ゴルフ北の国から〜MOIマッチング編〜

ゴルフトゥデイの連載「ゴルフ〜北の国から〜」と連動し、クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからをお届けします。

カテゴリ:北の国から > 聖地の整地

BoseIronFactoryの歴史は2007年、横浜のマンションの一室で始まりました。その後、横浜から横須賀に移転し、今は北海道の東の中心とも言える弟子屈町(てしかが)の広大な牧草地の中に広大な土地を購入し、工房を構えています。
横浜や横須賀は都内からのアクセスも良く便利で、お客様のご来店もしやすい環境でした。

横浜や横須賀に比べると弟子屈はお店も多くはありませんし、交通の便も不便と言えます。夏は25度以上になる日も少なくエアコンも必要ないくらいですが、冬はマイナス20度以下になることもあり、とても厳しい環境です。
「何故わざわざそんな弟子屈にBoseIronFactoryを移転したのか?」疑問に思う方も多くいらっしゃると思います。
それは弟子屈のある道東が日本で最もスコットランドに近い環境だからです。
スコットランドはゴルフ発祥の地であり、最も歴史と格式のあるTHE OPEN(全英オープン)はスコットランドのリンクスで開催されます。
多くの日本人プレイヤーがTHE OPENに挑んできましたが、スコットランドリンクスの風や芝に日本人プレイヤーが阻まれている状況で、優勝が無いどころか上位入賞も少なく、今でも多くの日本人トッププレイヤーが予選落ちを余儀なくされています。
私自身、ゴルファーとしてはアマチュアの中でも一番底辺にいるプレイヤーですから、スイング論やプレイに関しては何も言えませんし言いません。しかし、ゴルフクラブに関してはプロフェッショナルでいたいと思っています。
ほぼ毎年のように「THE OPENのための秘密兵器」と称してTHE OPENのためだけのロングアイアンが作られるといった状況を見て、そんなに甘いものではないと感じておりました。
THE OPENで日本人が活躍するには、THE OPENと同等、もしくはTHE OPENよりも過酷な自然環境の中でゴルフクラブを見つめ、ゴルフクラブと接し、ゴルフクラブを設計し、ゴルフクラブのテストを重ねることこそが、私に出来る唯一のことと考えています。
冬を除く弟子屈の環境は、単に過ごしやすい気候であるだけでなく、朝と夜の霧、日中の風、そしてホールバイホールで晴れていたり雨が降ったりと一日の中に四季があるスコットランドリンクスと非常に良く似ている環境です。
そしてその環境の中で育つ芝も、単に洋芝であるというだけでなく、スコットランドリンクスに限りなく近い芝質に育ちます。

また、弟子屈は道東の中心とも言えるところにあることから、弟子屈カントリークラブだけでなく、海沿いでいつも強い風が吹いている本物のリンクス、根室ゴルフクラブや釧路カントリーなどへのアクセスも良好です。

THE OPENのための「秘密兵器」と言いつつ、鳥かごの中で試打マシーンが打って開発されたクラブよりも、ここ北海道の道東にある様々なゴルフ場の様々なライで、強風や雨といった様々な環境のもとでテストを繰り返して開発されたクラブこそが、THE OPENなどの過酷な環境で使えるクラブとなるのではないでしょうか?
2017-07-01-05-03-44
広大なBoseIronFactoryのテストフィールド。
まだ整地中ですが・・・。



HAYABUSAを始めとするBoseIronFactoryのクラブは、そうした環境の中でテストを繰り返すことでブラッシュアップされ、作られているのです。


IMG_9183
IMG_9242
過酷な環境の中、何万球もの試打を繰り返して完成したHAYABUSA LimitedForged。

もうひとつ、BoseIronFactoryの目標として、ここ弟子屈にクラブMOIマッチングの聖地を作る。ということがあります。
クラブMOIマッチング自体は得意クラブに振り心地を合わせていくことで球筋までも得意クラブと同じにしてしまうという最新のチューニング方法ですが、基準となる得意クラブを詳細に計測し得意クラブのクラブMOIに他の番手を整えていくことで、スイングを見なくとも問題なくMOIマッチングが可能です。
アメリカにいるゴルファーのクラブを弟子屈でチューニングすることも可能ですから、クラブを送る環境さえ整っていればMOIマッチングは可能になります。

実はそうした点で弟子屈にいることはメリットにもデメリットにもなりません。
ですが、都内にこれほどまでに広大な土地を用意して工房を行うことは事実上不可能ですし、クラブMOIマッチングを広めていくためには私一人のチカラでは不可能ですから、クラブMOIマッチングを一緒に広めていってくれる仲間のクラフトマンが必要になります。
そうしたクラフトマンにクラブMOIマッチングのノウハウや知識を提供するためのセミナーハウスとしても使える工房を作るためには、やはり最低でも2,000坪位は必要であると考えています。
実際に敷地の中にバンカーやグリーン、洋芝の上から打てる試打スペース、そしてゲストハウスやセミナールームと考えると2,000坪でも狭いのです。
幸いなことに弟子屈にはフラットで広大な土地がたくさんありますから、9ホール位ならすぐに出来る土地がいくつもあり、実際に売りに出ています。将来的にはTitleistのテキストフィールド並の広さを誇る土地も確保して日本の全てのゴルファーがここ弟子屈をクラブMOIの聖地として来てくれることが私の最終目標です。
まだまだ先は長いですが、これらは夢では無く目標です。
夢は叶えるものですが、目標は自らの努力で達成するもの。
自分の努力次第で達成できるかどうかは変わってきますから、たとえ少しづつでもしっかりと進めていきたいと考えています。


株式会社BoseIronFactory
ファルコンまつばら

BoseIronFactoryでは平日は朝7時から営業をしておりますが、午前7時から9時までは工房での作業をして、その後午後0時までの3時間は新工房の建設に時間を当てることが多いです(^^

MOIマッチングのご依頼も多くブログも毎日更新できない位に忙しいのですが、新工房の建設をやらないと遅々として進みませんから(^^;;

冬の間にある程度やりたかったのですが、何しろ断熱されていない工房は寒くて外で仕事をしているのと変わらないので、冬の間は出来ませんでしたから、なんとかいい季節のこの時期に工事を進めて、8月お盆の時期には(友人たちもやってくるはずなので手伝ってもらって)工房の引っ越しまで終わらせておきたいんですね(^^;;

8月を過ぎるとすぐに寒くなりますから、ストーブなどもそのくらいには入れておきたいんです(^^

2017-05-30-18-40-58
一番面積の大きい壁が完成。


2017-06-05-11-07-01
奥と左の壁は出来ていませんが、エントランスの壁も(右側だけ)完成。


とりあえずは試打用の鳥かごの設置も出来ていますので、スカイトラックを使った試打と計測が可能になっています。
(試打用の鳥かごは、内装が出来たら少し場所をずらす予定です(^^)

ちょっと予定より違うのは・・・、鳥かごが大きすぎたこと。

もちろんサイズは知った上で買ったのですが、3m×3mってこんなに大きかったっけ?と言うくらいの超大型(^^;;

かなりの場所を取ってしまうので、考えていた工房の配置を少し変更することになりそうです。


ばくおん!!で工房仕事をしたいので、今あるPAセットを工房に移すつもりですが、いい感じで響くように断熱材をいろいろと考えながら仕込んでいきます(^-^)v



頑張らなくてわ!!続きを読む

BoseIronFactoryの歴史は2007年、横浜のマンションの一室で始まりました。その後、横浜から横須賀に移転し、今は北海道の東の中心とも言える弟子屈町(てしかが)の広大な牧草地の中に約2,000坪の土地を購入し、工房を構えています。
横浜や横須賀は都内からのアクセスも良く便利な環境でした。

横浜や横須賀に比べると弟子屈はお店も多くはありませんし、交通の便も不便と言えます。夏は25度以上になる日も少なくエアコンも必要ないくらいですが、冬の朝はマイナス20度以下になることもあり、とても厳しい環境です。
「何故わざわざそんな弟子屈にBoseIronFactoryを移転したのか?」疑問に思う方も多くいらっしゃると思います。
それは弟子屈のある道東が日本で最もスコットランドに近い環境だからです。

2016-10-04-12-07-12


 
スコットランドはゴルフ発祥の地であり、歴史と格式のあるTHE OPEN(全英オープン)はスコットランドのリンクスで開催されます。
多くの日本人プレイヤーがTHE OPENに挑んできましたが、スコットランドリンクスの風や芝に日本人プレイヤーが阻まれている状況で、優勝がまだ無いどころか上位入賞も少なく、いまでも日本のトッププレイヤーの多くが予選落ちを余儀なくされています。
私自身、ゴルファーとしてはアマチュアの中でも一番底辺にいるプレイヤーですから、スイング論やプレイに関しては何も言えませんし言いません。しかし、ゴルフクラブに関してはプロフェッショナルでいたいと思っています。
ほぼ毎年のように「THE OPENのための秘密兵器」と称してTHE OPENのためだけのロングアイアンが作られるといった状況を見て、そんなに甘いものではないと感じておりました。
THE OPENで日本人が通用するには、THE OPENと同等、もしくはTHE OPENよりも過酷な自然環境の中でゴルフクラブを見つめ、ゴルフクラブと接し、ゴルフクラブを設計し、ゴルフクラブのテストを重ねることこそが、私に出来る唯一のことと考えています。
冬を除く弟子屈の環境は、単に過ごしやすい気候であるだけでなく、朝と夜の霧、日中の風、そしてホールバイホールで晴れていたり雨が降ったりと一日の中に四季があるスコットランドリンクスと非常に良く似ている環境です。
そしてその環境の中で育つ芝も、単に洋芝であるというだけでなく、スコットランドリンクスに限りなく近い芝質に育ちます。

また、弟子屈は道東の中心とも言えるところにあることから、弟子屈カントリークラブだけでなく、海沿いでいつも強い風が吹いている本物のリンクス、根室ゴルフクラブや釧路カントリーなどへのアクセスも良好です。

2016-09-02-13-48-09


image



2016-10-18-12-41-30
 

THE OPENのための「秘密兵器」と言いつつ、鳥かごの中で試打マシーンが打って開発されたクラブよりも、ここ北海道の道東にある様々なゴルフ場の様々なライで、強風や雨といった様々な環境のもとでテストを繰り返して開発されたクラブこそが、THE OPENなどの過酷な環境で使えるクラブとなるのではないでしょうか?

HAYABUSAを始めとするBoseIronFactoryのクラブは、そうした環境の中でテストを繰り返すことでブラッシュアップされ、作られているのです。

もうひとつ、BoseIronFactoryの目標として、ここ弟子屈にクラブMOIマッチングの聖地を作る。ということがあります。
クラブMOIマッチング自体は得意クラブに振り心地を合わせていくことで球筋までも得意クラブと同じにしてしまうという最新のチューニング方法ですが、基準となる得意クラブを詳細に計測し得意クラブのクラブMOIに他の番手を整えていくことで、スイングを見なくとも問題なくMOIマッチングが可能です。
アメリカにいるゴルファーのクラブを弟子屈でチューニングすることも可能ですから、クラブを送る環境さえ整っていればMOIマッチングは可能になります。

実はそうした点で弟子屈にいることはメリットにもデメリットにもなりません。
ですが、都内に2,000坪の土地を用意して工房を行うことは事実上不可能ですし、クラブMOIマッチングを広めていくためには私一人のチカラでは不可能ですから、クラブMOIマッチングを一緒に広めていってくれる仲間のクラフトマンが必要になります。
そうしたクラフトマンにクラブMOIマッチングのノウハウや知識を提供するためのセミナーハウスとしても使える工房を作るためには、やはり最低でも2,000坪位は必要であると考えています。
実際に敷地の中にバンカーやグリーン、洋芝の上から打てる試打スペース、そしてゲストハウスやセミナールームと考えると2,000坪でも狭いのです。
幸いなことに弟子屈にはフラットで広大な土地がたくさんありますから、9ホール位ならすぐに出来る土地がいくつもあり、実際に売りに出ています。将来的にはTitleistのテキストフィールド並の広さを誇る土地も確保して日本の全てのゴルファーがここ弟子屈をクラブMOIの聖地として来てくれることが私の最終目標です。
まだまだ先は長いですが、これらは夢では無く目標です。
夢は叶えるものですが、目標は自らの努力で達成するもの。
自分の努力次第で達成できるかどうかは変わってきますから、たとえ少しづつでもしっかりと進めていきたいと考えています。


株式会社BoseIronFactory
ファルコンまつばら

まだ確定では無いので詳細は書けないのですが、嬉しいことなのでほんの少しだけ(^^;;


美幌峠では最果ての地と言われているこの弟子屈。


その最果ての弟子屈をクラブMOIの聖地とすべく整地から行っている訳ですが、聖地とするからにはクラブMOIの中心地としていく必要があります。 

今日、ちょっとだけ?中心に近づきそうなニュースが飛び込んできました(^^


まだ確定では無いですし、来年のお話ですので今日のところはここまで・・・m(_ _)m



いやぁ、しっかし、あらまぁホントに、繋がる時は繋がるものですねぇ・・・(^^)v



最果てと呼ばれたこの弟子屈がクラブMOIの中心になっていくのは、まんざら夢でも妄想でも無いかもしれませんよ。ホント楽しみです(^^

2016-10-27-06-14-54


 


クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。

お預かりしてから10日〜2週間程度でMOIマッチングは完了いたします。
現在約2週間待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。 

D型倉庫の工房兼工場兼試打室への改装は少しづつ少しづつ進めていますが、理想の工房にしていくためにはまだまだやることが山積です(^^;;

大きな要素のひとつとして、敷地内にグリーンやバンカーを作り、アプローチも本物の芝の上から出来るようにするというのがありますが、そちらの方も少しづつ少しづつ進めています。


ということで、昨日の18時くらいに黒ボク土が8トン(10立米ほど)ほど届きました(^^
(暗いので写真はありません(^^;;)

今日の夕方にはもう8トン届きます。
 
黒ボク土はこのあたりではよくある黒土で、HKDのゴルフ場のほとんど、牧草地のほとんどは黒ボク土で出来ています。

黒ボク
(写真は黒ボク土を見に行ったときのものです)
 

黒ボク土はリン酸が少なく、そのままでは芝も育ちにくいので、リン酸肥料を充分に撒いて成分調整をする必要があるようです。

リン酸肥料が充分に行き渡るには少し時間が必要でしょうが、届いた黒ボク土の1/4程度を使って敷地を程よいアンジュレーションにし、残りの3/4をグリーンの造成用に使う予定です。

15立米位あれば、低めの砲台グリーンならできると思いますし(^^
まぁ、ポテトチップグリーン(グリーン刈りが大変ですが)にもしたいので、足りなければまた頼みますけどね(^^


グリーンには黒ボク土の上に厚さ20cm位の川砂を入れなければなりませんが、川砂入れての造成はおそらく来年かと。

グリーンはどのベントにするかまだ決めていませんけれども、出来ればセント・アンドルーズオールドコースと同じ芝にしたいと思っています(^^

どなたかセント・アンドルーズオールドコースの芝の種類をご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか?






クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。

天気は良いのに、朝からものすっごい風が吹き荒れていて、はからずもBoseIronFactoryに対する風当たりの強さを感じているファルコンです(^^;;←意味が違うけど出る杭は打たれ強いので本当に風当たりは強かったりする(笑)

2016-10-04-12-07-12
風に雲も飛ばされてしまうので超快晴( ´ ▽ ` )ノ


2016-10-04-14-48-29
でも平均で15.3m、最大瞬間で26.7mって台風以上っす(^^;;



さてさてそんな中、MOIマッチングやら新しいクラブやウェッジの開発と同時進行で新工房建設のための準備は着々着々と進んでいるのですが・・・。

明日には待ちに待った砕石(5-25を7立米)や砂利(0-40を14立米)が運ばれてくるのですが、同時進行で束石や柱の準備です。



束石も柱も建材屋さんから買っても値段的に変わらないので、ホームセンターから新工房の柱や束石などの建築資材を買っている訳ですが、ホームセンターだと1万円以上だと配送無料になるんですね(^^

当然1万円を超える金額になるのですが、250kg以上になると重量物ということで別途配送料が掛かると・・・。


1個30キロの束石を10個運んだら250キロ超えるからと配送料を請求されたのですが、「だったら5個づつ伝票2つに分けて150キロづつって事にしましょうよ」と言ったら、『あ!!そんな方法もあるんですね!!」って・・・。

いつも配送に来るトラックはHKDならではの大型トラックでいつもガラガラの状態なので、別に250キロを超えたとしても積載量には余裕あるし・・・(^^;;
応用利かせよーぜぇ~(^^

と思うファルコンなのでした(^^;;


2016-10-03-15-24-20
防腐剤を染み込ませた栂の土台。

束石はD型倉庫を建てた時におまけでもらった束石しか無いので、追加発注です。

D型倉庫に砂利やら砕石を敷き詰める前に束石埋め込まなければあとで大変ですからね(^^;;




Hプロが手伝いに来てくれる前までにどこまで出来るかなぁ・・・(^^;;



追伸:キャビティの0番アイアン、JCM-03Ver.ZEROのPrototypeの販売は終了しました(^^;;
まさに秒殺でしたね・・・(^^;;
2016-10-03-10-50-07
 
次のヘッド入荷(10月中旬位)を待って市販用の販売を開始しますが、第一次入庫分は数が少ないのでこのブログやBoseIronFactoryのWebShopをこまめにチェックお願いします(^^



 
クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。

ゴルフトゥデイの連載が始まって既に1年以上が過ぎ・・・、


父として揉まず、母として揉まれず、ちゃう、遅々として進まない聖地の整地・・・。




でも、バンカー以上に入っていたD型倉庫の倉庫部分から砂を13トン程度(10立米)人力で運び出して(ウソですタイヤショベルで運び出しました)、代わりに入れた砂利(山ズリ)は15トン(12立米)。

2016-08-24-17-43-05
施工前。白っぽく見える部分に大量の砂が・・・(>_<)




2016-09-30-11-46-13
まだグダグダですが、ようやく山ズリを入れ終わったの図。


2016-09-30-13-09-01
プレートコンパクター(道路工事でよく見るダダダダ!!と踏み固めるやつ)を使って、表面を均しました~(^^
 
あとは水をまいてさらに引き締めてやると良いのですが、この上から更に0-40の砂利(山ズリ)を10トンくらい入れて固めるのでとりあえずはこれで勘弁してやることにしました~。



そしてその0-40(0mm~40mm)の山ズリはどうするかというと・・・。

2016-09-30-09-34-59
ちゃんと現地視察をして、発注したのですよ(^^

クラブMOIマッチングだけでなく、土木工事もやってしまうファルコンなのです(^^)v


何でも自分でやらないといけないので、まだ体力のある40代のウチに移住したんですよ(^^






クラブMOIマッチング、クラブメイキング、RODDIOFWソールチューニングのお問い合わせ、ご依頼はseabose@me.comまでメールください。
現在約1ヶ月待ちの状況ですが、随時作業は行っておりますので、納期等はお問い合わせください。 

BoseIronFactoryの新しいランドマークとなっているD型倉庫(新社屋とも言う)。

倉庫として使うほうの地面は施工業者に”とりあえず”の整地で砂を入れられてしまったために、スタックして車も入れられない状況でした。

先月終わりの台風の前に1100ヤード離れたお隣の酪農家さんがご自身の土地から山ズリ(土と石の混じったもの。こちらでは砂利というようです) を倉庫前の低くなったところに入れていただいたので(詳細はゴルフ~北の国から~9月5日売り号を参照)すが、その時に10トンダンプ2台分(約16立米)の山ズリを残しておいて頂いたので、今日ようやく倉庫内の砂と入れ替えができました(^^)v


2016-09-29-11-51-21
お隣の酪農家さんからタイヤショベル(小さい方)をお借りして・・・

タイヤショベル全部が写っている写真は撮り忘れたので・・・、こんなヤツです(^^;;

WA-30



2016-09-29-13-27-55
まずはタイヤショベルに慣れるため、敷地内にポッカリと空いた大穴(最大深さ4m、幅3m程度)を埋めて練習です(^^;;

この敷地内の大穴は、移住直後に敷地内を探検していて発覚していたのですが、どうやら大昔の肥溜め跡のようです。
人間用か牛用かは分かりませんが、かなり深いのでポッドバンカーにするのもためらわれるほど。←肥溜めにバンカーってなんか嫌だし(笑)

そのまま放っておくのも危ないので、穴の周囲で盛り上がっている土をかき集め、足りない分は倉庫内の砂を掻きだして穴埋めです。



2016-09-29-16-17-22
ね?かなりの大穴(万馬券クラス)ですよね。
でも埋め合わせする前の大穴の写真は撮り忘れてます(笑)


で、タイヤショベルの扱いに慣れた頃を見計らって、倉庫内の砂と山ズリを入れ替える作業を・・・。




あ、でもその写真も撮っていないので、続きはまた後で!!




↑このページのトップヘ