ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

カテゴリ:MOIマッチング > MOIマッチングの理解を深める

日本プロゴルフ選手権の際に、蝶ネクタイ姿で初日上位に食い込み注目されたプロがいます。

三木龍馬プロ。
賞金ランクは現時点で183位とまだまだの伸びしろではありますが、前回は日本プロを予選大会から勝ち抜いての本戦出場でした。


三木プロ
GDOの記事も合わせてお読みくださいね!!
(画像クリックで記事に飛びます)

日本プロの本戦の会場にクラブMOIマッチングが完了したクラブセットを直送するという強行軍でしたが、指定練習日の午前中に到着したクラブセットにもすぐ慣れて、初日70の好スコアで、ほぼ無名だったプロが9位発進!!
成績だけでなく、蝶ネクタイをした独自のスタイルでも注目を集めました。

2日目は、ほぼアイランドグリーンとなったピン位置を果敢に攻めて行って順位を落としましたが、無事予選を通過し4日間に渡って私達をワクワク・ドキドキさせてくれました(^^


そしていよいよ今週木曜からは日本オープン予選大会です。
今回の日本オープンではキチンと予選に間に合うようにクラブMOIマッチングしてお送りました(^^

2018年の本大会は横浜カントリーでの開催ですから、予選通ったら私も横須賀に帰省するタイミング合わせて行きたいですね!!
BoseIronFactoryだけでなく、JCMO(会長権限で(笑))としても三木プロを全面的に応援したいと思っていますでの、皆さん、三木龍馬プロ、是非注目&応援お願いします!!



で、何でこのタイミングでお名前を出したかといいますと・・・、日本オープンの予選に向けて今日クラブMOIマッチングを完了したクラブをお送りしたんです(^^;;←お金いただいているお客様を優先したため&途中こちらに引っ越して大変お世話になった方が亡くなったのでそのお手伝いで遅くなりましたm(_ _)m

遅れてごめんね&送ったからね~ということを伝える際に、三木プロ御本人に名前出していいか確認したら「どうぞどうぞ!!ファルコンさんに調整してもらって誇りに思っていますから。」という涙出そうになるくらい嬉しいこと言ってくれるじゃないですか!!
なんかね、もうね、「三木プロ、死ぬまで応援するぜ!!」って気分になっちゃいます( ´ ▽ ` )ノ

ちなみに、三木プロのクラブはパター以外のほぼ全てBoseIronFactoryでMOIマッチングをしています。当然クラブにはBoseIronFactoryのシャフトラベルが光っています!!

そしてウェッジは支給したHAYABUSAを使っていますから、そうした点にも是非ご注目ください!!

クラブMOIマッチングを教えて欲しいというクラフトマンが最近多くなってきているようで、JCMOへの問い合わせもかなり増えてきております。

でも、MOIマッチングって、けっこう大変なのです(^^;;
一切妥協せず、一切手を抜かずはもちろんなのですが、MOIマッチング自体にかなり高い技術力が要求されます。
そしてMOIマッチングの考え方や理論的な部分がキッチリ分かっていないと適正なMOIを導き出すことも難しいんです(そのためにBoseIronFactoryではお客様からのMOI値の指定を一切承っておりません=お客様がご自身の正しいMOI値を理解されているようであれば私達の仕事はなくなりますので)。

実際に私自身も「あぁ、どうせこの程度ならわからないし良いんじゃないかな?」と思うような部分でさえも何度もやり直しをすることもありますし。

そんなことを絶対にやり抜いているからこそ、一定以上の高い品質を維持できていると思いますし、ご感想を頂いた方からは100%のご満足を頂いているのでしょう。
そして100%のご満足を頂いているからこそ、ほとんどのお客様がリピーターになって頂いていると思っています。




そんなこんなで、MOIマッチングの品質を落とさないためにMOI関連のワードは登録商標にしています。

勝手に使うと商標法違反になるのでご注意くださいね(^^

品質を落とさないためですから、こちらで確認をさせていただければ無償でOKです。

品質確認を含めた、MOIマッチングのセミナーも無償で行っております。

MOIマッチングセミナーは最低でも丸一日かけて行います。
丸一日かけて行うということはBoseIronFactoryも一日分の売上を失うことでもあります。
(実際には準備もあるので1日半はかかりますが)

売上を失って、かつ同じMOIマッチングを出来る工房さんを増やすわけですから、ライバルを増やす作業を積極的に行っているということですね(笑)

その時点で「はぁ?そんな事するなんておかしいでしょ?無償でやって後で大金取るってパターンでしょ」と思われる方もいらっしゃいますが、JCMO認定店になっても今の所1円も頂いておりません。

では何でそんなことをするかというと、私の師匠(KURO超師匠)以外の人にはMOIマッチングでは未来永劫絶対に負けない自信があるから。

BoseIronFactoryは昨年だけでも2,000本以上のクラブのMOIマッチングをやっていますし、その中で日々研鑽を積んでいるので、私自身のスキルも日々ブラッシュアップされています。

こうしてブログを書くことも考え方をまとめたりする上でとても有用ですし(そのため、「このヘッドでこのシャフト、このグリップで何インチに仕上げました」というようなブログが無いんです)、申し訳ないですが他のどの認定店よりもMOIマッチングに関しては自信を持っています。

MOIマッチングの総本山的な存在とも言えるので、ライバルと言うよりは仲間が増えるという認識ですね(^^;;



話がそれました(^^;;

商標のお話に戻しますね。

MOIマッチングが非常に面倒で、でもその面倒をしっかりやらないと、一定以上の品質を保てない。
一定以上の品質に拘っているからこそ、その品質を確認するための方法が必要になってきます。MOIマッチングというワードを正規に使っているところなら、多くのお客様が安心してMOIマッチングをやっていただけるように。


さて、取得しているMOI関連の商標は、クラブMOIマッチング、MOIマッチング、クラブMOI、MOIチューニング、MOIの5ワードですが、MOIに関してはキャスコさんがスポーツ用具(ゴルフクラブ)そのものに関しては先に取得しておりますので、JCMOとしてはスポーツ用具(含む:ゴルフクラブ)の修理(調整)に関して取得しています。

MOI以外の4ワードに関してはゴルフクラブを含めた商標の取得をしております。

従いまして、JCMOに無断で上記のワードを使用してゴルフクラブの調整・組み上げをすると商標法違反となりますのでご注意ください。


一番下に書いたように、商標法違反は結構重い罪になりますので、いくら無償と言ってもファルコンに断りを入れるのは嫌だと言う方はMOIという言葉のご使用はお控えくださったほうが無難です。


また、JCMOのホームページ(https://www.club-moi.org/)の認定店以外に記載されているお店(クラフトマン)以外のお店には商標の使用を認めておりませんので、認定店以外のお店でMOI関連の商標を使っているところは全て商標法違反のお店になります。

もし、マナーを重んじるゴルフに関わる方で、違法行為をやっているところがありましたらファルコン個人としても非常に悲しく思うものであります。





商標法違反は秘密保持命令違反を除き、告訴がなくても起訴ができる非親告罪です。
商標法第78条によると、商標権を「侵害した」場合は10年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金となります。一方、商標権を「侵害したとみなされる行為をした」場合には、5年以下の懲役または500万円以下の罰金になります。両方のケースとも、懲役と罰金が併科される場合もあります。

新しくアイアンを買った。
買って嬉しいけれど、なんとか打てるのは8番か7番まで。
頑張って練習して打ちこなせるようにします。

というパターンは多いですが、

新しくアイアンを買った。
買って嬉しいけれど、なんとか打てるのは8番か7番まで。
JCMO認定店でクラブMOIマッチングしてもらうことにした。
特に打ちこなす練習をしないでも3番アイアンが打てるようになった。


というパターンもあります。


最近では、アマチュアだけでなく、多くのプロゴルファーにもクラブMOIマッチングが浸透しつつあります。
(プロのお名前出して良いのか正式にお聞きしておりませんので、プロのお名前はシークレットモード(パスワード必要)にて御覧いただけるようにしておきます)



続きを読む

先日に話題になってFacebookでも話題になっていたのが石川遼プロのドライバーが安定しないお話。

「本当はいいたくないけど…」石川遼が初めて明かしたドライバー不調の本音
http://www.alba.co.jp/tour/news/article/no=90966


この記事に対して、私は5月18日の夜中に以下のようにFacebookで書きました。

ファルコン まつばら
5月18日 3:05 · Bose Iron Factory Teshikaga Branch
「ネック軸周りMOIが高く、かつクラブMOI自体も高いことからでも起こると思われます。
彼の場合はロングアイアンも右に行くので、長いクラブのMOIは明らかに高すぎるのだと思われます。
ここからは推測ですが、石川選手の場合、クラブMOIの高低に関してはあまり適応範囲が広くないような気がしています。手嶋プロのセルフMOI的に長いクラブのスイングバランスを落とすか、キチンとMOIマッチングを行うと球がバラけること無く、もっともっと活躍出来ると考えています。
って、私がいくら言っても本人には伝わらないとは思いますが、おっしゃっていただければいつでもご協力しますので試して見る価値はあるかと(^^;;
万が一にもあり得ないですが、やってみてダメだったら戻せばいいですしね。」


もちろん石川遼プロからは連絡はありませんが・・・(笑)


このドライバー不調の記事に対して、多くの方がFacebookやツイッター、ブログ等でそれぞれの考えを書いていましたから、ご覧になった方も多いのでは無いかと思います。

もちろん私達以外の人達はクラブMOIが球筋に影響を与えることをほとんど知りません。
ですから重心距離から来るネック軸周りMOIが影響を及ぼしていて、重心距離が短く、ネック軸周りMOIが低いドライバーを使えば良いと言う方が多く、その事は新たな記事として取り上げられることもありました(^^

中には「スイングが悪いから曲がるんだ」という方もいらっしゃいましたけどね(^^;;
(石川遼プロのスイングが悪いと言える方は石川遼プロよりもいいスコア出せるのかな?←意地悪なファルコン(笑))

石川遼プロは間違いなく凄いゴルファーで、数々の実績もあるゴルファーです。そのスイングが悪いというのは考えにくいことです。

「そもそも石川遼プロに合わせて作ってあるはずのクラブで曲がるというのはCallawayのツアーレップが悪いんからだ」という声も聞かれましたが、広告塔でもある石川遼プロにRODDIOのCompactDriverを使わせるわけにもいきませんしね(^^;;


そんなこんなでファルコンとしてはネック軸周りMOIだけでなく、クラブMOIも影響しているという2本立てで考えた訳です。


そのことを証明する記事がファルコンが横須賀出張から戻ってきたら出ていました(^^;;←悩んでいる御本人に申し訳ないので汗かいてます。




その記事は・・・

ドライバー復調の石川遼「今度はアイアンが左にいく」
http://www.alba.co.jp/sp/tour/news/article/no=91809?tourid=92049&cat=0

というものです。

この時にFacebookに書いたのが、次のことです。

ファルコン まつばら
5月25日 16:47 · 

「そりゃそうですよね(^^;;
ドライバーのクラブMOIは高くて、アイアンは低め。
クラブMOIの高いドライバーの不調をなんとかしようと練習にハゲめば、クラブMOIが低いアイアンは振り過ぎることになって当然左に行きます。
いつもクラブで悩んでいるようですが、クラブMOIマッチングならそれ、すぐに解決できますよ。

遼くん、クラブMOIマッチング、いい加減にやろうよ~~~~(^^;;」


そうなんです!!

石川遼プロはやっぱりクラブMOIの違いに翻弄されているのです・・・。
5月18日に書いたとおり、石川遼プロのクラブMOIに対する適応範囲はそれほど高くは無いと思えると書きましたが、この記事でアイアンが左に行くという事で、重心距離から来るネック軸周りMOIだけでなくてクラブMOIが非常に強い影響を及ぼしていることに確信を持ちました(^^

Callawayさん、石川遼プロに重心距離の短いドライバーを支給するだけじゃダメですよ!!
重心距離(ネック軸周りMOI)だけなら、すぐにまたドライバーの不調に繋がりますし、根本的な解決にはなりません。

石川遼プロのクラブのクラブMOIマッチングをさせてもらえたら、石川遼プロの優勝を3つくらいは約束しても良いくらいです(^-^)v

BoseIronFactoryの名前出さなくても構いません(そのかわり料金はしっかりいただきますよ~)から、マジで試すだけでもやってみる価値はありますよ~~~!!

2017-09-28-08-10-14
石川遼プロの写真が無いのでイクラ丼にしてみました(^^;;
だってライセンスフリーのが無いんだもの・・・。



ちなみに・・・、クラブMOIが石川遼プロの球筋に大きな影響を及ぼしている証拠として、、、、

石川は705ヤードと異例の長さの16番(パー5)でつまずいた。第1打を大きく右の林に曲げると、ここからラフを渡り歩いて5オン2パットのダブルボギー。予選落ちに直結する痛いミスとなった。
 決勝ラウンドに進めなかったのはミャンマーで行われた1月の第2戦以来で今季2度目。26歳の選手会長は「試合が続いて疲れもたまっていた。ただ、アイアンショットの修正はできてきている。来週までにいい準備をしたい」と話した。

ほらね、クラブMOIの低いアイアンショットが調子良くなると、クラブMOIの高いドライバーショットが右に行くんです・・・。

ああ!!歯がゆい!!
すぐにでも石川遼プロのクラブ弟子屈まで持ってきなさいってば!!(^^;;

ええ、すみませんm(_ _)m

最初に誤っておきますm(_ _)m


大人の忖度で名前は明かしませんけれども、今週千葉の房総カントリーで開かれる日本プロゴルフ選手権(日本プロ)にファルコンがMOIマッチングしたアイアンセットを使って(多分ね)某プロが参戦致します。


IMG_0632
このアイアンを使うと思われます。





31841833_1604593646304677_1100808295582531584_n


バックフェースをお見せできないのが残念ですが、これらのセットにもBoseIronFactoryのこのシャフトシールが貼ってありますので、よーく目を凝らして観ていると見つけられるかも・・・(爆)

翌週のAbemaツアーにも出場するとのことですし、その際には新たに支給することが決定したHAYABUSAウェッジを入れての参戦になるかもしれませんから、日本プロだけでなくAbemaツアーも是非よろしくお願い致しますm(_ _)m

ホントはお名前出してしまえば応援のしがいもあるんですが、そこは今でも素晴らしいクラブを供給して頂いているメーカーさんへの敬意を払わないといけませんしね(^^


素晴らしいヘッドと、素晴らしいシャフトあってのMOIマッチングですから、ファルコン的にもどのメーカーであってもMOIマッチングしたクラブで活躍してくれることが一番でありますし。



という事で、かなり中途半端なオネガイになってしまいましたが、シャフトにキラリと光る、BoseIronFactoryのシャフトシールを目印に是非是非皆様、応援のほどをよろしくお願い致しますm(_ _)m



試打やレッスンでいろいろな媒体に蝶ネクタイ姿で登場しているこんちゃん(今野一哉プロ)。

30711984_1587931497970892_975498824539490520_n


スーパーゴルファーだったり、神だったり、マスクマンだったりと、イロモノプロゴルファー(笑)というイメージも強いかもしれませんけれども、実は彼ほどゴルフに対して真摯に向き合っているプロも珍しいのでは無いかと思うくらいの真面目な好青年です(^^)v

真面目過ぎるからこそ、ちょっとおふざけな出で立ちで登場しているので、皆さん、生暖かい目で見守ってやってくださいね(^^;;←まぁ、私もそういった一面がありますけれども・・・(爆)

さてさて、そんなこんちゃんにはBoseIronFactoryとしてもクラブチューニングの立場からサポートしているのですが、こんちゃんがFaseBookで先日MOIったUTに関して上げていただいていましたので、こっちにも載せちゃいましょう(^^

(最近自分で記事書いてないじゃん!!というご指摘が一部から聞こえてくるような気もしないでもないですがそこはご勘弁を・・・)

~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~


クラブチューンの契約先でもあるBOSE iron factoryに仕上げてもらったクラブ。
31841833_1604593646304677_1100808295582531584_n

最近よく聞くようになってきたクラブMOIマッチングによりUTが生まれ変わりました。

この違いは理解してチューンしてしばらくしてみたらわかる感じですかね。

バランスクラブは腐るほど打ってきたんでその違いは僕にはわかりやすかったですが、わからない人も気づかぬうちにその恩恵を受けてる感じになると思いますね。

まぁ教える立場上知見は広い方が良いと思って実地してます。


興味がある方はお問い合わせくださいね〜
クラブに慣れるまでの時間は圧倒的に変わりますよん


~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~~

さすがはこんちゃんプロ。

分かっていらっしゃるですね(^^

こんちゃんプロのクラブはちょうど1年前くらいにアイアンセット一式をMOIって、慣れるまでに少し時間がかかったのですけれども、結果として平均ストロークで1.5打ほど良くなったということですので一安心。

こんちゃんレベルで1.5ストローク良くなるって、並大抵のことじゃありません!!

感覚的に言うと、アベレージ100の人が85アベレージで回ってくるようなものですから、こんちゃんと言えどもMOIマッチング恐るべし!!というところでしょうか?


こんちゃんプロには、HAYABUSAノーマルバージョンも支給して試してもらっていますので、しばらくラウンドで使ってみたら、きっと感想を送ってくれるものと思います。

こんちゃんプロは最近試合には出ていませんけれど、個人的にはMOIって平均ストローク良くなったことでまた出てくれないかなぁなんて思ってみたりしてます。



ばんがれ!!こんちゃん!!なのです~~(^^

B4CB3599-EAF5-4862-A712-9F076F2B5DF1


昨日(19日)は天気もよく、風も穏やか。

MOIマッチングは相変わらず頑張ってやってますが、接着待ち&乾燥待ちの間にファルコン号を倉庫から引っ張り出して冬眠から起こし、軽く洗車してました(^^)



さて、そんなファルコン号(YAMAHA GTS1000)は93年に発売されたバイクですから25年前のバイクですが、当時の革新的な技術の結晶とも言えるYAMAHAの意欲作でした。


フロントはダブルウィッシュボーンサスペンションを90度ズラした形の片持ちフロントサスペンション。


その片持ちサスとエンジンを抱え込むようなΩ型のフレーム。


IMG_0505


まだキャブレタ主体の吸気だった時代にインジェクションだったり、ECUを装備していたり。


バイクではまだまだ珍しかったABSも選べました。



25年経った今でもその重さ以外は最新のバイクと見まごうくらいですし、今実際に走っても本当に素晴らしいバイクです。


ただ、非常に残念なことに当時もコンベンショナルなバイクを求めるライダーが多く、全くと言って良いほど売れませんでした。



当時のBMWバイクもテレレバーと呼ばれるフロントシングルサスでした。
今でもテレレバーは採用されており、当時の技術が今も正当な進化を遂げて採用され続けていることとなりますが、テレレバーに関して言えば、バイクに詳しくない人が見ると通常のフロントフォークと大差無い見た目のため、一見するとコンベンショナルな形式に見えます。

その後デュオレバーと言うテレレバーを更に進化させたものが出てきましたが、見た目が異型とも言えるからか、現在のラインアップの中にはフルカウルでフロント部分を隠しているグランドツアラーしか採用されていません。
(デュオレバーの採用はK1600GTL等々、テレレバーはR1200GS等でまだ現役です)

バイクで言うと、ELFやビモータTESIなども革新的な技術で異型でしたが、言わずもがなですね(^^;;





革新的な技術がなかなか受け入れられないのはバイク業界だけでなく、様々な業界でも言える事です。


また、ある程度こなれたというか技術が安定して来るまで待とうという方も多いですしね。




マーケティングの中に、イノベーター理論というものがあります。

イノベーター(革新者)→アーリーアダプター(初期採用者)→アーリーマジョリティ(前期追随者)→レイトマジョリティ(後期追随者)→ラガード(遅滞者)

という流れで新製品等は普及していくというモノですが、イノベーターは全体のわずか2.5%。
アーリーアダプターが13.5%で全体の16%に普及すれば、アーリーアダプターがオピニオンリーダーとしての役割を担ってくれるので普及していくと言われています。


ちなみにラガード(遅滞者)と言われる最後に乗ってくる方たちは、「トレンドや世の中の動きに関心が薄く、イノベーションが伝統になるまで採用しない」と言われていますから、BMWのテレレバーであってもラガードにまで普及するにはあと数十年はかかるかとおMOIます(^^;;






クラブMOIマッチングはゴルフクラブにおける革新的な技術です。

そしてクラブMOIマッチングではゴルフクラブの見た目を全く変える事なくMOIマッチングすることが出来ます。


スパイン調整のように様々な説があり、いったいどのように調整すれば正解のかと言うこともありませんし、もちろんルールに抵触することもありません。


MOIマッチングはゴルフクラブに於いてはコンベンショナルな技術ではありませんが、MOI自体が古典物理学の基礎の基礎とも言える考え方であり、慣性モーメントの考え方自体は非常に古いと言えます。

そうした意味ではコンベンショナルを求めるゴルファーにもMOIマッチングは普及していく可能性はBMWのテレレバー以上にあるのでは無いかとおMOIます。



とは言いましても、MOIマッチングはまだまだゴルファーの2.5%にも普及していません。

けれども、今日また国内外で戦うトーナメントプロのMOIマッチングも決定しました(^^)v



常々ゴルファーの10%に浸透するまでは死ねないなんて言ってきましたが、16%になるまでに情報修正しようかな・・・(^^;;

MOIマッチングが大したことないと思っている方、たくさんいらっしゃるとおMOIます。

でも、本当に大したことないものであれば、わざわざ都会から弟子屈という地の涯まで引っ越して来るとおMOIますか?

MOIマッチングしてから大したことないと思うのであればそれでも良いです。

本当に大したことがないのでしたら送料までも全額返金し、完璧に元の状態にお戻ししますし。
でも、そうした方、本当に今まででお一人もいらっしゃらないんです。

「大メーカーがやっていないし、トッププロもやっていない。本当によかったらやるはずでしょ?」というご意見もございますが、トッププロでもアマチュアでも、MOIマッチングしないと良さは分かりませんし、メーカーの方々には(申し訳ありませんが)MOIマッチングの知識も経験もありません。

仮に中途半端な知識や技術でMOIマッチングしても全く効果は無いばかりか、かえって打ちにくい倶楽部になってしまいます。

メーカーの方も本気でやりたいのであれば、知識もMOIマッチング本数もあるところに聞くべきですが、お問い合わせは数件あったものの実際にお教えしたことはございませんから(^^;;



メーカーの方もその殆どが「大したことないだろう」という前提でお考えになっている限りは分かっているごく一部の方のみがMOIマッチングの恩恵にあずかることとなるのでしょうね・・・。


まぁでもそんなことは百も承知です。
そんな簡単に普及していったら、ライフワークでは無くなってしまいますしね(^^;;


なんかまとまり無いですが・・・


MOIマッチング舐めんなよ!!とだけは言わせていただきます(笑)

おそらくご覧になることは無いでしょうが、手嶋多一プロに向けてのメッセージです(^^;;



手嶋プロ、突然のお手紙失礼致します。

私、ファルコンまつばらは北海道の弟子屈(てしかが)という小さな町でクラブMOIマッチングというクラブチューニングを専門にやっております。

手嶋多一プロのクラブセッティングがミズノのホームページに出ており、非常に興味深く拝見させていただきました。

https://www.mizuno.jp/golf/players/kokunai_men/teshimataichi.aspx?ad=mm20170413pk

これを見るとMS-211の1番アイアンが載っていて、このことがFacebook上でちょっとした話題になっております。


このブログをご覧になる皆さんでしたらそれほど驚くことも無いでしょうが、一般的に考えるとこのご時世にわざわざ1番アイアンを入れることもあるという所に皆さんビックリされているようです(^^



手嶋プロのセッティングを拝見して、私自身が「フムフム・・・」と思った点はと言いますと・・・。


MS-211が40インチ、シャフトがDG-S400で、スイングバランスがD1.0、4番アイアンからが同じDG-S400でスイングバランスがD3.0、4番の長さが38.5インチとなっています。

お聞きになられたことはまだ無いかもしれませんが、クラブMOIマッチングをすると、同じシャフトでクラブMOIを揃えたとすると、1番手で0.4~0.6くらいのクラブMOIがフローしていきます。

ですので、40インチの1番の場合場合でD1.5くらいになるとほぼほぼ同じクラブMOIになります。


手嶋プロの場合は40インチの1番でD1.0ということですから、普通に打てて当然であり、むしろ4番アイアンよりも振りやすく・打ちやすいと感じている可能性が高いのではないでしょうか?


MS-211
写真は5番ですが・・・


ミズノさんもこのことにはなんとなく気付いているとはおMOIますが、手嶋多一プロはご自身ではお分かりになっているとおMOIます。

手嶋プロ、それがMOIマッチングですよ(^^


MOIマッチング自体、魔法だと表現される方もいらっしゃいますが、手嶋プロのように今まで感覚だけで決めていた振り心地と実際の球筋の変化にクラブMOI値という数値で表される基準を取り入れるということでもあります。
スイングバランスが14インチの部分に10キロのオモリを付けても数値的には全く変わらないのに対して、クラブMOIは大きく変わってきます。
クラブMOIマッチングは魔法では無く、物理としてクラブ全体の慣性モーメントを表したものです。そうした意味では、10キロのオモリを14インチのところに付けても変わらないスイングバランスのほうが魔法です(^^;;

スイングバランス自体がそうして理論的破綻を含んでいるのに対して、クラブMOIは理論的破綻のない整合性の取れたものであります。

「いやいや、そうは言っても、感覚が一番ですよ。」とおっしゃるかもしれません。


クラブMOIは数値で表されますけれども、その数値は振り心地という感覚を数値化したものなんです。

数値で表される基準を取り入れること=感覚を数値化すること=感覚を視覚化することでもあります。

今までずーっと「こんな感じかな?」という感覚のみで行っていたモノを数値として視覚化出来ますから、新しいクラブを全く同じ振り心地にするのも簡単に、かつすばやく行うことが出来ます。



手嶋プロ、新しいドライバーを今までと同じ長さ、同じ重さ、同じスイングバランスで作ってもらっても、「ちょっと違うなぁ?」と感じられたことあるでしょう?
そう、それがクラブMOIの違いによるものなんです(^^;;

そしてそのクラブを納得行くまで調整するのに、手嶋プロご自身もミズノさんもどれだけの時間と労力をかけてきたでしょうか?

クラブMOIマッチングの考え方をキッチリと理解して取り入れることができれば、今まで相当な時間と労力をかけていた振り心地=クラブMOIの違いによる感覚の違いだけでなく、振り心地=クラブMOIによる球筋の違いまでもすぐに調整することが出来ます。


手嶋プロのクラブを私が調整することは出来ません。



ですが、ミズノさんにクラブMOIマッチングをお教えすることは可能ですし、是非ともやらせていただきたいと思っております。

手嶋プロにとってもミズノさんにとっても悪い話では無いと思うのですが、いかがなものでしょうか?



今日は午後から工房をお休みして釧路までスーツを作りに行ってきました。
私の場合、ちょっと特殊体型でして、上着で合わせるとウエストはブカブカ。
ウエストで合わせると上着に腕も通せないという状態になってしまうんですね。
ですので、日本のメーカーのものはほぼ合うものがなく、イタリアやアメリカの外国ブランドのスーツでないとまともに着ることが出来ません。

スーツの場合は体型だけですから、多少高くなるのを我慢すれば何とかなりますけれども、ゴルフクラブの場合はそこに体力や筋力、スイングの癖などが絡んできます。

日本メーカーのスーツでもY体、A体、B体などの体型とY7、A6、B8といった体格(ですよね?)という組み合わせなのに対して、ゴルフクラブの場合はフレックスやロフトの組み合わせが主でシャフト違いなどはオプション設定のことも多いです。
身長160cmの人で腕の長さが80cmの人もいれば、身長180cmで腕の長さが80cmの人もいるのに、同じ番手であれば長さはそれほど変わらないですし。

体格や体型を考えてクラブ選びをするクラブフィッターは結構いらっしゃいますが、千差万別な体力や筋力を考えてフィッティングする要素ってR・S・Xのフレックスや目安である振動数位かと。

クラブMOIマッチングはそこにもうひとつの視点であるクラブMOIを取り入れることで、より皆さんにマッチしたクラブのご提供が出来るのでは無いかと考えております(^^

もちろんそこまでのチューニングをすると、オーダーメイドのスーツ以上にピタッと来ますし、オーダーメイドのスーツが非常に高額になり吊るしのスーツの何倍もするのに対して、MOIマッチングでしたら1本5,500円。

MOIマッチングが高いとお考えになっている方はそうした違いがあることを考えていただければ幸いです(^^



FullSizeRender
パパ、何言ってるにゃ?
僕たちを置き去りにして釧路まで行くなんてダメにゃ!!

↑このページのトップヘ