSizeRender

NewHAYABUSAウェッジが入庫しました。

IMG_2665
FullSizeRender
IMG_2667
IMG_2668

大量入庫しましたので、54度を除いては数に余裕がございます。

1本1本手作業にて丁寧に組上げますので組み上げるまでの時間はかかりますが、ヘッド在庫はございますので、それほどお待たせすること無く組上げが可能です。

この機会に是非HAYABUSAの抜群の抜けとチャックリザックリしないウェッジをご体験ください。


ご購入はBoseIronFactoryWebShopから!!https://longiron.net/


ちなみに・・・

このHAYABUSAウェッジは某メーカーさんにお渡ししてあって、そのメーカーさんの次期ウェッジやアイアンの開発に寄与しているとのことです(^^
しかしながらHAYABUSAならではの特殊なソール形状は量産出来ないのでHAYABUSAのエッセンスは取り入れつつも全く同じには出来ないということで・・・。

ですので、棲み分けというわけではありませんが、やはりHAYABUSAウェッジのパフォーマンスを最大限に活かせるのはHAYABUSAウェッジだけということに。

ということで、HAYABUSAの性能を100%完全に活かせるのはBoseIronFactoryで制作するHAYABUSAだけです。

今まで1年以上も待ってくださった方もいらっしゃるのですが、ようやく注残も解消してほとんどおまたせすること無く組上げられる状態になりましたから、是非この機会をお見逃しのないようお願い致します(在庫持ちすぎというお話もありますけどね(^^;;)。

↑このページのトップヘ