ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

カテゴリ: 弟子屈カントリー便り

_MG_0118
BoseIronFactoryから屈斜路湖方面(北東)


_MG_0110
BoseIronFactoryから阿寒湖方面(西北西)

街明かりがあってもここまで星が見えるここ弟子屈のポテンシャルは本当に凄いですね。

秋や冬になるともっともっと綺麗に見えるので、その頃もたのしみです(^^)v





そういえば、うる星やつらのエンディングテーマでヴァージンVSが歌っている「星空サイクリング」という曲があったのぉ・・・(笑)



コース内にわさびの持ち込みは禁止しておりませんが、わさびを捨てるのはご遠慮くださいますようお願い申し上げますm(_ _)m


あ、もしかしてマヨラーならぬワサバーが、落としたとか?


(真面目な話をすると、キタキツネかカラスが咥えて来て、わさびの辛さにびっくりして落としたなかなぁと思われます)


凍裂のあと。

マイナス20度を下回ることのある弟子屈では冷え込んだ朝にパキッ!!っと凄い音をたてて木の内部の水分が凍る事でこうした亀裂ができます。

その音は森の中に反響し、神秘的な音を森中に響かせます。


弟子屈ではそれほど見ませんが、弟子屈カントリーは摩周湖に登っていく途中にあるので、BoseIronFactoryより寒くなるのかもしれませんね(^^;;

まだ詰めていかなければいけない部分は山積していますが、今私達はゴルフ場利用の新しい可能性を考えています。

本日、無事、弟子屈カントリーのご協力も得られることになりましたので、弟子屈カントリーでこの可能性を試してみたいとおMOIます。

弟子屈町も、弟子屈の町民も巻き込んで、大の大人がワクワクするようなことをやってみたいですね(^^)v


あまり時間がありませんが、まずは9月中旬から9月後半にかけて行いたいとおMOIます。


どんなことかと言いますと、


弟子屈カントリーの芝生の上で星空を見ながらのキャンプ!!


夜は利用されないゴルフ場、しかも星明かり以外は全く明かりのないゴルフ場!!

芝の上でキャンプをするのは多くのアウトドア好きの理想ですが、ゴルフ場のような綺麗な芝はなかなか無いですし、 何より弟子屈では天気さえ良ければ圧倒的な星空を見ることが出来ます。



星空


最終組が出発してからテントの設営、夕食は北海道の海の幸・山の幸をふんだんに使ったバーベキュー。

町の温泉に浸かって疲れを癒やしてもらった後は、こうした満点の星空を芝生の上から見て頂く。

朝は朝もやのなか、お母さんには芝の上でのヨガ教室などでリフレッシュしてもらい、お父さんとお子さんには朝もやに煙る摩周湖を見てもらったり・・・。


朝、テントを撤収してからは、オプションツアーの釧路川の源流からカヌー下りをしてもいいですし、お父さんはそのまま弟子屈カントリーでゴルフするもよし。


こうしたとてつもないポテンシャルを持っている弟子屈ですが、残念なことにそのポテンシャルがどれほどのアドバンテージを持っているのかこの町で生まれ育った人たちの多くは気づいていないのかもしれません。
屈斜路湖、摩周湖、釧路川、硫黄山、広大な牧草地や農地、エゾシカやキタキツネ、エゾユキウサギなどの動物たち・・・。

それぞれ点と点でも素晴らしいのですが、その点と点を線で結び線とすること、その線を面にして、更には奥行きを持たせて3D化していくことでそのポテンシャルが最大限活かされ、町ももっともっと活性化していく。

弟子屈に引っ越してきて1年と2ヶ月。
町の人達には本当によくしてもらっていますから、弟子屈のポテンシャルを活かしていくことで弟子屈町に少しでも貢献できたらと思っています(^^)v




あ、もちろんBoseIronFactoryでクラブMOIマッチングもしますから、ゴルフクラブも持ってきてくださいね(^^←星空キャンプは手弁当で、それでは食べていけませんから(笑)

昨日、弟子屈カントリーの受付のお姉さんが言っていたのですが、「ファルコンさんって有名なんですね〜。『弟子屈カントリーってファルコンさんが働いているんですよね?』っておっしゃって予約されるお客様、多いですよ」って。

いえいえ、有名なんてとんでもないです(^^;;
クラブMOIマッチングというクラブチューニングでは割りと早い段階からやっていますけれども、実際には単に貧乏なゴルフクラブのチューナーです(^^;;

なのですが、弟子屈カントリーにいらっしゃるお客様が、私のことを知っていてくださるのは大変ありがたく嬉しいことです(^^
2016-05-28-08-11-34


でも、グリーンキーパー見習いの仕事をしていて、毎日コースに出ている割には全然皆さん声をかけてくれることが少ないので、弟子屈カントリーで見かけた際には、是非是非お声がけくださいね(^^


ちなみに皆さんがラウンドされているときは林の中などで邪魔にならないように草刈りの作業をしていることが多いです。

平日・祝祭日は午前5時から午後2時30分まで、土日は午前5時から午前9時くらいまでおります。

ロビーには連載開始から最新号までのゴルフトゥデイも置いてありますので、読み逃した方は是非ご覧下さいね!!
 

グリーンキーパー見習いの仕事もしていて、残念に思うのは多くのゴルファーが目土をしないこと(^^;;

マイ目土袋を持ってのラウンドってカッコいいと思うし、ターフエイドをすることで気持よくラウンド出来ると思うのですが・・・(^^;;


そんなこんなで、自分でテストラウンドするときはもちろんですけれども、仕事としてもターフエイドは欠かせません。

私達プロが目土をする場合、通常の目土袋では全然足りませんから、ポリバケツに砂と芝の種を混ぜて使います。
芝の種を入れておくことで、周りの芝の生育だけに頼らず、目土した部分からも芝が生えてきますから相乗効果がありますし(^^)v
(ティーグラウンドに置いてある目砂に種を入れておくと目砂から芝が生えてきてしまうのでティーグラウンドの目砂は砂だけです←当たり前かっ!!(笑))



2016-06-24-07-30-21
こんな感じで砂が8割、種が2割程度とかなりたくさん種を入れます。

すると・・・・

2016-06-25-08-26-25

なんということでしょう~(^^

2016-06-25-08-26-36

もちろんすぐには生えてきませんけどね(笑)


2016-06-28-07-10-59


弟子屈カントリークラブでは、毎日数百のディボットが出来ますが、こうしたスタッフの努力によって綺麗なコースが維持できているとおMOIます(^^

 2016-05-28-08-11-34

ぜひぜひ皆様、弟子屈カントリーへお越しくださいね( ´ ▽ ` )ノ


(その際、「ファルコンのブログを見て予約しました!!」と言っていただけると、ファルコンに紹介料として1円も入ってきませんが、嬉しいのでファルコンの自腹で何か差し上げます(笑))


本日も快晴の弟子屈カントリークラブです。

コースの状態も良いので皆様のご来場をお待ちしております( ´ ▽ ` )ノ


ちなみにこんなのに乗って林の中を刈っているハゲを見つけてもボールを打ち込んだりするのは禁止ですよ(^^;;


8番グリーン奥。

8番グリーン脇。


こちらは練習場の裏。
こちらが練習場。

どちらも洋芝で刈り高は40mm位です。


晴れた夜に満天の星空を見ながらキャンプしたら気持ちいいでしょうね(^^

さすがにコース内では芝が痛むので、コース横の芝のスペースなら大丈夫かと。


というイベントも良いと思います。


弟子屈カントリークラブ、ポテンシャル高いっす。


実行に向けて動き出そうと思います。

どうせなら町も巻き込んでやってみたいです(^^

ちなみに先日いらっしゃった、Mさんのアイデアですけどね(^^;;


カートのシートが汚れています(^^;;


誰だ?犯人は?


朝来てみたら汚れていたから夜中に誰か入って汚したのか?



むむむむむ!

カートの屋根の下になんかあるし!!!





鳥の巣でした;^_^A




しっかし、一晩で作っちゃうとわ!!!

今日は蝦夷雪ウサギも出てきたし、まさに大自然の中のゴルフ場ですね。


弟子屈カントリークラブ( ´ ▽ ` )ノ

北海道には梅雨がありませんが、このところ梅雨みたいな日々が続いています。

カラッとした青空を期待していらっしゃる方には申し訳ありませんが、今日の弟子屈カントリーもこんな感じの空です。


薄いのですが、こうした天気は蝦夷梅雨と呼ぶようです。





せめてこのくらいは青空を見せて欲しいものですね(^^

↑このページのトップヘ