ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

カテゴリ: よしなしごと

先日の日本女子アマで3wを主催者側であるJGA専務理事が折ってしまったという事件がありました。

この件に関して、私個人としては「取材者側が出場する選手1人だけに不利となる行為をしちゃダメでしょ!!」と言う感想です。

選手側からしてみれば大切な道具を折られて・・・とか書いていると長くなってしまうので、本題に入りますね(^^;;


ゴルフ工房という仕事をする上では様々な道具を使うわけですが、BoseIronFactoryの工具自体は高いものでは無く、割とリーズナブルな価格帯のものが多いです。

でも、選ぶ時は吟味に吟味を重ねて選びますので、価格以上のコダワリはありますね(^^

一番こだわっているのはシャフト抜き器でしょうか。
ゴルフ工房向けの卸などでは扱っていなくて、個人の方が作っているSC-9という潜水艦みたいな超強力なシャフト抜き器です。


IMG_3909
こんなんです(^^
BoseIronFactoryの場合はこれを更にカスタマイズして、作業机に固定するためにアングルを溶接し、長いクランプ長を更に長くするためにバイス(万力)を2連結してクランプするようにしています。

超強力なのでスチールシャフトでしたら熱を加えずに抜けますし、カーボンシャフトだったら下手したら引きちぎってしまうくらい。
なので必要最小限の熱(指で抜いた直後のシャフトを触ると人肌位です)を加えることで抜けるんです。

気に入りまくっているSC-9ですので、壊れることはまずありませんが2台持ってます(^^
(今はSC-10に進化してるようで、SC-10も買っちゃおうかなぁ・・・なんて思っていますが)


あ、こっちは実は本題では無いんです。暑苦しく語ってしまいましたが、本題はこれからです。


SC-9ほど自慢できるものではありませんが、ファルコン的にコダワリを持っているのがハサミです。

IMG_3906

見た目も、実際にもなぁ~んの変哲もないハサミですが、右と真ん中のハサミはヘンケルのハサミです。
IMG_3907

左のハサミは自宅にあったハサミで、実は買った覚えが無いんですけどね・・・。
(誰か泊まった時に忘れていったのかも?)

黒いヘンケルの2つはもう20年以上使っていて、右のほうはグリップ装着時の両面テープ専用、真ん中の細くて長い方は事務用で、主に紙を切る際に使っています。

20年以上使ってますが、切れ味自体は全く問題なくて、薄いTERAOKAやニットーの両面テープでも全くストレス無くスパッと切れます。
しかもそれだけ長く使ってますから、手に馴染んでいてとても扱いやすいんですね。
左の赤いハサミは錆びていたのでお手入れをしっかりしてあげたら切れ味も鋭くなったのですが、手に馴染むという所ではやはりヘンケルのほうに軍配が上がります。


もちろん20年以上使っているのにストレス無くスパッと切れるというのは訳がありまして、少しでも切れ味が悪くなったらすぐにお手入れをするんです。

ハサミの場合あまり研いでしまうと噛みあわせが悪くなり、切れ味に影響しますので研ぐのは年に1回程度です。
ではどんなお手入れをしているかと言うと・・・。

1.パーツクリーナーで綺麗に粘着物を取ってやる。
2.シリコンスプレーを刃先にかけて余分な分を拭き取ってやる。
3.オイルを薄く塗って数回チョキチョキした後に余分なオイルを拭き取ってやる。

この3点だけです(^^

もちろん硬いもの、刃先がこぼれそうなものは絶対に切らないということは当たり前ですが、お手入れとしては簡単です(^^

みなさんも、というか、ゴルフ工房として仕事するクラフトマンでしたら、このくらいのことは簡単なはずです。
グリップ交換の際に切れないハサミを使っているようではそのクラフトマンの腕までも疑問視されちゃいますから、くれぐれも気をつけましょうね(^^



(と、実はある人に向けた記事だったという・・・)

abemaTVツアーのコメント欄を見ていて、ゴルフは自然破壊するし除草剤使いまくっているといったようなコメントが目に止ったので、本当にそうなのか書いてみようと思います。

まず、ゴルフ場がどうやって出来るかですが、森や林になっているところを切り開いてゴルフ場にすることが多いですね。

この時にただ木をバッサバッサと切って行くと思ったらそれは違います。木が大きくなるには何十年もかかりますし、フェアウェイ真ん中に大きな木があるほうが良い障害物になったりしますから、必要最小限の木を切るだけです。

この際にコース間のセパレーションを行う林などの中も間引いて綺麗にすることも多いですが、無造作に切る事はなく、林業で言う所の間伐と同じように細い、弱い木を中心に間引いて林の中に適度に光が差し込むように枝打ちの作業も行います。

木を切ってフェアウェイやバンカー、グリーンといったコースに必要な物を作っていく過程において、ブルドーザやユンボ(ショベルカー)等々の重機を使いますが、宅地造成などと違い、自然の起伏や地形を活かした形で作らないと面白いコースにもなりませんし、そもそもの規模も宅地造成とは比べ物になりませんから、重機を使ってコースの造成をするのは必要な所を中心に行っています。
(このあたりがコース設計者の腕の見せ所ですね)


このようにゴルフコースの造成にあたっては、基本自然へのインパクトを最小限にしつつ行われます。自然にも優しいですし、このほうがお金もかかりませんから(笑)

私自身も試打スペースを作るのに開拓みたいなことをやっていますが、山を切り崩して造成するなんてホント大変ですから、自然の地形を活かし必要最小限にすることが多いです(^^

そうして作られたコースはよく手入れされた里山と同じ役割を担っています。
手付かずの自然と人間の住む場所との緩衝地帯と言えますね。

これを自然破壊とは言いにくいのではないかと。


次にゴルフ場として継続していくための管理作業でどの程度自然に対してインパクトを与えているかです。

自然破壊と言われる方のイメージとしては、農薬を大量に使って土地を汚染させ、その汚染された土などから出た地下水は川の魚も殺してしまうほど汚染されているというイメージでしょうか?

あとは・・・
雨が降ると農薬まみれの汚染された土が流れ出して・・・という事かな?

1年間コース管理でグリーンキーパー見習いとして働いたファルコンですが、コース管理の施設の中に農薬を見たことがありません。
見たことがあるのは、肥料と融雪剤くらいです。

肥料は数種類を使いますが、肥料ですから芝などに栄養を与えるためのもので、汚染につながる成分はもちろん入っていません。
窒素・リン酸・カリが適度に入っているモノで、フェアウェイには顆粒の肥料で薄く長く効く物を、グリーンには液肥と顆粒の肥料を時季や芝の生育具合によって使い分けます。


バーディーエース
フェアウェイやラフ、ティーグラウンドに使うバーディーエース。



ちなみに農薬らしい農薬としては以下のようなモノがありますが、これらのほとんどはゴルフ場ではあまり関係の無いものですね。

(1)【殺虫殺菌剤】 害虫と病気の両方に効く薬剤。
  • (2)【殺虫剤】 昆虫を退治する薬剤(「ベニカベジフルスプレー」、「スミチオン乳剤」など)。
  • (3)【殺ダニ剤】
  • (4)【殺線虫剤】
  • (5)【なめくじ駆除剤】
  • (6)【殺菌剤】 
  • (7)【除草剤】
  • (8)【植物成長調整剤】

少なくとも私がコース管理をしていた弟子屈カントリークラブでは上記の農薬は全く使っていませんでした。
グリーンも他のところも、適正な芝高にしていれば雑草などが生えてきてもある程度駆逐出来ますし、適正に肥料を与えていれば病気になるようなことも多くの場合防ぐことが出来ます。
ex.タンポポなどは綿毛が出来る前に芝と一緒に刈り込んでしまえば駆逐は出来なくとも増えることは無いですし。

そういった意味ではゴルフ場のほとんどは無農薬と言っても良いんじゃないかと。


なお、この中で一番嫌われているのが(7)の除草剤ですが、除草剤使ったら芝が枯れてしまいますから、全く使わないゴルフ場も多いのでは無いかと思います。

まぁ、除草剤に関して言えば、普通のご家庭のほうが使ってますね(^^;;
ラウンドアップマックスロードなどは5リットルで8,000円から10,000円くらいですから、そんなの広大なゴルフ場で使ってたら大変な金額になりますしね(^^;;



あ、ちなみにですが、弟子屈でコース管理をしていて一番の敵だったのはキタキツネでした。
キタキツネが芝の上でおしっこしたら、そこだけ除草剤の原液かけたくらいの勢いで枯れちゃうんです。アンモニアが強いのかもしれませんけれども、人間のおしっこでも大量にかけたら芝は枯れちゃいますのでちゃんとトイレで用を足しましょうね(^^;;

一番最初に結論を書いちゃいますけど、実はイケハヤ氏のことはどーでもいいいです。
興味無いですし、共感できるところは1mmもありませんので(笑)

でも、なぜこのタイミングでイケハヤ氏のことを書くかというと、騙される人が可哀想だなぁと思うので。


まず、私がなぜこの弟子屈に引っ越してきたかをお話しましょう。


いつもこのブログをお読みになっている方はご存知の内容ですが、イケハヤ氏というワードから入ってきて初めてご覧になる方もいらっしゃると思いますので(^^;;

私がここ、弟子屈に住んでいるのは弟子屈でしか出来ないことをするためです。
ここでしか出来ないことというのは、全英オープンなどで通用するゴルフクラブを作ること。

プレストウィック
全英オープンの開催コースの中でもタフだと言われているプレストウィック。


ゴルフは芝の上からボールを打つスポーツですので、ゴルフクラブのテストではやはり芝の上から打って試してみるということが必要だと考えています。

芝の上と言っても、東京に生える芝と全英オープンが開催されるスコットランドに近い北部イギリスでは気候が違うがゆえに生える芝の種類も生え方そのものも違います。

当然、全英オープンと同じような気候でないと同じような芝は育ちませんし、同じ種類の芝を植えても育ちません。
また、全英オープンで使われるコースの芝は日本で言う芝の感覚とは大きく異なります。
上の写真の芝をご覧になればお分かりになると思いますが、ゴルフ場や講演、サッカー場などの芝生のイメージとはかけ離れたものです。
日本のゴルフ場
標準的?な日本のゴルフ場


実はこれ殆ど牧草なんですね(^^;;

牧草に使われるケンタッキーブルーグラスやトールフェスクというモノが殆どで、主に日本のゴルフコースで使われる野芝や高麗芝などとは種類も生育環境も違うんです。

こうした芝を育て、芝の上からテストしたクラブと室内の鳥かごみたいな所で弾道の計測器を使って設計し日本のゴルフ場でテストしたクラブとでは違うと考えるのがごくごく当たり前なのではないかと。

また、タフな環境でテストすれば、優しい環境でも対応は十分可能ということもあります。


そうした意味で、弟子屈というところは冬以外はスコットランドに非常に近い環境なんですね。
そしてゴルフクラブをテストする広くてフラットな土地も安価で買えるんです。

まさに全英オープンで通用するゴルフクラブを作るには理想の土地なのがここ弟子屈という訳です。

日本全国をくまなく回って、数年かけてようやくたどり着いたのがここなんです。



一方でイケハヤ氏の場合、ネット環境さえ整っていれば基本どこでも出来る仕事と言えるのではないかと思うんです。
都会でも、田舎でも、海外でも、どこにいても情報発信は出来ますし、情報入手も出来る。
イケハヤ氏の仕事で都会では出来ないことはほぼ無いように感じます。
もちろん田舎で仕事出来ている訳ですし、田舎でないと都会を批判するようなことも出来ないでしょうが、もしかしたら六本木ヒルズに住んでいて時折田舎に行って写真撮ってくればそれで事足りるのでは?なんて思えるくらい。

その点で私はイケハヤ氏に共感できる部分は1mmもありません。
まぁ、イケハヤ氏も別に私に共感してもらいたいなんて1mmも思っていないでしょうが(笑)

ですので、ことイケハヤ氏に関してはどーでもいいんです(^^;;

ただ、何でいまさら1mmも共感出来ず、興味自体もないイケハヤ氏のことを書くかと言うと、都会から移住してきた人がみんなイケハヤ氏のように都会や企業のことをキライだと思われてしまうと迷惑ですし、田舎に住んでいる人達がイケハヤ氏バンザイ!!と思っているとも思われたくないのです。

そのことは都会の人や大企業に嫌われたくないというのとはまたちょっと違います。

ん~、何て言うのかなぁ?

都会でも田舎でもどちらにも良いところと悪いところがあるし、どちらだから消耗するとか消耗しないとかじゃないんですよねぇ・・・。
都会が本当に消耗しかしないのであればみんな田舎に引っ越すでしょうし、田舎だからこそ消耗することもたくさんあります。

イケハヤ氏の場合、SNSやブログで強い言葉を使ってアイキャッチして目立つことで生計を立てているとも考えられますから、私みたいなここでしか出来ないことをやるために移住してきた者とは違うと思うんです。

日本国憲法 第二十二条
何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

というのがあるくらいですから、仕事や家庭の事情が許すならどこに住んでも良いじゃないですか?

都会がダメで田舎が良いってのは別に強制するべきことではありませんし、田舎がダメで都会が良いというのも強制すべきことではありません。

あ、そうか!?

私がイケハヤ氏に1mmも共感できないのはそもそも自由である部分を強制されているように感じてしまうからなのでしょうね(^^;;


(私は炎上を狙う訳では無いので、コメント欄は閉じさせてもらいます。あくまで個人としての考えですので、この件に関してのクレームやご意見はご遠慮ください。どうしてもという方はseabose@me.comまで直メールか080-5444-0101まで直電をお願いします。←非通知は出ません)

IMG_3165
IMG_3164

前回ほぼ瞬殺で売り切れてしまったカイチョマーカーの第二弾、入荷しております(^^

前回の轍を踏まえ、結構たくさん作ったので暫くは売り切れることなく販売継続出来るとおMOIますが、万が一にも余ってしまうととてつもなく悲しく落ち込むことになりますので、是が非でも皆様にご購入していただきたく(^^;;

IMG_3214

TRONマーカーは、水族館の水槽にも使われ透明度の高いメタクリル樹脂を使用したゴルフマーカー。
メタクリル樹脂の中でも集光色を使用し、30メートル離れたいチカラもすぐに見つかります(^^

IMG_3215
IMG_3216

工房内なので30メートルは離れていませんが、よ~く見えるっ!!



今回ももちろんGridge等の媒体でも活躍するしょーこちゃん画伯による描き下ろしのファルコン似顔絵を使っていますので、マーカーとしてのご利用だけでなく魔除け、厄除け、家内(毛無い)安全にもご利用頂けます(笑)

かいちょマーカーはBoseIronFactoryのWebShopにて販売しております←クリッククリック!!



なお、明日26日は所用のためお休みさせていただきますのでよろしくお願い致します( ´ ▽ ` )ノ

暫くは新色ラッシュが続きそうです(^^

本日テストプリントが終わったのはこちらのバイオレット。

FullSizeRender

写真だととても濃い紫ですが、実際にはもう少しだけ薄めの紫になります。


色を変更するたびに3Dプリントの出力設定を探りながら出力していきますが、1度で完璧!!と言える設定はなかなか難しくて、色やフィラメントのメーカーを変える度に何回かの失敗を経てから本番プリントになります。

何回か失敗と書くのは簡単ですけれども、1回の出力で2時間程度かかりますから、最適な出力設定を見つけるには丸一日かかることも・・・。


殆どの場合は出力時の温度設定が低かったり高かったりすることが原因で、このフィラメントの場合は230度で強度的に100%の失敗(下の写真)、255度で少し濃すぎる(焼けたのか)色になってしまい、237度と242度ではもう少し強度が欲しい感、246度設定で強度的にも色合い的にもベストという感じです。

IMG_3205
230度で出力した場合。
渾身の力をかけてひねったら積層部分が裂けました(泣)


毎日のように新しい色を出していますけれども、結構苦労しております(^^;;

まぁ、これでお金をいただく訳ですから、多少の苦労はしないと良いものは作れませんから(^^;;

大好評のボールピッカー。

3Dプリントならではの小回りの良さを活かし、新色が続々と誕生しています(^^

3Dプリンタの場合、出力するフィラメントを変更すれば(当然)色も変わるのですが、フィラメントの色を変えるだけでも強度などが変わってきますから、色を変えるだけで出力時の温度やどのように積層していくかを変更する必要があります。

純正のフィラメントなのに、どんなに設定を変えても100%必ず詰まるフィラメントなどもありますし、出力する温度によってはいい色が出ないことも。


そうした意味ではまだまだ一般家庭に3Dプリンタが普及する事は難しいと言えますが、近い将来にはスマホ並におじいさんおばあさんも3Dプリントする時代が来るのかもしれませんね。

BoseIronFactoryでは様々なメーカーの様々なフィラメントを数多く取り寄せて、MOIマッチング等の作業と並行してテストを重ねています。
ボールピッカーひとつ出力するのに早くても2時間はかかりますから、出力している間にMOIマッチングの作業をするといった感じです。

起きている間に色々とテストをして、それぞれのメーカーや色で最適な出力環境を見極め、寝ている間に製品となるモノを一気に出力するというパターンで行っています。


IMG_3172

ひとつひとつ出力すると2時間はかかりますが、ヘッドの動きに適した配置を考え、最適な温度やスピードで7個を一度に出力すると、起きて朝ごはんを食べ終わった頃に出力が完了する位にまで時短になるんです(^^


そうしてさっきテストが終わったのが、この写真の赤です(^^

IMG_2152

まだ1個しかありませんが、明日の朝起きた頃には95%くらいまでは出来ていると思います(^^

朝起きて失敗している可能性ももちろんありますけどね・・・(^^;;


 

IMG_2141 (2)
IMG_2151
IMG_2149
IMG_2136
IMG_2135 (2)
IMG_2133 (2)
IMG_2138 (2)
IMG_2143

この度、BoseIronFactoryではゴルフクラブの設計・製造の効率化のため、3Dプリントの複合機を導入致しました。
3Dプリントだけでなく、3Dスキャンとレーザープリントも出来る複合機です。

その第一弾の製品として、写真のボールピッカーをJCMOブランドより発売することとなりました。
3Dプリンタでの生産ですので少量生産になりますが、3Dプリンタならではの機動力を活かして写真のような多色展開を致します。

2019年ルール改定により、ピンフラッグを立てたままパットすることが可能となりました。
しかしながら、ピンフラッグを立てたままカップインしたボールを拾い上げるとカップ付近を損傷する恐れがあります。
このボールピッカーを使用することにより、容易にボールを拾い上げることが出来ます。
お洒落ゴルファーのアイテムとして、ぜひご活用下さい。

考案&設計:黒川晋氏
3DCAD&CAM:大箸氏
3DCAD修正&CAM修正:ファルコンまつばら

この商品は3Dプリンタでひとつひとつ出力しておりますので、大量生産品と違い模様や色合いなどが写真と異なる場合がありますのでご了承ください。


https://longiron.net/

にて税込み1,620円にて販売中です。

随時製造を致しますが、品切れの際はご容赦くださいませ(^^;;


  • FullSizeRender

すみません!
予想外です!
売り切れましたっ!

すぐに追加製造・・・と言うほどの人気は無いのは重々承知しておりますし、本業のMOIマッチングとゴルフクラブ製造以外のところであまり手を煩わせるのも避けたいです。

本音をいうと売れなくて私の顔に囲まれて過ごすのは怖いです。



ですので、ご希望の方は「再入荷お知らせ」でご登録くだされば第2弾を製造時にメールにてお知らせいたします。
再入荷お知らせをご登録くださると、私の方にもいま、どれだけ待ってるよという事が分かります。

再入荷をお望みの方がある程度まとまりましたら再度製造をいたしますのでよろしくお願い致します(^^)



昨日の夜に先行のご予約開始したかいちょマーカー、まだ1日しか経っていないのにも関わらず、すっげぇー事になっております(^^;;

自分の顔が大量に在庫として残ることが怖いので、製造数は多くは無い(多かったら自意識過剰ですしね)のですが、ご予約開始から1日で製造数の75%を超える勢いです(^^;;

「さて追加製造かっ!?」と一瞬は考えましたけれども、自分の顔が在庫として大量に残るのはやはり怖いですし、多少の自意識はありますけれども、75%のご予約を頂いたからといってそう簡単に追加製造をするまでの自意識過剰ではござりませぬ故、追加製造は今の所考えておりません。

それに、いくらなんでもそんなに魔除けとして欲しがる人もいないと思っていますので、今日以降はご予約も落ち着いてくるかと思いますし(^^;;


で、一応正式なデザインが決まったのと、色も正式に決まりましたので、載せておきますね(^^

かいちょマーカー
こちらが正式なデザインです。
フチの丸は実際には印字はされません。

蛍光グリーン
この蛍光グリーンになります。

直径は35mmで、厚さは5mmとなります。


もし!!万が一にも製造予定数の95%くらいまで売れちゃったら追加製造するかもしれませんが、自分の顔の在庫がたくさんある状態は避けたいので、これからのご予約の進捗にもよりますね(^^;;

だって、マジに大量在庫だけは嫌ですから・・・。

IMG_2998


実は先日ゴルフフェアでTRONマーカーの実物を確認してきたのには訳がありまして・・・
そうなんです!!

実はTRONマーカーで、長らく欠品していた「かいちょマーカー」を作ってしまうという壮大かつ傍若無人(違う)な思惑があったのです。

欠品していた「かいちょマーカー」はもう10年近く前にさるたま画伯に描いてもらったイラストを元にしておりますが、今回はGridgeやその他の媒体で活躍するしょーこちゃん画伯の描き下ろしとなっています。


IMG_2891
さるたま画伯によるかいちょ。
(最後の1個につき非売品)


で、今回の「かいちょマーカー」はというと、

ファルコンマーカー
こんな感じになると思われます。
直径35mmの使いやすく見やすいサイズで、色はTRONの中でも抜群の視認性を誇っちゃうグリーン。
(グリーン上でグリーンだと見にくいと思われるでしょうが、ホントよく見えます!!)


さっき発注したばかりなので完成までにはまだもう少し時間はかかりますが、ゴールデンウィークくらいの発売となります。


ということで!!

気の早いファルコンはもうご予約を開始してしまうのでした!!(笑)

(作るのは良いけど、それなりに売れる見込みが無いと精神的によろしくないのでね・・・)

WebShopからのご予約(←クリッククリック!!)となりますので、皆様ガッツリと買いまくってくださいませ( ´ ▽ ` )ノ

↑このページのトップヘ