ゴルフ「北の国から」

ゴルフトゥデイでの連載「ゴルフ〜北の国から〜」をしていたファルコンまつばらです。 クラブMOIマッチングを中心とした理想の工房を北海道に作るまでの模様、そしてクラブMOIマッチングの今とこれからを中心に様々なことに顔を突っ込んでいきます(^^;; なお、純はもしかしたら出てくるかもしれませんが、蛍や五郎さんは出てきませんので、念のため・・・。

カテゴリ: HAYABUSAちゃんねる


三木プロの許諾は頂いた上で字幕入れて説明しておりますので、ご安心ください(^^;;

三木プロTVとのコラボ企画です(^^

三木プロのセッティングにMOI的な面も含めた説明を字幕で入れてご紹介しております。

MOIマッチングしているからこそこうした変更の効くセッティングが出来る訳ですので、MOIっていないクラブでこうした変更をちょくちょくやるとスコアまとまりませんのでご注意くださいね(^^;;


近々にもアイアンがHAYABUSA Ironに変更されるとおMOIますが、その時の感想がまた楽しみです(^^

今日の20時に公開予定だったYoutubeのHAYABUSAちゃんねるですが、時間指定の予約時間を間違えていて、22時になってもまだ公開されていませんでした。

楽しみに待ってくれていた皆様、それほど楽しみでは無かったけれど見てやってもいいかなと思っていた皆さん、本当に申し訳ありませんでした。

先程ようやくそのことに気付き、アップしましたので、是非御覧ください。




クラブMOIマッチングの事をご紹介したビデオです。

かなり分かりやすくなっていると思いますので、ご自身だけでなく、ゴルフ仲間にもバシバシビシバシとご紹介くださいね(^^

よろしくお願いいたします!!





HAYABUSAちゃんねるVol.4のご紹介です。

今回はグッズのご紹介。

BoseIronFactoryは「弟子屈エゾシカプロジェクト」というものもやっておりまして、増えすぎていろいろな問題になっているエゾシカの問題に関しても出来ることを行っております。

詳細は以下のリンクを御覧ください。


エゾシカの駆除は自治体から支援されているのですが、その支援額でハンターさんは生活が出来ませんし、年々ハンターさん自体も減ってきています。
ハンターさんが減ると駆除されるエゾシカの数は減り、エゾシカの被害も増えますし、生態系にも影響を及ぼしかねません。

しかも、駆除されてもエゾシカの皮はほとんど捨てられてしまいますので、命を頂くという意味でも出来る限り有効利用したいですし、シカの皮はセーム革としても使われるくらいですから、非常に柔らかく上質です。

今回はそのエゾシカの革を使ったアイアンカバーのご紹介。

贅沢に野生のエゾシカの革を使っていますので、1つ3万円と高価ではありますが、とてもモノは良いですし、購入されましたらハンターさんにも、縫製してくれた革職人さんにも還元していきます。

エゾシカ自体もBoseIronFactoryのある弟子屈町は奥春別で獲った野生のエゾシカですので、弟子屈町のふるさと納税返礼品にも採用されるものになっています。

是非皆様よろしくお願い致します(^^

↑このページのトップヘ