ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

カテゴリ: ゴルフの常識の非常識

一時期、発泡剤チューンと言う言葉が流行って、多くの工房で発泡剤の充填を行っていました。

当時は「発泡剤チューン」と言う事で、消音効果だけで無く、飛距離アップも謳っている工房も見受けられました。

現在では発泡剤「チューン」という言いかたはあまり見なくなりましたが、それでも消音(特に高い音)の消音には使われているようです。

そうした消音効果を狙っての発泡剤充填には問題は無いのですが、ここで発泡剤そのものに関して、考えてみたいと思います。

まず、ゴルフクラブで使われる発泡剤はエクスパンセルというモノが使われることが多いですが、エクスパンセルはゴルフクラブ専用に作られたモノではなく、エクスパンセルの製造元である日本フィライトによると、

Expancelの効果
軽量化、嵩増し、ノンスリップ、意匠性や表面改質(艶消し、マット調仕上げ)、遮熱・断熱、結露防止、多孔質化、衝撃吸収、弾力性向上、揺変性、疎水性、収縮防止、空隙充填材、切削性・研磨性向上、剥離、音響改善、凍害防止など

となっています。
音響改善を太文字にしたのは消音効果の改善にメーカーも効果有りと謳っていることからです。

これらの効果を必要とするものに関してエクスパンセルは非常に効果的であり、ゴルフクラブの甲高い音を改善するには非常に効果的です。

メーカーのHPを見ると、こうした使用方法がありますと言う形で写真も載っているので、その写真をご覧頂きたいのですが、緩衝材(2枚目)や靴底などに広く使われています。


 Expancelマイクロスフェア―を使った熱可塑性樹脂の使用例

よく効果を見て頂くと「衝撃吸収」という効果もあり、靴底に使われるくらいですから、クッションとしての効果もかなりのものです。

これを読む皆さんはゴルフクラブに強い興味をお持ちですから、反発係数(COE)と言うワードもご存じでしょう。
反発係数ギリギリを狙ってゴルフクラブは開発されますが、発泡剤によって衝撃吸収したら反発力は弱くなります。

つまり、発泡剤の充填で”チューン”=飛距離が伸びる。と言う事は有り得ず、逆に衝撃吸収の効果から飛距離は落ちます。
但し、どのくらい落ちるかは知る由もありません(笑)
飛距離が落ちる事が分かっていれば、やらなければ良いだけで、わざわざ検証する必要はありませんから(笑)

もちろん飛距離ダウンしますので、BoseIronFactoryでは発泡剤の充填は行っておりません。
飛距離ダウンしても甲高い音を何とかしたいと言うお客様がいれば別ですが、ナイキの四角いドライバーを使っている方も今ではほぼ居ないでしょうし。

ゴルフクラブに於けるもうひとつの大切な要素である、方向性に関してはエクスパンセルの効果からは全く関係無いですけどね(^^;;


ゴルフ業界にはいろいろと不思議なことがたくさんありますが、ライ角の不思議もとても不思議です。

まず、間違いないのは、ライ角がアップライトなら左に、フラットなら右に行くということで、ライ角によって方向性が変わってくると言う事。

ある程度の知識のあるゴルファーなら、これは常識と言える事ですよね。

ライ角2度アップライト

ライ角適正
ライ角2度フラット
ミズノさん、画像お借りしましたm(__)m



じゃあいったいどこが不思議なのさ?と。

はい。そうなんです。
これだけでは何の不思議も無いですし、至極ごもっとも!!としか。


一方で未だに多くの方はドライバーで右に行って、ショートアイアンで左に引っかけると言うお悩みをお持ちな訳です。

ここで「あれ?何かおかしくね?」と思うのがファルコンなのです。

ドライバーで右に行くのならドライバーのライ角をアップライトにすれば解決し、ショートアイアンやウェッジで左に行くのならショートアイアンのライ角をフラットにすれば両方とも解決じゃないですか?

と言う事は、仮に7番アイアンでまっすぐ行くライ角が62度だったと仮定すると、8番で61.5度、9番で61度、PWで60.5度、ウェッジで60度とかで良いはず。

逆に6番で62.5度、5番で63度、UTで63.5~65度、FWで67~70度、DRでは73~75度とかにすれば全て解決するハズ。
あ、ここでFWやドラのライ角が0.5度刻みでなく大幅に変えているのは、ロフトが立つにつれライ角が方向性に与える影響は少なくなると言う事からです。
結構考えてるでしょ?(笑)



でも実際にはライ角のフローって、全くの逆じゃ無いですか?

不思議です。

ホント、不思議なのでどなたかヤフー知恵袋に聞いてみてください。

きっと数多くのシッタカ君がアタマを悩ませながら説明をしてくれると思います(←だからファルコンは性格悪いと言われるし、嫌われるんだよなぁ)。


では、何故逆のフローなのか?ファルコンなりに考えてみると・・・
いや、やっぱ止めておきます。

まずは皆さんご自身で考えてみてくださいね(^^;;

6298825_m

I#5I#6I#7I#8I#9PW
20.523.026.030.034.539.0

5番アイアンと6番アイアンのロフト差が2.5度、6~7が3度、7~8が4度、8~9以降は4.5度となっています。

ヘッド構造は基本同一で2.5度と4.5度という2倍近いロフト差があります。
そしてレングスは0.5インチきっかりと刻んでいます。

ほとんど5番は使わないという見込みからか、5番はオプションになっています。


ヘッド構造もロフト・ライ・重量以外に違いがなく、長さもロフトによる0.5インチ刻み、8~9番のロフト差が4.5度であるのに対して、5~6番のロフト差は2.5度。

アイアンセットは飛距離の内訳(飛距離の階段)が出来ることが最優先と(私個人は)考えていますが、果たしてこのアイアンはどういったマジックで飛距離の階段を出しているのでしょうか?




6298825_m






 
番手I#5I#6I#7I#8I#9PWAWGWSW
フェース素材/構造17-4 ステンレス / 次世代360フェースカップ
ボディ素材17-4 ステンレス(I#5-9)、高比重合金(PW-SW) / タングステン・インナーウェイト
クラブ長さ (インチ)38.538.037.537.036.536.035.535.535.5
ロフト角(°)20.523.026.030.034.539.044.049.055.0
ライ角(°)60.561.2562.062.563.063.564.064.064.0



7番で26度。

ウチのHAYABUSA Ironの5番と同じロフトです。
長さは0.5インチの違いなのでほぼ1番手分ですね。

スペック的に非常によく似ているので、実際の飛距離に関してもほぼ同じような形になります。

これをどう考えるかはゴルファー次第ですね・・・。

まず最初に、ライ角が適正でないと方向性に問題が起きることは否定しません。

ライ角適正
ライ角2度フラットライ角2度アップライト
















この図の通りです。


ginifab.com protractor 20211016002427

でも実際の2度ってこんなもんです。

なんか写真で上げたウェッジの写真おかしいなぁと思って実際に測ってみたら。

ginifab.com protractor 20211016001224

63度


ginifab.com protractor 20211016001404

53度

ちょっとぉ、ミズノさん、いくら何でも2度の事を10度変えた絵で説明するって、ちょっとやりすぎじゃないですかねぇ・・・。


確かに2度変わると方向性は最大5ヤードは変わりますが、1度だったら2.5ヤードですから、62度と64度で左右5ヤードの範囲内に収まれば、アマチュアには御の字どころの騒ぎではなく、もう完璧と言える程度の誤差では無いでしょうか?

まぁ、実際にそれ以上ブレるので、逆に言えばそこはライ角のせいじゃありませんね。

また、ライ角が適性であっても、ショートアイアンやウェッジは何故左に引っ掛けるのでしょうか?
ライ角が適正であってもロングアイアンはなぜ右に行くのでしょうか?

そのあたりをキチンと説明してもらわないと、ライ角だけで頭のいいゴルファーは納得しないですし、いつまで経ってもショートアイアンは引っ掛けて、ロングアイアンは右に行くという事を直せませんね・・・・。




ちなみに私は分かっているので、ご協力してもいいですよ(^^)v

ずっと更新せずにおりましたが、珍しく2日連続の更新です。


さて今回は皆さん気になされるヘッドスピードのことを例にとってお話ししましょう。

クラブを1インチ伸ばせば約1m/sヘッドスピードが伸びて、3~6ヤード飛距離が伸びるという神話があります。
このことは誰しも疑うことなく、まことしやかにお話されていますが、そこは百戦錬磨のゴルフ記者だったり評論家だったりしますから、「1インチ伸ばすと1m/sヘッドスピードが速くなると”言われています”から・・・」と皆さん他人のせいにしています。

これは実際にはほとんど伸びたためしがないからではないかと。

こうしたことに対して疑問を持つのがクラブMOI的思考の第一歩です。
実際に計算してみる。検証してみるというのがクラブMOI的思考の実践となります。

45インチのドライバーで1インチ伸ばした場合、その長さは45×25.4=1143mm→46×25.4=1168.4mmになります。

ヘッドスピードは周速度といって、回転運動における外周部の速度です。
同じ回転数で回転した場合、半径が大きくなれば周速度=ヘッドスピードも上がると言う事になります。
この点においては理論的整合性は取れていることになりますが、実際のところはどうかと言うと、これまた話が違ってきます。


ヘッドスピード40m/sの場合の回転数は、回転数 = 周速度40m/s ÷(直径2286mm × π)
ヘッドスピードが40m/sで45インチの半径とした場合、回転数は5.56975回転となります。

回転数を5.56975回転で固定した場合、半径が1143mmから1168.4mm(直径2336.8mm)となった場合の計算式は、周速度 = 直径2236.8mm × π × 回転数5.56975 となりますので、40.889m/sとなります。
1m/sまではいきませんが、0.9m/sなのでほぼ正しいといえますね。

と思われるでしょうが・・・・、実際にスイングする時ってクラブだけがクルクル回る訳でありません。
腕や身体全体も動いてこそのスイングとなるわけです。
体の回転まで入れたいところですが、ここは譲って腕までとしましょう。

私の肩から手首までの腕の長さが550mm位あります。
半径1143mmに550mmを足して、半径1693mm。
1693mmでヘッドスピード40m/sの場合、回転数は3.7603回転。クラブだけの回転数と違って、ずいぶんとゆっくりになりましたが、実際に動画を撮って検証してみると確かにその通りになります。
そうなると45インチから46インチになると1693mmに25.4mmを足して、1718.4mm×2=3436.8mmが直径となります。
その場合の周速度の計算は、周速度 = 直径3436.8mm × π × 回転数3.7603=40.6m/s
まだ四捨五入すれば1m/sになりますけれども、1インチにつき~ということですから、2インチ伸ばして47インチにしたとすると、直径が3487.6mmですから、2インチ伸ばしても41.2m/sにしかなりません。
ここまで来ると、いくらなんでも盛り過ぎと言わざるを得ません。

ですが、確かに元々の周速度=ヘッドスピードが速ければ、1インチ伸ばして1m/s上がる人もいます。計算上は45インチでのヘッドスピードがおおよそ70m/s以上ある人です(笑)
70m/sなんてスピードは決してなんちゃってのドラコンプロでは出せないヘッドスピードです。

そして、大切なのはこの計算はもちろん1インチ伸ばしても2インチ伸ばしてもクラブMOIが変わらないと言う前提となります。

おおよその計算値でありますが、平均的なドライバーもクラブMOIが2830kg-c㎡で、単純に1インチ伸ばすと、クラブMOIは2989.4kg-c㎡となり、160kg-c㎡近いクラブMOIが増大します。
アイアンの1番手で約10kg-c㎡の変化ですから16番手分のクラブMOIが増加することになります。

※アイアンの1インチが2番手分なのに対して、なぜ同じ1インチで16番手分ものクラブMOIが増大するのか?=5番アイアンでも38インチ標準で、ヘッド重量は7gピッチで軽くなっていきます。今回の場合はヘッド重量が同一で、元々45インチと5番アイアンよりも7インチ長い。クラブMOIは長さの2乗に比例して高くなりますから、2乗分高くなります。


2インチ伸ばすと3149kg-c㎡となりますから、それではよほどのゴリラでなければまともに降ることすら出来ずに右に飛んでいくしかないドライバーとなります。


クラブMOIが変われば振る事自体によりチカラが必要となりますから、2インチ長くなると相当ヘッド重量を軽く(計算上は23g程度)しないといけないでしょう。


このように単に”言われている”ということを信じて実践してしまうと、整合性が取れないばかりか、実際にもかえって振りにくくなるだけのドライバーが出来上がります。
本当に1インチで1m/s伸びるのであれば、ルール上48インチまでは許されているので、48インチのドライバばかりになっても良いはずですが、実際には48インチのドライバーはほぼ市販されていません。
このことは1インチ伸ばすと1m/sヘッドスピードが上がることの逆説的な証明とも言えます。

逆に言うと45インチのドライバーではなく、44.5インチにするだけでもクラブMOIは大幅に下がりますから、振りやすくなるので、ドライバーが右に行きがちな方は0.5インチカットするだけでもものすごく振り心地は良くなりますので、お勧め出来ますね(^^

もちろん、こうした振り心地を数値的に表し、可視化出来る、クラブMOIマッチングでしたら、もっとお薦めですが・・・(^^

ということで、今回は文字ばかりになってしまいましたが、ご容赦くださいませ。

シャフトのしなりで飛ばす!!とかよく言われています。

シャフトのしなりでヘッドを加速させる!!というのもよく言われています。


少し前はシャフトのしなり戻りが飛ばしの秘訣!みたいにも言われていましたね(^^;;

その”しなり戻り”を高速シャッターで撮った写真で説明する方もおられましたね。

ローリングシャッター

こんな感じの写真ですね・・・。



しかしながら、実際にしなり戻りがどの程度あるかは、ちょっと疑問が残ります。
というのも、同じゴルファーの同じシャフトの(要するに同じクラブ)で撮った写真でも、下の写真のようにしなり戻っていない状態でインパクトをむかえる写真もあるんです。

グローバルシャッター
この写真です。

では、なぜこのような違いが出てくるのかを考えてみましょう。

この2つの写真で違うのはカメラのシャッターの構造です。


上のしなり戻りの写真は一般的なカメラに採用されている、ローリングシャッターで撮った写真で、下のしなっていない写真はグローバルシャッターという構造のカメラで撮った写真です。

ローリングシャッターは画面の(一般的には)上から下に向かって、順番に記録していく方式で、グローバルシャッターは画面の全てを即時に記録していく方式。

プロ用の一眼レフカメラで実際のローリングシャッターの動きをご覧いただきます。



動画でも静止画でも、ローリングシャッターのカメラが多いので、動きの早い撮影物では上と下で記録するタイミングが違うので、記録された画像にも歪みが出てきます。

では次にローリングシャッターとグローバルシャッターによる映像の違いを御覧ください。



特に注目したいのはメインローターの動きではなく、尻尾についているほうの垂直に回転するローターの動きです。

本数こそ違いますが、ゴルフスイングと基本同じ動で逆の回転(反対から見ると逆ではないですが)です。

シャッターの違いをわかりやすく説明してくれているサイトがありましたので、ご紹介します。

【シャッターの基本】ローリングシャッターとグローバールシャッターの違い - ケイエルブイ (klv.co.jp)


このようにローリングシャッターのカメラで撮った場合、撮影対象が早く動く場合には歪みが出てきます。
この歪みをもってしなり戻りとするのは正直早計と言わざるを得ないかと考えられます。


これはしなり戻りを否定するものではなく、しなり戻りはあるんだけど、1枚目の写真にあるように極端なしなり戻り(に見える)現象は、ローリングシャッター現象と呼ばれる構造的なものから来る歪みであるということです。

こうした写真を見せられると、すぐに信じてしまいそうになりますが、一歩引いた形で冷静に考えてみると、分かってくる事も多いです。

スイングバランスとクラブMOIもそうですが、ロングアイアンは右に行きやすいとか、1インチ伸びるとヘッドスピードが1m/s伸びるとか、ライ角で方向性が決まるとか、一般的に信じられていることの中にも突き詰めていくとそうでは無いことがゴルフ業界には数多くあります。

久々のブログですが、少しづつでもこうしたことを取り上げていきたいと考えています。
(業界からは嫌われそうですが・・・www)

一時期は全く聞かなくなっていたのですが、最近になってまた聞くようになって来たプル角。

プル角というくらいですから、角度の事なのでしょうが、プル角の計測方法はもちろんのこと、実際にプル角が何度なのかということも見たことが無いという。

全くもってミステリアスなのがプル角なのです。


構えた時に被る角度、逃げる角度という事でもあるようですので、では実際に構えて見てみよう!!と言うことでやってみる事に。


IMG_6237

こちら逃げ顔になっているアイアンです。
かなり逃げてますね・・・。これじゃあスライスイメージしか湧きませんし、実際に打ったらドスライスになるでしょう。



一方で・・・。

見つけましたよ超かぶってる顔のアイアンです。
IMG_6239

いやぁ、凄い左向いてます。
おそらくこれは鍛造が収縮してこんなかぶり顔になったものだと思われます。


これだったら逃げ顔とかぶり顔でのプル角の差は10度位の差が開いているかもしれません。


ということで測ってみると・・・。






すみませんでしたm(_ _)m

この上下の写真、1本のアイアンを逃げ顔とかぶり顔に見えるように写真を撮る角度を変えただけなんです。
1本の普通の顔のアイアンでも写真を撮る角度によってここまで違って見えます。

プル角って結局はオカルトみたいなもので信じる人が信じるのは否定しませんが、実は・・・(小声)


鍛造が収縮してかぶったというのも眉唾で、仮に万が一収縮してフェースがかぶったとしても、フェース面を平滑にする研磨は(当たり前ですが)鍛造が終わって常温になったあとで行います。
IMG_6729
タケルさんのしっぱが邪魔ですが、
これが鍛造終わってスコアラインを入れた状態です。
スコアラインを入れる前に研磨機で平滑にされます。


この平滑にする研磨は人の手では無くて、機械によって行われる機械加工です。
超強力なサンダーで真っ平らにしちゃいますので、このように光の反射もまっすぐなものになります。

熱収縮によってかぶる方向に収縮するのであれば、フェース左右の凹だけでなくフェース上下も当然凹面になりますから、光の反射も真っ直ぐな直線にはなり得ません。

更にはスコアラインをプレスで入れる場合、プレス型を凸型にする訳も無く平滑なプレス型となります。プレス自体も数百から千何百トンというすごい圧力で入れますから、そこでもフェース面の平滑化に貢献していることも事実です。

更に、スコアラインを彫刻(ミーリング)で入れる場合やスピン量アップのためにフェースミーリングなどを行う場合には5/1000ミリといった非常に制度の高い基準で平滑化されます。

もちろんこれらの工程は全て鍛造時に熱した温度が常温に下がった状態で行われますので、熱収縮が万が一あるとしても熱収縮が完全に終わったあとでの工程となります。

こうして考えていくと、「鍛造は熱収縮でかぶってプル角がつく。」という事自体があり得ないお話ということになりますね。

まぁ、最初にあげた写真のように、1本のクラブでも見方によって変わるので、嘘とまでは言いませんが誤解されていることは確かなようです。

先日書いたドライバーのお話。

「ドライバーだけ違くね?」ということは、少し前からゴルフ業界内で話題になっていることのひとつで、ブログ記事としてもこのところのアクセス数としてはかなり多い部類です。


前回のドライバーの話では大きさにフォーカスを当ててお話しましたが、実は大きさだけでなく殆どの面でドライバーだけ違くね?ということになっています。


セッティング

この写真はトッププロのセッティングですが、写真見ただけでもドライバーだけアタマ3つ分は飛び出ています。

プロのドライバーの長さに関して言うと、44.5インチ近辺が平均的な長さと言えますが、アマチュア向けに販売されているドライバーに関して言うと平均で45.75インチ近辺(60度法計測)程度となります。

プロが短いのに対して、アマチュアが1インチ以上も長いということ自体、おかしいはずですよね・・・。


更には、スプーンの平均長さが43.25インチ程度なのに対して、ドライバーが45.75インチとなると、2.75インチ差です。
3wのスプーンに対して1wであるドライバーが1インチ長いのであれば理解出来ますが、4番手分違うということはマイナスの番手ということに(笑)

重量的に言うと、3wが330~340g程度なのに対してドライバーは300g程度です。
1番手7gという重量ピッチが正しいのかはクラブMOI的には違いますが、ここでも長さと同様4番手分の違いがあるということになります。

ゴルフライターのT島さんも書いていますが、ドライバーだけ「長い、軽い、デカイ(重心的に)」ということになります。


さてここでクラブMOI®的にも見ていきましょう。

ドライバーの平均的なクラブMOIは、2830~2850kg-c㎡となっています。

3wの平均的なクラブMOIは、2740~2760kg-c㎡程度ですから、90kg-c㎡の差があるということです。


スイングバランスで作られたアイアンクラブの場合、1番手のMOI差は10kg-c㎡程度ですので、クラブMOI的に見ると4番手どころか、9番手もの差がある。


そして前回書いたように3wとの体積差はおおよそ3倍もあるわけです。




ただ、この中で唯一3wとの流れにおいて変わっていないものがあります。
それは、スイングバランスです。

このブログをお読みになられる方はスイングバランスにはほとんど意味がないということにはお気づきでしょうが、ほとんど意味のないスイングバランスだけが他のクラブと変わること無くそのまま受け継がれているという。




こう考えていくと、いかにドライバーが特殊な形に進化(?)しているかがよく分かります。

これでは同じスイングで打てるわけがありませんね。


ただ、飛距離だけを追求していくと、こうなることは理解出来ます。

「長いほうが飛ぶ」という常識(?)もありますし、軽くすれば長く出来るということもあります。
軽くして長くした結果、芯で当たりにくくなるし打点のブレも出てくる。
そうであればルールギリギリの460ccにして安心感を与えてやり、ミスヒットに対してもある程度寛容性をもたせてあげる。

ミスヒットに対して寛容性を持たせると言っても、フェースが開いて当たったら100%間違いなく右に飛んでいきますから、無理くりフェースを閉じた形で最初から設計しておく。まぁ、それでも99%のゴルファーは右にしか飛びませんが・・・。


ちなみに、この中で工房やクラフトマンが改善できないものはヘッド体積の問題だけです。

BoseIronFactoryは工房でもありますが、HAYABUSAIron、HAYABUSAウェッジを開発したメーカーでもあります。

メーカーという立場を利用して、コンパクトで他のクラブとの流れに沿ったドライバー、作りますよ(^^)v


blog_import_55b6d92ad62a1

大きいヘッドは優しい。のか?

ドライバーの大型化でまことしやかに言われていますが、本当に大きければ優しいのであれば、ドライバーだけでなく、アイアンもフェアウェイウッドもUTもどんどん大きくなるはず。

普通に考えたらそうじゃないでしょうか?


ところがドライバーは460ccのルール上限ギリギリなのに、FWになると大きいモデルでも200cc無いくらいで、小さいモデルだと150ccにも満たないものがたくさんあります。
3wでも平均すると130~150ccと言ったところで、ドライバーの1/3以下です。

UTになると115cc~110ccが平均的な体積で、アイアンになると見た目だけでも相当大きいPINGの7番アイアンでも70cc程度です。

本当に大きければ優しいのであれば460ccのアイアンやウェッジがあっても良いはずなのに。


ちなみにファルコン個人的には大きい=優しいと言うのは信用していません。

実際に460ccのドライバーは打っても右にしか行きませんし、右を嫌って振ると今度はチーピンですが、200ccちょいのパーシモンだったら真っ直ぐにしか飛びませんから。



更に言うとゴルフクラブは様々な点で流れを重視しますが、ヘッド体積だけでなく、長さ、総重量、ロフト角、クラブMOI®、そしてシャフトまでもドライバーだけ突出していることになります。

ドライバーだけ突出しているのですから、同じスイングで打てるとは到底思えないのです。


この件に関するBoseIronFactoryとしての解答を形にして皆さんにお見せ出来る日に向けて頑張っていきますので、どうかご期待くださいね(^^

↑このページのトップヘ