ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

カテゴリ: HAYABUSAアイアン

ゴルフフェアでは多くのクラブが展示されています。
それぞれのクラブにそれぞれ素晴らしいポイントがあり、甲乙つけがたいです。
ですが、そのほとんどのクラブが似たように見えてしまうというのは正直なところ。

このあたりは私自身がゼロからゴルフクラブを自分で開発しているからですが・・・。


BoseIronFactoryの開発するゴルフクラブの基本コンセプト、それは他のクラブと比べた際にBoseIronFactoryならではの明確に優れた部分をつくることです。


Bose Iron Factoryは私一人の世界最小のゴルフクラブメーカーですから、他のクラブメーカー必死になって競い合っている部分に関しては太刀打ちできません。

例えば飛びの部分や、スピン量などです。

ドライバーだけでなく、昨今はアイアンでも飛距離を求める傾向がありますが、Bose Iron Factoryとしてはこの部分にはあまり興味はありません。
ウェッジで言えばスピン量に関してもあまり興味はありません。

スピン量に関してはそれぞれの番手でそれぞれに適正なスピン量があればいいと考えていますし、アイアンに於いての飛距離性能に関してはほぼ興味は無く、番手間で適正な飛距離の階段が出来ること。

それが何よりも大切だと考えています。


明確に優れた部分というのは、例えばアイアンとウェッジでも違っていて、HAYABUSAウェッジの場合は「抜け」が、開発中のHAYABUSAアイアンの場合は「どのようなライからでも安定した飛距離」がその明確に優れた部分です。

IMG_2050

IMG_2035

HAYABUSAウェッジの抜けに関しては既に多くの方々に実際に感じていただいていると思いますが、HAYABUSAアイアンの「どのようなライからでも安定した飛距離」というのがどういったことかをお話しして行きましょう。

アイアンの本質を考えていくにあたって、まずアイアンは飛距離の階段を明確に作ることが必要なクラブであるとファルコンは考えています。

5番アイアンで170ヤードだったら6番アイアンで160ヤード、7番アイアンで150ヤードと言った形で、飛距離の階段を作る事自体はそれほど難しいことではありません。

ただし、ライが変わると飛距離も変わりますよね?
その最たるものがフライヤーです。

フライヤーしないアイアンというのは今までのゴルフクラブの常識から言ったらまず無理なことではあります。
でももし本当にフライヤーしないアイアンを作ることが出来たら、ラフでもフェアウェイでも飛距離差が無くなる事になりますから、スコアがまとめやすいアイアンを作ることが出来ます。


更に突っ込んで考えていくと、ラフの長さやラフの状況に於いてフライヤーでどの程度の距離が伸びるかが一定でない以上、「一律10ヤード伸びるから1番手落とそう」という事は無理でしたが、フライヤー自体しないアイアンを作ることが出来たら、そうした問題も解決することとなります。

それって実は凄いことなのではないかと(^^;;



はい。実はHAYABUSAアイアンのプロトタイプでテストを重ねた結果、根室GCのような鬼のようなラフからでもフライヤーしないアイアンが出来ています。

長くなりましたので、今回はこのへんで・・・。

次回はフライヤーのメカニズムとその対処をHAYABUSAアイアンでどのようにして解決しているのかをご説明していきます(^^

IMG_1876

HAYABUSAアイアンのテスト用が組み上がりました。

今日、根室GCにてテストしますが、ほぼほぼ目論見通りの形になったので期待大です。
通常のスイングでもフェアウェイからはもちろんラフからも抜群のヌケ、そして多少ダフってもダフった事を感じさせない優しさを実現できたと思います。

また、ソール以外のHAYABUSAアイアンのポイントをいくつかご紹介しましょう。

1.マッスルバックでありながらキャビティ以上の低重心設計。MOIマッチングと合わせ、ロングアイアンでも右に行かず球も上がる。

2.RODDIO CompactDriverなどと親和性の高い、短い重心距離設計。

3.構えやすくラインの出しやすい極薄トップライン形状。

4.マッスルバックの操作性はそのままに、マッスルバックとしてはかなり大きいフェースを採用する事でミスヒットにも強い寛容性を実現。


実際にこの特徴がどこまで実現できているかは、今日のテストを終えてからまたお知らせ致します。

来年早々には発売できるよう、頑張りますので、皆様ご期待下さい!(^^

写真はまだ出しませんが、HAYABUSAアイアンの開発は順調に進んでいます(^^

明日、根室ゴルフクラブまで納品に行くので、その時にテストをしてきます。


HAYABUSAウェッジを知っている方でしたらそのとてつもないヌケの良さ、チャックリ&ザックリしにくさをご存知だと思いますが、HAYABUSAアイアンもウェッジのコンセプト通りのソール形状を採用していますので、ヌケの良さ、チャックリ&ザックリしにくさはそのままです。

更にアイアンに必要とされる性能とこだわりをギュッと詰め込んだ形で開発を進めておりますので、期待に胸を膨らませてお待ち下さるようお願い致します。

BoseIronFactoryの名前に恥じぬものに致しますので、もう暫しお待ち下さいね(^^


IMG_1509
 
すみません。
まだ写真はこれだけしかお見せ出来ません(^^;;

HAYABUSAアイアンの粗鍛造です。

昨日、この粗鍛造が届き、夜を徹して(他の作業ももちろんございますが)、研磨しています。

まず、8月中旬までにイメージ通りに研磨してみてテストを行います。

そしてそこからが長いんです(^^;;

研磨しては試打、研磨しては試打という行程を延々と・・・。

BoseIronFactoryの試打スペースだけでなく、弟子屈カントリーや釧路カントリー、そして根室GCのありとあらゆるライから試打を繰り返すこととなります。

もちろん鍛造型も1つでは足りないので、何セットかを発注しているのですが、それでも足りなければ追加で発注することになりそうです。



まぁ、そうした苦労話よりも皆さんはどんなアイアンになるのかのほうが気になるでしょうから、この鍛造型の特徴とそこからどうHAYABUSAアイアンに持っていくのかをお話しましょう。


まず、形状ですが、オーソドックスなマッスルバックです。
マッスルバックは難しいというイメージがあるでしょうが、HAYABUSAアイアンですから、実際に使ってみるとそのイメージを180度変えてみせます。

マッスルバックでありながら、キャビティ以上の低重心で、フェースも大きい。
そしてもちろん芯も広い、優しいアイアンにしていきます。

トップラインも薄く、ストレートネック。
見た目からするととても難しいアイアンに見えるでしょうが、実際には芯も広く低重心でとても優しいアイアンとなります。

そして何よりもHAYABUSA譲りのソール形状になりますから、どんなライからであっても抜群に抜けが良く、抜けが良いためにライによってフェースがかぶったり開いたりすることも無い。


HAYABUSAウェッジを使ったことのある方ならお分かりになるかと思いますが、HAYABUSAウェッジがその圧倒的な性能からウェッジの革命を起こしつつあるように、HAYABUSAアイアンに関してもものすごいものにしていきますし、そうならなければ発売はしません。


ただし、価格的にはそれなりのものになってしまいますが、性能以外の部分に関して見た目のギミック的な部分は考えていませんし、HAYABUSAウェッジと違ってスピン性能を高めるためのフェースミーリングは行わない予定です。
ヘッド1個あたり25,000円をメドにしていますので、4-PWの7本セットでクラブ組み上げ価格として22~25万(シャフトによる)くらいで作れるようにしたいと考えています。



発売時期は・・・。

まだ何とも言えませんね(^^;;
これからが長いので(^^;;

↑このページのトップヘ