ゴルフ北の国から〜MOIマッチング編〜

ゴルフトゥデイの連載「ゴルフ〜北の国から〜」と連動し、クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからをお届けします。

カテゴリ: HAYABUSAウェッジ

最高のものを創るには手間も費用もかかります。

HAYABUSAを創るにあたってと言いますか、私自身が一度手間もお金も一切惜しまず、妥協もせず、出来ることを出来るだけやってみたいということがありましたから、その性能だけでなく、鍛造、研磨、ミーリング、メッキと全てに於いて最高!!と言えるウェッジを作ってみたかったんです。


IMG_8998


そうしていくうちにHAYABUSAはノーマルバージョンとLimitedForgedの2種のラインアップとなり、ノーマルバージョンは性能は極力落とさないバージョンとして、HAYABUSA LimitedForgedはミーリングだけで○万円、メッキも合わせると吊るしのウェッジが何本買えるんだろうかという原価(ここを公開すると横須賀に居るBoseIronFactoryの社長に叱られるので公開しませんが・・・)になってしまいました。

それでもアメリカや日本の超高級クラブ(こう書くと夜のクラブ活動みたいですね(笑))よりは大分お安いのですが、やはり2本で106,500円と言う価格は安くはありません。

更に、HAYABUSA LimitedForgedはクリスマスにご予約いただいた御客様にさえ、まだお渡しできていない状況ですので、ファルコンとしてもとても心苦しく思っておりますm(_ _)m

本当に申し訳ございませんm(_ _)m


そこでHAYABUSA LimitedForgedをクビを長~~~~くしまくってお待ちいただいている皆様にファルコンからのお詫びのプレゼントをご用意いたしましたm(_ _)m


それが、こちら!!

IMG_9125
IMG_9126


HAYABUSA LimitedForged用の革製ヘッドカバーです(^^


専用設計でピッタリ合いますので最初は少し入れにくいですが、使っていくうちに革が馴染んできて入れやすくなると共に、少しづつ色合いが変化して飴色へと変わっていきます。

IMG_9113
にゃんずの首輪も同じ革で作っていただいています(^^



ヘッドカバーは出来て来ましたが、実際のHAYABUSA LimitedForgedはもう暫くお待ちいただきますので何卒ご了承くださいm(_ _)m





ウェッジの歯って、皆さん使いますか?

使うと言う方はそれほど多くないのではと思います。

私自身もほぼ使いませんし、使い方で考えられるのは・・・

グリーンエッジでウェッジの歯を赤道にチョコンと当てて転がす位でしょうか。
(普通はパターを使いますけどね・・・)



使うか使わないかは、さておき、皆さんはウェッジの歯ってどのような機能を持っているとお考えでしょうか?


私は考えても考えても機能的なメリットは思い浮かびません。←バカなだけとも言います(笑)



逆に、ウェッジの歯のデメリットに関してはすぐに思い浮かびます。


一番のデメリットは、ウェッジの歯が引っかかってザックリやチャックリすることではないでしょうか?


まずザックリやチャックリのメカニズムを考えていきます。



ウェッジの使い方を考えていくと、ロフトなりの最大飛距離で打つことももちろんですが、それ以上に多いのがグリーン周りでのアプローチです。

アプローチウェッジと言うくらいですから、アプローチが主たる使用方法となってきます。


そのアプローチでザックリやチャックリをする訳ですが、ウェッジがグリーン周りで使うことが多いということを考えると、歯は不要とも思えるのです。

砲台グリーンになっているコースはあってもグリーン全体が凹地になっているコースは見たことがありません。


このようにグリーンに向かってアプローチをする時、グリーン手前でもグリーン奥でも、ほぼ100%の確率で左足上がりのライとなります。

左足上がりのライで普通にクラブを振ると、余程のすくい打ちをしない限りはウェッジの歯は地面に刺さる方向でスイング軌道を描きます。

グリーンキーパー見習いをしていて分かったことなのですが、芝の殆どは上から下に向かって芝目が来るので、芝目にも逆らう形。
更に言うと、グリーン周りのライを作る時やグリーンの改修を行う時、修繕する時は土を相当に叩いて圧をかけます。そうしないと上から下に向かって土が流れたりします。

また、グリーン周りはゴルファーが最も多く歩く部分ですので、そうした意味でも圧迫される事となります。


ですので通常の歯のあるウェッジの場合、まず、芝目に引っかかって減速し、更には芝の下の、フェアウェイよりはるかに硬い地面に引っかかってザックリやチャックリすることとなります。



ただでさえ左足上がりのライなのに芝目も地面もスイング軌道に対しては逆目の事が多いのですから、歯を入れる打ち方をするとザックリやチャックリが出る可能性は非常に高くなる訳です。

そうした面からJCMシリーズやZESTAIM Fi-0CB LimitedForgedのようにリーディンエッジの下を削る研磨もありますが、グリーン周りから使うウェッジではロフトが寝ているぶん更に削ってやる必要が出てきます。



IMG_9095
そうして生まれたのが、HAYABUSAのたまご型ソール。

玉子

玉子半分



たまごを半分に切った形にすることで、チャックリやザックリすることがほとんど無くなっています。




たまご型にしたのは実はもう一つ理由があります。

その理由は・・・。

次回に書きますので、ブログのチェックを欠かさぬよう、お願いいたしますね(^^




ちなみに・・・。
HAYABUSAノーマルVer. HAYABUSALimitedForged共に初回入荷分はご予約で完売(LimitedForgedはまだ初回分も入ってきていませんが・・・)しております。
2回目以降の製造を急いでおりますが、こうした特殊な研磨が必要になってくる新発想のウェッジですので、上がってくるまでに相応の時間がかかります。
ご予約は承っておりますが、お時間は頂戴いたしますのでご了承くださいm(_ _)m

ありがとうございますぅ〜〜(^^)v

感動する抜けの良さ(^-^)v
私も開発していて感激しちぃましたから(笑)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ここから〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ファルコン様

今日、〇〇カントリーの練習場で打って来ました
まずは、マットの上で軽く体をほぐしながら打ちました
A.S 両方振りやすさ、打感、最高です
次に隣接しているグリーンへ芝生からのアプローチ
マットの上で打つのとは大違い!
ちょっと深めのラフでは
想像以上の抜けの良さ!感動しました
AとSで両方打ちましたが
両方とも最高に良かったです
続いてバンカーショットへ
打った瞬間、今までのSとは全く違う感覚に驚きました
2球目を打っても綺麗な放物線でナイスアウト!
恐るべしHAYABUSA!最高のウエッジです
グリーン周り、どんな状況でも完璧に対応してくれますね
次は実践で緊張感のある時に打つのが楽しみです

この度素晴らしいウエッジをありがとうございました


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ーここまで〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






大好評のHAYABUSAですが、一番多くご依頼を頂いているLimitedForgedはまだ上がって来ませんし、ノーマルバージョンのHAYABUSAでさえ、まだ製品版をお届け出来ている方はお一人のみです。

何故HAYABUSAがこんなに遅くなっているかというと、それはこのHAYABUSAが今までに無いウェッジだからです。

予約開始から半年経ってようやくノーマルバージョンの製品版が出来ましたが、既にファーストロットは完売。

HAYABUSAの上級バージョン、LimitedForgedに関しては未だに製品版が上がってこないと言う状況で皆様には多大なるご迷惑をおかけしております。


ノーマルバージョン、LimitedForged共に今までにない形状であるがために、日本一の研磨師とも言える共栄ゴルフの岡村工場長でさえ難しい研磨でした。
何度も削り直しては送ってもらい、NGな部分とOKな部分をお知らせして、また研磨して送ってもらうと言うことを何回も何回も繰り返しています。

しかし、実際に岡村工場長が研磨し仕上げたノーマルHAYABUSAであっても、私が最終的な研磨を行い、磨き上げてからメッキに出すと言う形を取っています。
どうしても最後の最後だけはこだわりたいですし、岡村工場長の研磨の癖(殆どお分かりになる人はいないでしょうが)みたいなものもありますから。

そうしてほぼほぼ岡村工場長に仕上げてもらっている状態でさえ、私が行う曲げ~研磨~磨きと言う工程で1本2~3時間はかかります。

「やり過ぎ!!」と言われるかもしれませんが、この上に上げている写真の状態にまで磨き上げてからのメッキ出しです。そうなんです!!この山を背景にしたウェッジはメッキしていないんです。

ようやく岡村工場長とのコラボ研磨でメドがつきましたから、もう私がひとつづつ削ることは無いでしょうが、皆様へのお届けが送れていた3月くらいには、私がひとつづつ削ることも考えました。

でもBoseIronFactoryの設備ではひとつ削るのに2~3日はかかりますから、ミーリングを入れてメッキをしてといったことを考えると1本7~8万になってしまいますし、作れる本数も月に1~2セットとなってしまいます。


そんな状態ですので、74,000円のノーマルバージョン、106,500円と言う超高額なHAYABUSA LimitedForgedでさえこれまでにかかった費用と手間暇を考えると全く儲けはありません。

まぁ、でも良いんです(^^;;

オーナーとなる方たちにはきっと喜んで頂けるでしょうし、作る側のどの協力企業をとってもHAYABUSAを作ることで技術の向上が図れます。

岡村工場長は今までどの研磨職人も削ったことのない形が削れるようになりましたし、フェースミーリングの会社にとってみても高額すぎてどこのメーカーも採用することが出来なかった特殊なミーリングを行うことは今後の経験として生きることとおMOIます。

そして何よりも私自身がこうして研磨や磨きの技術を身につけることが出来ましたから。


まだLimitedForgedの製品版は完成していませんが、半年や一年後にはもう少し量産出来るようになると思いますので、そうなったらもう少し安価で性能や見た目はそのままのHAYABUSAの普及バージョンを発売できるかもしれませんね(^^



あ、その前にカッパーフィニッシュや超絶激スピンの黒染めバージョンを限定で出すかもしれません(^^;;
要望次第ですが・・・。


ん~、カッパーフィニッシュは私も欲しいしなぁ・・・(^^;;

IMG_8963


HAYABUSAノーマルバージョンの完成です。

ノーマルバージョンをご予約いただきました方には、ご予約頂きました順番にご連絡差し上げ、シャフト(DGorMODUS Wedge)のChoiceとロフト・ライのご相談をさせて頂きますのでもう少々お待ち下さい。

HAYABUSA LimitedForgedに関しましては、特殊なフェースミーリングのため、現在鋭意製作中ですので、もう暫くお待ち下さいますようお願い致します。


まだメッキ前のHAYABUSA AWとSW。


SWは初公開ですね。


2017-04-19_11-43-49_449





2017-04-19_11-45-55_687


ご予約頂いている皆様、もう少しお待ち下さい!!

力学的に考えることによって圧倒的なヌケの良さとチャックリ使用にも出来ないと言う新次元の性能を持ったHAYABUSAウェッジ。


共栄ゴルフの工場長であり、日本最高の研磨職人の一人である岡村氏にとっても、これまでにない形状ということで大変そうです(^^;;


今日、岡村氏から最新のHAYABUSAプロトが形状確認のため送られてきたのですが、ごめんなさいm(_ _)m あと2歩といったところでして、NGを出させて頂きましたm(_ _)m


ただ、NGを出すだけでは前に進みませんから、どこがどうNGなのかを説明して対処していただく必要があります。
鍛造もHAYABUSA専用に新たに打ち直してもらうことになったので、久々に研磨職人となって、私自身で再研磨しました。

image

仮に妥協してOK出したとしても、HAYABUSAのご予約を頂いた皆さんは実物を見ていないのでわからないとおMOIます。

でも、「じゃぁ、それでいいじゃん!!」と思ったら、きっとBoseIronFactoryはそこで終わりです。 


妥協はせず、HAYABUSAに協力してくれる全てのチカラを結集して、80点や90点ではなく、全ての面において100点を取ることではじめてHAYABUSAは出来上がると思っています。



考えても見てください。

毎年毎年新しいウェッジが発売されますよね?
そうして新しく発売されたウェッジはその時々で「最高のウェッジができました!!」と言う宣伝文句で販売されます。

でも翌年にはまた「更に最高のウェッジが出来ました」ってなる。

ドライバーの飛距離が毎年伸びているのと同様、毎年最高のウェッジが出来るとは考えにくいのです。

HAYABUSAに関しては少なくとも5年、出来ることなら10年は設計変更をしないで販売継続出来るウェッジを目指しています。

10年って短いようですが、ちょうど10年前に発売されたドライバーを見ると、その長さが分かります。

 
SUMO
2007年2月23日発売のドライバーです。


今この2017年にこのドライバーをカッコ~ンと言わせているゴルファーがどれだけいるのでしょうか?

常に最新のウェッジでは無く、常に最高のウェッジを使いたい方だけにHAYABUSAはお勧めします。

(こちらの希望的観測としてではありますが、出来ることなら)買い替える必要の無いウェッジをお届け出来るよう、頑張っておりますので、全てにおいて納得できるHAYABUSAが出来るまでもう少々お待ちくださいますようお願い致しますm(_ _)m 

先日PROTOTYPEというキーワードでブログを書きなぐりましたが、正真正銘のPROTOTYPEのHAYABUSAをちょこっとご紹介しましょう。

image


黒染めのHAYABUSAです。

こちらは文字通りPROTOTYPEと言える量産品の原型のひとつです。

もちろん市販はいたしません。


市販品との違いは、フェースミーリングの有無とメッキがされているかされていないかという点で、 その他は市販品と変わりませんが、原型ですから研磨は大まかな研磨を共栄ゴルフの岡村工場長が行い、最終の仕上げをファルコン自らの手で行ったものです。 



仮にこれを売ってくれと頼まれたらどのくらいの値段になるか・・・。


そんなことを妄想していると結構楽しかったり(爆)




すみません、HAYABUSAのご予約を頂いた皆さん!!

まだしばらくはかかりますが、(妥協は一切しませんが)出来る限り早い段階で発売したいと思っておりますので、しばしお待ちいただけるようお願い致します!! 



HAYABUSAのご予約開始とともに、たくさんの方からご予約をいただきました。


まだお届けできる時期も確定していないにもかかわらず、私が考えていたご予約数量よりも何倍も多いご予約となり、驚きを隠せないとともにご予約頂いた皆様には心から感謝しております。

ご予約頂きました皆様には最上のクオリティを持つHAYABUSAを出来得る限り早くお届けするよう、HAYABUSA関係者一同努力いたしますので、しばしお待ちくださいますようお願い申し上げます。 

なお、HAYABUSAは両ヴァージョン共に限定の製品ではございません。
ご予約いただきました順番に上がってきたヘッドを割り当てて組み上げていきますのでお時間はかかりますが、1人でも多くの方にHAYABUSAの素晴らしさを味わっていただきたいので、予約自体は継続させていただきます。



ファルコンまつばら

あと少しでご予約開始になるHAYABUSA。

皆さんからは「ちゃんと予約できるのだろうか?」とか「すぐに売り切れになってしまうのでは?」と言ったご質問を頂きます。


ですが、ご安心ください。


どちらのヴァージョンともお一人さま1セットのみとさせていただきますが、何人の方がご予約されても売り切れにはいたしません。


作れる数量には限りがございますので、時間はかかるとはおMOIますが、 10セットでも50セットでも、たとえ10,000セットでもご予約いただけましたら、責任をもってその数量を作ります。 

image

基本的にご予約の順番で上がってきたHAYABUSAを組み上げる。という形にはなりますが、ご予約頂いた全員にHAYABUSAをお渡し出来るまで、HAYABUSA関係者一同全精力を上げて取り組みます。




あ~~~~~、ドキドキする・・・・。←私が一番ドキドキしているかもしれませんです(^^;;

↑このページのトップヘ