ゴルフ北の国から〜MOIマッチング編〜

ゴルフトゥデイの連載「ゴルフ〜北の国から〜」と連動し、クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからをお届けします。

カテゴリ:MOIマッチング > JCMO認定店情報

まだ最終的なGOサインが出ていないのでJCMOのMOIマッチング認定店リストには載せていませんが、東京都内にもう1店MOIマッチングを出来るお店が出来そうです(^^
(MOIマッチング自体が登録商標ですのでMOIマッチングという商標を使えるお店は認定店に限定させていただいております)

そのお店がご自身で最終テストとして選んだのが、クラブMOIが高くても引っかけるというクラブMOIだけを考えれば有り得ないような応用編です。
クラブMOIだけを考えると、MOIが高いと→振るのにより一層のチカラが必要→そのチカラが出し切れない場合は振り遅れる→フェースは開いてボールコンタクトを迎える(下図)
MOI説明
ということになります。
クラブMOI=高い=右に行くということでありますが、充分なタメが出来ずアーリーリリースになる場合はクラブMOIが高くてもAの位置で当たることがあります。

すなわち、このブログで何度となく取り上げてきた、腕や肩のMOI=一次MOIが不足していることによるものと考えますが、明らかに高めと思われるクラブMOIなのに引っ掛けるということはクラブMOIだけで説明はつきませんが、原因は常にひとつだけであると考える事自体がナンセンスです。


この一次MOIは腕や肩などのクラブでない部分のMOIですから、クラブMOIを高くしたり低くしたりするだけでは解決できませんので、お客様のスイングのせいにすることも出来ますが、ことJCMO認定店に於いてはスイングのせいにすることはお止めいただきたいと考えております。
お客様のスイングのせいにすることは、MOIマッチングするクラフトマンとしての仕事を放棄することに繋がりかねません。自分が調整仕切れないことをお客様のせいにするということはMOIマッチングの本意ではありませんから。



でもご安心ください。
こうして一次MOIが不足している場合でも、お客様のスイングのせいにすること無く、ちょっと視点を変え、ちょっとした調整を行うことで不足している一次MOIを補うことが可能です。

認定店であればこうした一次MOIを補う方法も全てお教えしますが、JCMO認定店以外の工房さまからはあたりまえですがそのようなことを聞かれることもありませんので、こちらからお教えすることはしておりません←そりゃああたりまえですよね(笑)

最初に書いた都内の認定店第二号(予定)にも、今回そのノウハウをお教えしておきましたので、認定店となった暁にはどうか安心してお任せください




年間2000本近いMOIマッチングを行うBoseIronFactoryだからこそ分かることも多いですし、データの蓄積も出来ます。

流行りだからやってみようと言ったところとはちょっと違うのはそういったところなのかもしれませんね(^^;;

先日のゴルフフェアのあとでクラブMOIマッチングの工房向けセミナーを行いました。

セミナーでは私達が持っているノウハウのほぼ全てをお教えし、実際にクラブMOIの違いによる球筋の違いなどを体感していただいた上で、実際にクラブMOIマッチングでクラブを組んでいただいた後に厳密な審査を通して認定となります。

 

今回認定となったのは、 千葉県市原市にある「ゴルフハーツ工房」さんです。

(ごめんなさい、写真等を撮るの忘れていました・・・)


圏央道市原鶴舞インター出入り口の交差点にあるゴルフハーツ工房さんですから、周りはゴルフ場がたくさんあります。

市原鶴舞のゴルフ場でラウンドしたあと、ゴルフハーツ工房さんにクラブ一式を預けて来れば、次に市原鶴舞のゴルフ場に来る時にはクラブMOIマッチングされた相棒となっているに違いありません。

ゴルフハーツ工房さんの住所は、
〒290-0515
千葉県市原市田尾127-5
となっておりますので、皆さんお近くに行かれた際は是非よろしくお願いいたします!!
 

↑このページのトップヘ