ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

カテゴリ: サポートプロ

突然ですが、勝手に今後の予定を考えてみる。


今週のファイナルQTで三木プロが20位以内に入る。

もうひとりファイナルQTに進んだ某プロも20位以内に入る。


三木プロも某プロも来シーズンの試合までしっかりと練習してシーズンに備える。
(三木プロは来シーズンまでにHAYABUSA Ironを打ち込んでHAYABUSA Ironに慣れる)

来シーズンのレギュラーツアーが開幕する。

最初はなかなか厳しいだろうけど、合うコースの時にはかなりいいところまで進む。

蝶ネクタイのプロという事で、少しづつ注目され始める。

少しづつレギュラーツアーにも慣れて予選通過も増え、上位に食い込んでくる。


蝶ネクタイだけでなく、「何だこのバックフェースが窪んだアイアンは?」というところにも注目され始める。

上位に食い込んでくる事も増え、それに伴いテレビでもHAYABUSA Ironが映るようになる。

後半戦の出場権も取れちゃうと共に賞金ランキングでも50位台に食い込んでくる。

更にテレビで映されることが増えてきて、ゴルフ雑誌やWeb媒体などにも出るようになる。

優勝しちゃう。
(三木プロTVのチャンネル登録者が10万人を超える)

雑誌やWeb媒体のインタビューでMOIマッチングとHAYABUSAシリーズの事を少し話す。


HAYABUSAやMOIマッチングの問い合わせが増えて、生産と組み上げ、MOIマッチングが追いつかなくなる。

次のシード権が取れる。


三木プロも幸せ(^^

三木プロのご家族やサポートしている人たちも幸せ(^^

私たちも幸せ(^^

今ここを読んでくださっている皆さんも先見の明があることと、MOIマッチングやHAYABUSAシリーズをいち早く入手していること、MOIマッチングしていることで友人知人に自慢できるので悪いことはありません(^^


シード落ちちゃったプロやその関係者は幸せじゃないですが、MOIマッチングやHAYABUSAの事を知る機会になったという点では、その後のプロ生活もいい方向に進む可能性が高くなるので相対的に見れば悪いことでは無いでしょう(^^;;

クラブメーカーもMOIマッチングを知って、取り入れる機会を持つことに繋がりますので、今後いい方向に進む可能性が大きくなるので相対的に見れば悪いことでは無いでしょう(^^;;
(MOIマッチングの商標使用も非独占でなら使用OKですしね)



IMG_2525 (2)
IMG_2516 (2)
IMG_4470


まぁ、でも私にいろいろと意地悪や嫌がらせをしてきた人に対しては特にこちらから何もすることはありません。
もし上記のようになったら、意地悪や嫌がらせなんてなぁ~んもしてない体を装って、すり寄ってくるでしょうけれども、そこは忘れませんから、そうなっても何もしません(笑)

今日午後イチで三木プロの新しいUT用シャフトが届いたのですぐにMOIマッチングで組み上げてファイナルQTの会場へを送りました。

たまに「プロのクラブは特別に作ってるんでしょ?」的な事を言われますが、全然そんなことありません。
組み上げや調整の精度も一般のお客様と全く変わりません。
今回の場合はファイナルQTで使いたいということだったので、指定練習日に間に合うように急いで組み上げましたけれども。

違うのは、まだまだ稼げていないプロが多く、多少の割引をするので、新品の組み上げでもシュリンクしないし、何度か調整や組み上げをしているプロの場合はスペックシートを入れないこともあります(今回の三木プロ分も急いでいたので入れ忘れました(笑))。

送るダンボールでさえそのへんに転がっているダンボールだったりするので作業以外の部分に関しては逆に一般のお客様のほうが何倍も気を使います(^^

IMG_4855
新品のHAYABUSA Ironでもこんなダンボールで送っちゃうのですよ。


まぁ、そうは言っても一般のお客様のダンボールを使いまわしにして安くしてくださいと言われましてもダメですけどね(^^;;


IMG_4766

三木プロにサポートするHAYABUSA Ironのシャフトが届きました(^^

ファイナルQTが12月5日から、ファイナル指定練習日が12月3日4日ということで、グリップはまだ届きませんが組み上げ開始です(^^

プロのHAYABUSA Ironだからといって特別なことはしません。

ヘッド自体のS契約アマ(いわゆるBoseIronFactoryフリークである普通のお客様)が、ご自身の分は後でいいから三木プロのを先に組んで欲しいと言うことでしたのでS契約アマのヘッドを使わせていただきますし。


唯一他のお客様たちと違うのは、ファイナルQTが近いので先に組み上げると言う位。

もちろん他のお客様の組み上げが遅くならないよう、その分は残業をしてやります!!






今年の3rdQTもゴールデンバレーの1試合を残すのみとなりました。

ゴールデンバレーには私がMOIった選手は出場しないので、MOIったプロの結果は出揃ったと言うことになります。


私がMOIったプロでQTに出ているプロは三木プロともう1人(名前出していいか聞いてないので出しません)で、2人共ファイナル進出と言う形になります。



私がMOIった2人共ファイナル出場を果たしたのは嬉しいのですが、残念というかやるせない気持ちになる事がありました。
それは、MOIるということで、問診票まで出してもらった某プロが3rdQTで敗退してしまったこと。

FullSizeRender


このプロは結局クラブを送って頂けなかったので、MOIってはいないのですが、このプロのクラブもMOIらせてもらっていたならば、”もしかしたら"結果が変わっていたかもしれないと思うとやはりやるせない気持ちになります。

もちろんMOIっていれば通過したとも断言は出来ないので、なんともですが、私がMOIった2人共通過しているので、やっぱりやるせない気持ちになるのです・・・。


ともあれ、三木プロともう1人のプロには是非頑張ってもらいたいと思っています。

三木プロはHAYABUSA Ironのサポートも決まっているので、より一層期待が膨らみますしね(^^

HAYABUSA Ironの凄さを1人でも多くの人に知っていただくため、2019年度で3rdQT以上のトーナメントプロの方にはHAYABUSA Iron及びHAYABUSAウェッジを無償にてサポートします。

IMG_2466
IMG_2525 (2)
IMG_2516 (2)
IMG_2553


使って頂くからと言ってサポート料はお支払い出来ませんが、クラブMOIマッチングを含めてご興味のあるプロはseaboseアットマークme.comまで是非ご連絡ください。

3rdQT以上のプロだったら技術的な面では申し分ないのはもちろん、3rdQTのプロでしたらファイナル~レギュラーまで、本当にあと一歩と言うところです。
そのあと一歩の後押しが可能なだけのポテンシャルをHAYABUSAシリーズやクラブMOIマッチングが持っていると思っていますし、実際に三木プロなどはMOIマッチングしてからスポット参戦のレギュラーツアーは全戦で予選を通過し、3rdQTも上位で通過していますので、ここにHAYABUSA Ironが入ったらと思うと楽しみで仕方がありません。




3rdQT以上とかなり強気な態度であるとお感じになる方もいらっしゃるかとは思います。
「ティーチングプロやレッスンプロには?」とお感じになる方もいらっしゃるでしょう。

正直現在のBoseIronFactoryに余裕はありません。また、過去にかなりの数のクラブを支給してきたのですが、そこから仕事に繋がったことは殆どないばかりか、本人からのリアクション(「ありがとうございます」というようなお礼も含めて)は殆どないのが現状です。

仕事にも繋がらず、お礼の一言も無い、そういった状態では正直こちらのやろうとする気力も失せます。
余裕があればそうした事も余裕で受け流す事も出来るのでしょうが、それはまた難しいと言わざるをエませんね。もっとこちらも頑張らなくてはいけませんね。



そんなHAYABUSA Ironですが、昨日三木龍馬プロへの支給が決定しました。
三木プロは2年連続でファイナルQTへの進出が決定していますが、ファイナルQTで20位以内に入ってレギュラーツアーの出場権を獲得すべくのアイアンサポートです(^^

三木プロへは3番相当20度からPW相当46度までの8本をサポートします。
シャフトはKBS C-TAPERのR+、グリップはエリートグリップとなります。

そんな三木プロですが、シャフト・グリップは持ち込みになるので、こちらで提供するのはヘッドのみ。レギュラーツアーの予選もここ4戦は全部通るトーナメントプロでもシャフトとグリップは自前と言う・・・。

そんなことに気を使わせないよう、もっともっと頑張っていきます!!

富士桜でトーナメント初日を迎えたフジサンケイクラシック。

BoseIronFactoryがMOIマッチングでサポートしている三木龍馬プロが日没サスペンデッドで3ホールを残してはいますが1アンダーの24位タイと健闘しています(^^

富士桜のトーナメントセッティングは全長7566ヤードでパー71、一番長いパー3で250ヤード、一番長いぱー4で535ヤードという、飛距離自慢では無い三木プロにとってはとても難しいコース。

その富士桜をマンデーから勝ち上がって(しかもカウントバックで)、初日24位タイというのはかなり凄いことです。

どのくらい凄いかは三木プロTVの富士桜練習ラウンド動画を見てくださいね(^^







凡人プロと三木プロ本人が言っていますが、全然そんな事無いっす。

ファルコン的にはもうこの時点でヒーローです(笑)


535ヤードでパー4ですよっ!!

250ヤードでパー3ですよっ!!


パー5は596ヤードとかですよっ!!


しかもラフなんて根室GCのラフ以上にあるし・・・。



で、そうなるとやはりコース攻略をどうやって行くかがポイントとなる訳ですが、三木プロの場合はそのクラブセッティングがキモとなるわけで。

50度、54度、58度のHAYABUSAウェッジを入れているんですね。

そうして100ヤード以下の精度を上げるんです。

535ヤードのパー4のようなホールは2オンを狙わず、刻むんです。
2ndショットを刻んでフェアウェイの100ヤード近辺まで持っていければOK。

あとは精度高く打てるHAYABUSAウェッジで1パット圏内に持って行ってワンパットで沈めてパーで凌ぐ。

三木プロの場合、HAYABUSAウェッジに絶対の自信を持っているので、難しいホールでバーディ狙いにはいかず、敢えて刻んでパーを拾っていく。

そうして400ヤード前半のパー4でバーディーを拾えたらラッキーと言う、守りのゴルフを中心にしていくことで出入りの少ないゴルフをするというパターンですね。

7566ヤードでパー71というコースですから、三木プロの優勝は難しいとは思います。

ですが、この調子で我慢できれば、上位入賞のチャンスは十分にある。


飛距離だけでは無い、そんなことがゴルフを難しくしているわけですし、ゴルフを楽しくもしているのだと私は考えています(^^


頑張れ!!三木龍馬!!

皆様もMOIマッチングの先頭に立って頑張ってくれている三木プロの応援をよろしくお願いいたします!!

↑このページのトップヘ