ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

カテゴリ: HAYABUSAウェッジ

三木プロがHAYABUSAウェッジの紹介をしてくれております(^^




全幅の信頼をよせてくれるって、本当に有り難く嬉しいことですが、なんか少し歯がゆいというか照れちゃうというか・・・(^^;;

今後も三木プロのことは全力でサポートしていくつもりですので、三木プロもガッツリといい成績を残してくれると嬉しいです(^^
そうなった時には「ファルコンのおかげです」では無くて「MOIマッチングのおかげです」って言ってもらえると最高です。

ちなみに三木プロとお会いしたのは今年3月のゴルフフェアの後にお会いしたのが最初なんです。

つい先月初めてお会いしたのに、三木プロのクラブのMOIマッチングやHAYABUSAを通じて、もうかなり長い付き合いみたいに感じています。

会ったこともなく、もちろんスイングも見たこと無い(動画でも見たこと無いんです)のに、プロがここまで褒めてくれるクラブを作ってしまう(自慢!!)、クラブMOIマッチングって本当に凄いです(^^


あと、この動画の凄い所。

3分くらいの所で、三木プロのキャメロンパターが出てきます。
そのパターの打痕に注目です!!

さすがはプロ、パッティングでは毎回同じ所(芯)に当てているので、芯の部分に打痕が付いているのが分かるんです。
これ見たら、「やっぱりプロってスゲェ!!」って思いますね(^^

私自身、どんな仕事であってもプロである以上は素人がどうあがいても追いつけない実力の差が無ければ行けないと考えていますが、三木プロはあのパターの打痕を見ただけで「本物のプロゴルファー」だと感じます。




ちなみに誰とは言いませんが、あるプロとこんな会話をしたことがあります。


ファルコン:「もし、用具の関係で使いにくかったら使わなくてもいいよ。」

某プロ:「いえ、プロとして(HAYABUSAを)使わざるを得ませんから。」



そのプロはその時からずっとHAYABUSAを使ってくれていますが、その言葉を聞いた時、すっごく嬉しくて涙が出そうでした(^^;;

私もゴルフクラブに関してはプロだと思っていますので、HAYABUSAウェッジの開発にあたってはホント、死に物狂いでやってきました。
コンセプトから今までに無いウェッジというコンセプトですし、実際の開発にあたっては日本で一番厳しい環境(寒さだけでなく、芝の質や様々なライであったり天候であったり)の中でテストを行い、時にはクラブクラフトが出来なくなる位に手首を痛めたり・・・。

そうした環境に自ら身を置くために、会社も辞めて、家族を横須賀に残しての単身移住です。

人生を賭けて命がけでやってきてようやく納得できるウェッジとなったのがHAYABUSAなんです。

そのウェッジを「プロとして使わざるを得ない」ということは、「用具の供給関係を差し置いてでも使いたい」と言うことです。

本物のプロゴルファーが本気で気に入ってくれたウェッジがHAYABUSAなんです。
これ以上の褒め言葉はありませんよね(^^


NewHAYABUSAウェッジの嬉しい感想を頂いておりますので、ご紹介させていただきますね(^^

「ハヤブサウェッジはもうすごい!
54度が届くまでに行ったラウンドで、56度で冬芝なんですけども、チャックリなく、なんとも気持ちいい感じで打てますね。
これはもう市販のウェッジは打てません!
早く夏芝で打ってみたいです。
M425も作ってもらってなんなんですが、M425のグース感でファルコンソールなんてウェッジがあれば完璧じゃないか、とグース好きの僕は思ってしまいます。いやぁ、ファルコンソール、おそるべし!!!」

IMG_2050
IMG_2035



50度、52度、54度(SWベース)、56度、58度在庫ございます。
お買い求めはBoseIronFactoryWebShop
https://longiron.net/
からお願い致します。

IMG_2050
IMG_2057-2
IMG_2052


New HAYABUSAウェッジの写真を撮ってみました(^^


カッコいいだけじゃないんです。

カッコ良いのは性能を追求した結果、たまたまカッコ良くなってしまったとも言えますので、実は設計・製造字にカッコ良さはホント二の次三の次でした。

HAYABUSAというとBoseIronFactoryファンの方にはHAYABUSA LimitedForgedがお馴染みかもしれませんが、HAYABUSA LimitedForgedの性能を100%とすると、こちらのNewHAYABUSAは95%くらいのところまで追求しています(MOIマッチングの部分は除き、ヘッド本体での性能のイメージです)。

価格はLimitedForgedが128,000円なのに対して、こちらのNewHAYABUSAは高い方のMODUSでも
34,000円ですので、4倍弱の価格設定です。

5%を追求するために4倍以上の手間暇と技術をかけているLimitedForgedはファルコン的には本当に究 極のウェッジであると自負していますが、高いのも重々承知しておりますので、一人でも多くの方に MOIマッチングの物理的考え方が無ければ作ることの出来なかったこのHAYABUSAの凄さを感じて頂け ればと思っております。

ロフト設定も48、50、52、AW54、SW54、56、58と非常に豊富なバリエーションとなっています。
(48度は5~6月発売予定、54度AWは欠品中で5~6月入庫予定)

50度、52度、56度、58度に関しては在庫もある程度ございますが、一度欠品すると2~3ヶ月はお待ち 頂く事になりますので、在庫のあるうちにBoseIronFactoryWebShop(←クリッククリック!!)からお 買い求めください(^^

IMG_1969


大変ご好評を頂いているNewHAYABUSAウェッジですが、多くの方のご希望により、新ロフト48度を製作する方向で考えております。


IMG_1970

ロフトを変更するとソール形状が変わってくるので、曲げた場合は再研磨をしなければその性能を発揮することは出来ません。

そのためHAYABUSAの場合は最上級バージョンのLimitedForgedを除き、48度には対応しておりませんでしたが、多くのご要望をいただきましたので、専用設計にて48度の製作をすることに致しました。

これから作るので2~3ヶ月はかかるとおMOIますが、48度でもHAYABUSAの性能の全てを発揮できるよう製作致しますので、よろしくお願い致します!!

HAYABUSA Limited Forgedのメッキ前。

IMG_2793
IMG_2792
IMG_2795


LimitedForgedはひとつづつ私の手で最後の研磨を行い、ここまで磨き上げてからメッキに出します。

通常は鏡面になるまでは磨きませんが、LimitedForgedに限ってはここまでやります。

傷ひとつ見逃さないということでもありますが、鏡面に磨きあげることでメッキ厚をより均一化させ、ほんの100,000の1でもソールの抵抗を減らしてHAYABUSAの性能を最大限に引き出したいからです。

正直ここまでやる意味は無いのかもしれません。
かかる時間と手間暇を考えると更に意味のないことと思います。
でも、5時間かかろうが100時間かかろうが、この磨きあげがマイナスにならず、ほんの少しでもプラスになるのであれば手間暇を惜しまずに行う。

それが全てにおいて最高を求めるHAYABUSA Limited Forgedであり、そうでなければLimited Forgedではありません。


オーナーとなる方にとってかけがえのない特別なHAYABUSAになるよう、この磨き上げの前の研磨工程では、0.05g単位でヘッド重量を調整しながら研磨していきます。

もちろんオーナーご指定のロフトライにした際の曲げ傷も綺麗にしますし、曲げることによって変わってくる顔つきやソール形状の微妙な部分にまで関しても研磨の工程で最善の形になるように研磨を行います。



こんな鉄の塊に3月1日からは1本128,000円もの値段をつけます。
通常のNEW HAYABUSAが4本買える値段です。

ぶっちゃけ通常のNEW HAYABUSAの4倍の性能はありません。
ですが、私がこのHAYABUSA LimitedForgedにかけた手間暇と技術、そして魂は4倍どころではありません。

ファルコン自身、128,000円というのは魂を削って作った代償として考えています。

その価値を分かって頂ける方であれば128,000円は高く無いと思っております。

50D-00002083


3月1日ご依頼分より、HAYABUSA LimitedForgedの価格改定をさせて頂きます。

新価格は1本128,000円(消費税込み、送料込み)となります。

HAYABUSA LimitedForgedはロフト・ライは0.5度単位でご指定いただけますし、メッキも銅下を含む各種メッキにも対応致します。
どのようなロフト・ライでも顔つきはもちろん、HAYABUSAの最大の特徴であるソール形状も変わらないようにファルコンまつばらが膨大な時間と手間をかけて研磨し磨き上げて仕上げます。

シャフトもスチールシャフトで弊社で入手可能なシャフトでしたらお好きなものを選んで頂けますし、グリップに関しても弊社で入手可能なものでしたらどのグリップでもOKという、お客様とファルコンまつばらが一緒になって作っていく究極のウェッジです。

そのため価格的にも高額となってしま非常に心苦しいのですが、何卒ご理解の程をお願い致します。

一昨日はHAYABUSA Limited Forgedを削った。
削ったあと、ふと見たら発注したRODDIOのFWが置いてあった。

そう、宅配が来た事に全く気づかなかったのだ。

そのくらいにHAYABUSA LimitedForgedを削るのは真剣勝負。

だから研磨をすると精神的・肉体的にどっと疲れる。

どちらかと言うと精神的のほうがしんどいくらいで、今日になっても完全に疲れが抜けているとは言い難いし。


これらの写真は、そうしたHAYABUSAのものですが、綺麗ですよね?


IMG_8965
IMG_9242
IMG_9229
IMG_9224

自分で言うのも何ですが、HAYABUSAが構成するラインの美しさは、やはり他のどのウェッジとも違う美しさがあると思います。

その上でファルコン自身がここが凄いと思えるのが、鏡面の美しさなんですね(^^

曲面だけで構成されるHAYABUSAなので映り込みはほぼ無いですが、実はこれ、ミラーメッキとかはしていません。本当にノーメッキの状態でこのピカピカなんです。

通常は最初のロゴアップの段階で磨きは終わりです。

シャフトが刺さっているから、ミラーメッキした後で組上げたものだと思うのでしょうが、シャフトとヘッドは接着されておらず、単に挿しただけなんです。

もちろんこの状態で下に向けたらスルッと抜けますし。

ヘッド全体をこうした鏡面になるまで磨き上げるのは多分私だけ。

それもHAYABUSA LimitedForgedだけです。



なんでここまでピカピカにするかと言うと、考えうる最高の状態にしたいから。

1枚目の写真のところまでだとヘアライン部分は微妙な凹凸があるからヘアラインに見えるんですが、鏡面に仕上げるということはその微妙な凹凸が無くなるということです。
微妙とは言え凹凸があるということは、微妙に傷が全体にあるということでもあります。
鏡面に仕上げることで、そうした傷にもならない、メッキをかけると見えなくなる部分まで凹凸をなくしていく。

そのことで一層表面はなめらかになって、なめらかになった分摩擦も軽減されます。

おそらく人間の感覚ではヘアラインでも鏡面になっていても分からない部分ですけれども、鏡面にするための恐ろしいほどの手間よりも分からない程度であっても考えうる最高の状態に少しでも近づくのであればそうした手間を惜しまない。

だからこそ研磨し、磨き上げるだけで自分自身の魂を削るような感覚になるのでしょう。


ほんの少しでも良いクラブになるなら、その何十倍もの時間と手間をかけるのも厭わない、そんな気持ちで作っているのがHAYABUSA LimitedForgedです。




9211-2
image

こんなこと言ったら叱られてしまいますが・・・。

HAYABUSA LimitedForgedなんて作らなきゃ良かったです。


1本75,000円と馬鹿みたいに高いのに、作れば作るほど手間暇で時間ばかり取られて赤字が増えていきます。

経営者としてはこれはイカンですね(笑)


ということで買わなくて良いです(笑)





と、書きましたが、まだ削る前の在庫もありますし販売自体は継続します。

HAYABUSA LimitedForgedは私の拘りと技術の全てを詰め込んだモデルですので、自分自身の究極の存在としてやはり残しておくべきだと。

現在でもHAYABUSA LimitedForgedは恐ろしいほどの手間暇と時間をかけて作っております。
もちろん性能面でもNEW HAYABUSAを超える性能であることは言うまでもありません。

なぜそんなに手間暇をかけているかと言うと、NEW HAYABUSAを含む他のウェッジとは全くと言っていいほど作り方が違うんです。

お客様から発注を頂くと、

1.ロフト・ライ角はお客様と打ち合わせの上で決定(0.5度単位)し、メッキ種類もお好みで決定。
2.決まったロフト・ライを0.5度単位で調整。
3.お客様にとって最善となるようクラブMOI値を決定。
4-1.ロフト・ライの調整痕を削って修正。
4-2.変更したロフト・ライでHAYABUSAの最大限の性能が発揮できるようにソールを研磨。
4-3.狙い値のクラブMOI及びメッキによって違うメッキの重量をも勘案して重量も調整(0.1g以下まで)。
4-4.変更したロフト・ライによって変わってくる顔つきもこの時に修正。
(4の作業は順番があるわけでは無く、4-1~4-4までに作業を同時に行っていきます。)
5.メッキ工場が「これミラーメッキ剥離してからご指定のメッキかけるんですよね?」と聞いてくるくらいまで磨き上げ(写真2枚めの状態です)。←流石に最近では聞いてこなくなりましたが・・・。
6.メッキ出し
7.メッキ戻りでメッキ重量を計測し、ホーゼル内の肉抜きで最後の重量調整(0.05gまで)。
8.弊社取扱スチールシャフト全製品と弊社取扱の全てのグリップの中からお好みのシャフト・グリップで組上げ開始(追加料金無し、カーボンシャフトの場合は別途差額有り)。
9.目標のクラブMOI値プラスマイナス0.4kg-cm4(計測器の限界値まで)にて組上げ。

と言った手順で製作し、組上げています。

通常のMOIマッチング組上げと同じ工程もありますが、同じ工程でも基準値がヒトケタ違いますので、作業自体は何十倍もの作業となりますし、研磨と磨き上げに恐ろしいほどの時間と技術を費やします。

熟練の研磨職人であれば1日に数百本のヘッドを仕上げることが可能なのに対して、HAYABUSA LimitedForgedの場合は1日1セット出来るかどうかということを考えて頂ければよろしいかと。

実際にHAYABUSA LimitedForgedを削るのは、私自身の魂を削るようなものなので、1セット削っただけで心身ともにボロボロになります。

これ、本当に大げさでもなんでも無く本当にあしたのジョーみたいに燃え尽きてしまうんです。
(実際削っているところを見た人は少ないですが、見た人ならお分かりになるかと)


ここからはぶっちゃけたお話になりますが、現在の1本75,000円という価格では原価と手間暇がかかりすぎて利益は出ません。
今までは赤字でもクラブMOIマッチングした方へのお礼の気持ちでHAYABUSA LimitedForgedを作ってきましたが、発売から1年以上経過しクラブMOIマッチングされた方へも(以前のノーマルバージョンを含めて考えると)行き渡った感もあります。

ですので、大変恐縮ですが3月1日よりHAYABUSA LimitedForgedの価格改訂をさせて頂くことと致します。

まだ新価格は決定しておりませんが、手間暇の分プラスアルファの利益が出る形にしたいと考えております。多分ですが今よりかなり高くなると思います。
2月中のご依頼の場合はもちろん現在の価格でお作りいたしますので、HAYABUSA LimitedForgedが欲しい方はお早めにご依頼ください。

魂込めて削っているのでホントしんどいんです。1セット研磨すると全く動けなくなるほどに・・・。
すみませんが、このままではホント倒れちゃいますのでどうかお許しくださいm(_ _)m



ここ弟子屈(てしかが)では、今週土曜日の予報でマイナス26度にまで冷え込む予報が出ています。

ここ弟子屈は冬が厳しいだけではありません。私の住んでいる所は最寄りのコンビニまで6~7キロ離れていますし、最寄り駅も歩いたら2時間はかかります。
そして2時間かけて駅まで行っても、1本乗り逃したら次の列車まで3~4時間待つことも。
路線バスも通っていませんし、お隣の家も近いほうで220メートル位、遠いほうだと1キロは離れています。
アマゾンのプライムに入っていても商品が届くのは早くて3~4日後ですし、夜中にラーメンが食べたくなったら60キロ先の中標津まで行かないと夜中にラーメンも食べることが出来ません。

ここから先はプライベートモードです。
パスワードはいつもの通りです。

IMG_1970
IMG_1972
続きを読む

ボブ・ボーケイとロジャー・クリーブランド。
言わずと知れたウェッジ界の2大巨匠です。

ウェッジのデザインをする上で、どちらの巨匠も”抜け”という性能を重要視してきました。
巨匠に限らずその他のウェッジデザイナーも”抜け”に拘ってデザインする人は多いです。

ウェッジデザインにおいてなぜ”抜け”を重視するのか。

BoseIronFactoryはまずその点を考えました。

抜けが良い場合、フェース面はボールとコンタクトするまでの間で抵抗は少なくスムーズにボールコンタクトを迎えます。
そのためゴルファーの意図した通りのフェース面の向きでボールコンタクトを迎えます。
言い換えると意図しない方向にフェースが向くことは最小限に抑えられるということになります。

対してヌケが悪い場合、ソールやフェース面は芝や地面の抵抗によって打ち手が意図しない方向に向くことになります。
真っ直ぐ打ち出したいのに右や左に行く場合もありますし、高さにおいても高すぎたり低すぎたりするんです。

1cmでもピンに近づけたいアプローチではこのことは非常にデメリットになりますから、ゴルファーは皆抜けの良いウェッジを求める訳です。


すなわち抜けが良い=接地抵抗が低いということになります。


接地抵抗を下げる手段として、いくつかの方法がありますが、ボブ・ボーケイもロジャー・クリーブランドも基本的な考え方としてソールを幅広く、かつ平滑にすることで接地抵抗を減らす手法を取っています。
IMG_0610

ボーケイさんでもクリーブランドさんでもありませんが、
平滑で広い面の一例です。



幅広く、平滑にする考え方とは対極として、HAYABUSAウェッジに採用されているFalconソールがあり、Falconソールは設置する面を平滑は面ではなく点とすることで接地面積自体を限りなくゼロにすることで抵抗を抑えるという手法です。


hayabusaソール
平滑な面が一切なく、点でしか接地しないHAYABUSAのFalconソール
玉子半分
Falconソールのアイデアは玉子から。
新幹線のフロント部分がカモノハシに似ているように、自然界にはまだまだアイデアのもととなるものがたくさんあります。


IMG_9248
こちらは平滑な面の一般的なウェッジです。

IMG_9252
こちらがFalconソールのHAYABUSAウェッジ。


Falconソールが玉子の形をアイデアとして取り入れたのは、玉子型が一番抵抗が少ないということからです。赤ちゃんが基本頭から体外に出てくるのも丸く、抵抗の少ない頭から出てくるということで、玉子にしても細く抵抗の大きいところをスッポン!と出てくるのも、丸いほうが抵抗が少ないんですね。


ボブもロジャーも、HAYABUSAのFalconソールとは全く考え方が違いますので、どちらが良いというわけではありませんが、平滑な面という考え方とは180度違う考え方という点に置いてはHAYABUSAウェッジは両巨匠とは違う手法でウェッジの新しい可能性を示すことが出来たのでは無いかと、巨匠を前にしておこがましいことではありますが考えていたりします。

FullSizeRender

HAYABUSAウェッジの抜けは練習場の人工芝の上ではわかりにくいので、是非実際の芝の上からご体感ください!!

試打用もございます!!

↑このページのトップヘ