ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

カテゴリ: RODDIO

RODDIO CC FORGED IRON

CC FORGED1


とても楽しみなアイアンです。
このアイアンの開発にあたっては本当に大変なご苦労をされたことと聞いておりますし、その苦労を補って余りある素晴らしいアイアンに仕上がっている事は間違いありません。

CC FORGED2


今までのRODDIOアイアンは、即完売になってしまった限定のアイアン以外ではアスリート向けとは少し違う味付けでしたが、今回のCC FORGED IRONに関してはBoseIronFactoryの主だったお客様の層であるアスリートに向けてのアイアンと言えます。

CC FORGED3


実はまだ完成版のCC FORGED IRONを私は打ったことがありませんが、HAYABUSAウェッジや今年中には発売したいHAYABUSA IRONを始めとするクラブデザイナーの一面も持つファルコンとしては、打たずともこのアイアンの凄さは分かっているつもりです。
もちろん実際に試打してみたら、今現在感じている凄さ以上のものを感じるであろうことは確実。

CC FORGED4


正直、アイアンヘッドの価格としてはお安くはありません。
ヘッド単体で1個30,000円(税別)という価格は他のヘッドメーカー一般的なアイアンヘッドのの1.5倍から2倍程度の価格です。
ですが、荒鍛造からほぼフルミルド(完全削り出し))で作られたアイアンヘッドを更に研磨の匠として著名な千葉さんが研磨した、このRODDIO CC FORGED IRON。
個人的には逆に低すぎる価格設定ではないかと考える程です。

CC FORGED5


大変なご苦労をされたことを聞かせて頂いてるだけに、BoseIronFactoryとしてもCC FORGED IRONに関しては社を上げて販売していきたいと考えています。

そしてそれがお客様にとっても素晴らしい選択になると考えております。

CC FORGED5

少し前に入庫したRODDIOのドライバーで実際にあったことなのですが、リシャフトされたものの入庫でした。

何でリシャフトされているのかって分かったかと言うと、RODDIO純正のソケットでなかったのと、RODDIOのホーゼルに抜いた痕が残っていたから。

RODDIOのドライバーホーゼルってアルミで出来ていますので、強い力をかけると痕が付くのです。




可変ホーゼル


RODDIOの場合リシャフトする際にはシャフトを抜く際に熱をかけるのでホーゼルを新しいものに変更する必要があります。
シャフトを抜く際の熱は、当然ホーゼルの接着剤にもかかってきます。
といいますか、シャフトとホーゼルを接着しているところよりも前にホーゼルの接着部分があるのでより高い熱がホーゼルとヘッド本体にかかることになりますから。

当然RODDIO純正のホーゼルはRODDIOコンシェルジュでしか手に入りませんし、サードパーティ製のRODDIO用ホーゼルはありませんから、RODDIOコンシェルジュ以外でリシャフトをした場合、ホーゼルを抜かずにリシャフトすることとなります。

今回入庫したものは古いシャフトだけ抜いてホーゼルはそのまま抜かずに利用するという、一番最悪なパターンでした。

ちなみにですが、RODDIOのホーゼルを抜く場合ですが、ホーゼルを傷つけずに抜くことはまず出来ません。
ホーゼルを活かして抜くにはソケットを活かして抜くのとほぼ同じ方法で抜くことが出来るはずなのですが、アイアン等と違ってネック部分が非常に短いので、実質ほぼ不可能と言っても良いです。

実際にホーゼルを抜くこと自体もかなり大変な作業を要しますし。



ですのでRODDIOコンシェルジュ以外でリシャフトするのは安全面から考えても(いくら安くても)絶対にNGです。
実際にヘッドが外れてシャフトにホーゼルが付いた状態で入庫したクラブもありますし。


RODDIOの場合、安物買いの銭失いは本当です。
チューニング幅が広い=オークションや中古ショップで買ったものはほぼ100%合いませんし、RODDIOコンシェルジュの最大の売りはアフターケアだとRODDIO自身も言っていますし。



続きを読む

FullSizeRender
FullSizeRender
   


うむむ。

単に「これ組みました〜(^^)」
って感じのブログ、私個人が見てつまらないのであまり書いてませんが、ちゃんと仕事はしてますので半ば生存確認の意味を込めて(笑)

RODDIOクリークRソールのファルコンチューニングバージョンです。

Rソールの方向性、抜けの良さはそのままにテイクバック時の引っ掛かりを無くすソールチュー二ングです。
削った分ソール重量は軽くなりますが、スクリューやタングステンシートなどで幅広い重量調整が可能なRODDIOならではのチューニングと言えるでしょう。

こんな大胆なチューニングを許してくれるRODDIOに感謝!!




IMG_2854


IMG_2841
雪の中外回りして疲れた弊社取締役営業部長と宣伝部長(^^)
起こすんじゃにゃいにゃ!

BoseIronFactoryが全幅の信頼を置いているのが皆様ご存知のRODDIOです。

今回はなぜRODDIOに対してそれほどまでにファルコンが入れ込んでいるのかお話していきたいと思います。


IMG_1981
IMG_1982

どちらもRODDIO FWのTソールです。

上がスプーン用のTソールで、下がクリーク用のTソール。
分かりやすく並べてみたのがこの写真です。

IMG_1980
右がスプーン、左がクリーク用です。

大きさと重量が違うのはもちろんですが、番手が違うとこの写真のように肉抜きのやり方も違うんです。スプーン用が2段になって段の部分の周囲も削られているのに対してクリーク用は1段で段の周囲は削られていません。

そして、左のクリーク用のTソールだとわかりやすいのですが、肉抜きの位置にも注目です。
肉抜きの位置が後ろ側にオフセットされているんですね。
実はスプーンも1段目2段めともに後ろ側にオフセットされて肉抜きされています。

これは深重心になりすぎないようにオフセットされているんですが、ここまで拘って作っているのはファルコンの知る限りRODDIOだけです。
他のメーカーでもソールプレートが外れて調整が可能はメーカーさんはありますが、ここまで変えているメーカーはありません(RODDIOの何倍もする超高級ヘッドメーカーでもです)。

IMG_1985
こちらはバフィーのノーマルソールです。

ノーマルソールとTソールの違いは一目瞭然ですね(^^

IMG_1984
こちらはクリークのRソールです。

ノーマルソールとTソール、そしてRソールと見ていくと、表だけでなく裏側まで全く違うんです。

それぞれのソールの性能を突き詰めていくとこうなるということですね。

こうした部分はオーナーである皆様には見えない部分です。
ここまでこだわり抜いて、考え抜かれた形で作っているにも関わらず、RODDIO自体もソールの裏側まではホームページでも見せていません。

RODDIO FWソール


なので、そのことに感激して惚れ込んでいるファルコンが皆さんに見せちゃう!!という訳です。

更にファルコンがRODDIOに惚れ込んでいるのはそうした完璧なまでの作り込みをしているメーカーであるにも関わらず、オーナーに合わせたチューニングを認めて頂いているということ。

IMG_2003
このブログの読者にはお馴染みの、チューニングしたRソール。

IMG_2736
こちらはチタンスクリューを削って更に軽量化したもの。
(短くなって緩みやすくなるので、この後に緩まないような加工を施します)

こうしたチューニングは、メーカーが完璧に仕上げたものを工房が加工するということになりますから、メーカーによっては非常に嫌がります。

ですがRODDIOの場合はお客様のために行うということで許して頂けているんです。
他のメーカーではこうしたチューニングを推奨することは無く、許していただいても「見なかったことにします」というスタンスが多いです。

ですが、RODDIOの場合は、むしろ「どんどんやってください」的な感じで公認していただいていると言ってもいいくらい。

それって私達を信頼して任せていただいているということでありますから、こちらとしてもそうした信頼を裏切らないように頑張れるし、こうして懸命に売ろうとする訳です(^^


もちろんRODDIOの魅力というのは私達工房が扱いやすいとかチューニングしやすいということだけでなく、Tソールの肉抜きのようにその性能の高さが根本にあるので、安心してオーナーとなる方にお勧め出来ますし、オーナーにとってNo.1となるように様々なチューニングを施しながら組み上げることが出来るという訳です。
そうした面を嫌という程分かっているので、RODDIO製品をオークションや中古ショップで購入されるのはお勧め出来ません。
「中古で安く買って、安いところでリシャフトすればいいや」とか、「オークションで安く買ってMOIマッチングだけ頼めば安上がり!!」と思われるでしょうが、キチンと自分に合うRODDIOにしようとすると結局は高いものとなりますから。


「RODDIOは良さそうだけど高いからなぁ~(^^;;」というお話もよく聞きますが、こうしたものすごい作り込みを実際に見ると、高いというより逆に「この品質と性能でこの値段でいいの?」と感じるのでは無いかと思います(^^

FullSizeRender




RODDIO FW Rソールチューニング。

方向性が抜群に良くなるRODDIO FW用オプションのRソール。
本当に素晴らしいソールなのですが、ノーマルのままですとテイクバックする時にRソールの後部が引っかかるように感じることも。

BoseIronFactoryではソールの下駄の後部を研磨する事で、Rソールの素晴らしさはそのままに引っかかりを防ぐチューニングも可能です。

HAYABUSAウェッジ等で培った、ソールの抜けに対するノウハウとこだわりをRODDIOのRソールにもいかがでしょうか。

ご依頼はこちらのBoseIronFactoryWebShopからお願い致します。


IMG_2751
写真左がチューニング後

IMG_2747
写真上がチューニング後です。
続きを読む

↑このページのトップヘ